2013年01月31日

創造こそすべてを発展させる原動力

中小企業の決算で味わうみじめさ
先日、ある企業のトップに出会った際に、元気なく。税務署に行くのがつらいと、それは、税理士を活用するほどの売り上げがなく、社内の人間で十分こなせる帳簿類である。だから、自ら出向き納税や決算書の提出をせざるをえないのであると。しかも、その内容は惨憺たるもので社会の責任などと責任転換できるわけでなく、自業自得の結果であると、さらに、税務署等の窓口では、担当者は無言化表情一つ変えないが、腹の中では、こんな決算書、恥ずかしくもなく、持ってこられと嘲笑っている気がする。本当に来年は堂々と決算書を持参したいと反省を繰り返していた。これは決算の厳しい企業のトップは、規模の大小きかかわらず、いい思いはしないかも。勿論、税理士を介した代理提出では、その感覚がわかないかも。でもどこの段階でも悔しさと反省と、来年へのチャレンジを思わずには入れれないと感じた。そこで、やはり企業が成長するには、創造した商品やコンテンツなど新しいモノの創出が不可欠であり、既存の延長では成長は、僅少でライバルだらけの狭き市場である。そこで、このトップに、やはり「人・モノ・金・情報」がないから何もしないは、現状の急速な下降線をたどるのが言わずもながらとなる。その対策は、やはり先行投資は、再生のキーであり、起爆剤である。それも種々の政策や補助金やネットワークを活用してのスタートが企業を救い、国の成長を起こさせるものである。それには、斬新的な商品、想定外の市場など、市場の隙間や余剰人員などの活用で自社のコア技術や第三者の埋蔵技術など必要な需要の市場のタイミングが来てるかも?それには試作のチャレンジで市場の模索、他社の動きや市場の隙間の確認などで調査も必要であり、これらを総合的に対処すべき事柄である。勿論、1社で解決できる事項だけでなく、総元締めを確定して、そのあとにこの総元締めのネットワークや、経験を把握して着手するぎりぎりの時期です。当方は泥臭いベンチャー時代の経験から300人規模の企業までの発展の中枢で在籍していたので、これらの経験やネットワークを喪失するのは勿体なく、活かす機会の出会いを期待しているのだが、知名度がないのが、?かも。
  


Posted by ターさん at 16:16Comments(0)経営サプリ

2013年01月30日

画期的な対談記事に思う

ある記事からの発想
ある雑誌の対談を見ていたら、デフレ脱却とかインフレ加速化の話に関してその原因と、具体的な対策に関してそれぞれの見解を述べていた。しかし、その中のある創業社長の見解は、具体的で現実味があり、裏付のデータからして可能性を感じた。それはデフレの原因は、価格破壊以外なく、その煽りは中小零細企業に集まり、結果としてGDPが20年で10%以上ダウンした。そえに反して、アメリカは約2,5倍に、ドイツですら65%のアップだそうである。一人日本だけがマイナス成長である。その結果は、海外移転の企業や中小零細企業の閉鎖、倒産であり、若者の失業、ニート化非正規従業員の増加で消費も夢もたたれている。ますます、経済成長は減少する。それにいま消費者がほしいものが。新しい商品が見当たらない。これは産業の成長がないからである。新商品の開発が国民の活力になるような商品が見当たらず、物まねか、エンゲル係数以外の商品では、消費者数が少なく、消費による経済成長など期待できない。消費がなければ生産も増産しない。鶏化、卵か?それに金融緩和いくらしても金は有り余っている。回転するユーザがいない。それなのに、金融緩和やインフレターゲット。公共投資で一時的な活性化は期待できるがあだ花であると。やはりモノづくりの原点であり、就業人口の9割位の中小零細企業の活性化策に思い切った投資を国が図るべきである。補助金の規制や該当者に制限を加えるのでは、基本的な解決策に至らないと。名前のように投資には無駄がつきものであると思うが?さらに、公務員の給料の高さが問題であり、25%のダウンで民間レベルの平均であり、そのカット分、約12兆円を平均年収以下の世帯に給付し、かつ地域での使用条件をつければ地域活性化も合わせて図れると。もちろん、国会議員の大幅削減も言及していたが、これはすぐに着手すべき事案と思えるが。
  


Posted by ターさん at 14:40Comments(0)社会サプリ

2013年01月30日

画期的な対談記事に思う

ある記事からの発想
ある雑誌の対談を見ていたら、デフレ脱却とかインフレ加速化の話に関してその原因と、具体的な対策に関してそれぞれの見解を述べていた。しかし、その中のある創業社長の見解は、具体的で現実味があり、裏付のデータからして可能性を感じた。それはデフレの原因は、価格破壊以外なく、その煽りは中小零細企業に集まり、結果としてGDPが20年で10%以上ダウンした。そえに反して、アメリカは約2,5倍に、ドイツですら65%のアップだそうである。一人日本だけがマイナス成長である。その結果は、海外移転の企業や中小零細企業の閉鎖、倒産であり、若者の失業、ニート化非正規従業員の増加で消費も夢もたたれている。ますます、経済成長は減少する。それにいま消費者がほしいものが。新しい商品が見当たらない。これは産業の成長がないからである。新商品の開発が国民の活力になるような商品が見当たらず、物まねか、エンゲル係数以外の商品では、消費者数が少なく、消費による経済成長など期待できない。消費がなければ生産も増産しない。鶏化、卵か?それに金融緩和いくらしても金は有り余っている。回転するユーザがいない。それなのに、金融緩和やインフレターゲット。公共投資で一時的な活性化は期待できるがあだ花であると。やはりモノづくりの原点であり、就業人口の9割位の中小零細企業の活性化策に思い切った投資を国が図るべきである。補助金の規制や該当者に制限を加えるのでは、基本的な解決策に至らないと。名前のように投資には無駄がつきものであると思うが?さらに、公務員の給料の高さが問題であり、25%のダウンで民間レベルの平均であり、そのカット分、約12兆円を平均年収以下の世帯に給付し、かつ地域での使用条件をつければ地域活性化も合わせて図れると。もちろん、国会議員の大幅削減も言及していたが、これはすぐに着手すべき事案と思えるが。
  


Posted by ターさん at 14:40Comments(0)社会サプリ

2013年01月30日

画期的な対談記事に思う

ある記事からの発想
ある雑誌の対談を見ていたら、デフレ脱却とかインフレ加速化の話に関してその原因と、具体的な対策に関してそれぞれの見解を述べていた。しかし、その中のある創業社長の見解は、具体的で現実味があり、裏付のデータからして可能性を感じた。それはデフレの原因は、価格破壊以外なく、その煽りは中小零細企業に集まり、結果としてGDPが20年で10%以上ダウンした。そえに反して、アメリカは約2,5倍に、ドイツですら65%のアップだそうである。一人日本だけがマイナス成長である。その結果は、海外移転の企業や中小零細企業の閉鎖、倒産であり、若者の失業、ニート化非正規従業員の増加で消費も夢もたたれている。ますます、経済成長は減少する。それにいま消費者がほしいものが。新しい商品が見当たらない。これは産業の成長がないからである。新商品の開発が国民の活力になるような商品が見当たらず、物まねか、エンゲル係数以外の商品では、消費者数が少なく、消費による経済成長など期待できない。消費がなければ生産も増産しない。鶏化、卵か?それに金融緩和いくらしても金は有り余っている。回転するユーザがいない。それなのに、金融緩和やインフレターゲット。公共投資で一時的な活性化は期待できるがあだ花であると。やはりモノづくりの原点であり、就業人口の9割位の中小零細企業の活性化策に思い切った投資を国が図るべきである。補助金の規制や該当者に制限を加えるのでは、基本的な解決策に至らないと。名前のように投資には無駄がつきものであると思うが?さらに、公務員の給料の高さが問題であり、25%のダウンで民間レベルの平均であり、そのカット分、約12兆円を平均年収以下の世帯に給付し、かつ地域での使用条件をつければ地域活性化も合わせて図れると。もちろん、国会議員の大幅削減も言及していたが、これはすぐに着手すべき事案と思えるが。
  


Posted by ターさん at 14:40Comments(0)社会サプリ

2013年01月30日

画期的な対談記事に思う

ある記事からの発想
ある雑誌の対談を見ていたら、デフレ脱却とかインフレ加速化の話に関してその原因と、具体的な対策に関してそれぞれの見解を述べていた。しかし、その中のある創業社長の見解は、具体的で現実味があり、裏付のデータからして可能性を感じた。それはデフレの原因は、価格破壊以外なく、その煽りは中小零細企業に集まり、結果としてGDPが20年で10%以上ダウンした。そえに反して、アメリカは約2,5倍に、ドイツですら65%のアップだそうである。一人日本だけがマイナス成長である。その結果は、海外移転の企業や中小零細企業の閉鎖、倒産であり、若者の失業、ニート化非正規従業員の増加で消費も夢もたたれている。ますます、経済成長は減少する。それにいま消費者がほしいものが。新しい商品が見当たらない。これは産業の成長がないからである。新商品の開発が国民の活力になるような商品が見当たらず、物まねか、エンゲル係数以外の商品では、消費者数が少なく、消費による経済成長など期待できない。消費がなければ生産も増産しない。鶏化、卵か?それに金融緩和いくらしても金は有り余っている。回転するユーザがいない。それなのに、金融緩和やインフレターゲット。公共投資で一時的な活性化は期待できるがあだ花であると。やはりモノづくりの原点であり、就業人口の9割位の中小零細企業の活性化策に思い切った投資を国が図るべきである。補助金の規制や該当者に制限を加えるのでは、基本的な解決策に至らないと。名前のように投資には無駄がつきものであると思うが?さらに、公務員の給料の高さが問題であり、25%のダウンで民間レベルの平均であり、そのカット分、約12兆円を平均年収以下の世帯に給付し、かつ地域での使用条件をつければ地域活性化も合わせて図れると。もちろん、国会議員の大幅削減も言及していたが、これはすぐに着手すべき事案と思えるが。
  


Posted by ターさん at 14:39Comments(0)社会サプリ

2013年01月25日

中小零細企業のトップの心境は

今年の景気に期待する製造、開発関係の中小零細企業の心境は
TVや新聞や雑誌でも、【アベノミックス】に期待する記事や雰囲気が景気浮揚の可能性を示唆している感覚で動いている感じである。特に、成長戦略の中身に関心があり、補助金が大幅に増加する話が独り歩きしている。また、その補助金に期待してこれからの経営の展開や研究開発のチャンスや着手金として位置づけ、まずは下請け脱皮の起爆剤や時代のトレンドに乗る戦略を実行するのに国中も含めてまわりの環境が非常に良い雰囲気である。その中でも、こえまで起業して10年未満位ですが、この気に現状からの脱皮を図り、経営の維持とこれからの成長を図る最後の機会と思える。それはこの種起業の中では、定年後に起業した人が多く、これまでの経験や知識、人脈を異化した起業であったが、なかなか地域性や経済環境などの要因で経営的には苦しい環境であった。しかし、この気に最後の踏ん張りと支援で蓄積された知識との埋没を防ぎ、今後の開発に有効に活かすことが国策的にも価値のある手段と確信する。そこで、やはり補助金の視点を華々しいiPS細胞や大学の研究を具体化するテーマに焦点を絞ることなく、幅広い業態に行き渡り、裾野の広い補助金で業界全体の経営や開発のレベルアップを図り、モノ作り立国のスタートラインとすべきである。やはり、中小零細企業は全国の99%位であり、特に、零細企業はそのうちの98%位が10人以下の零細企業で細々と賃稼ぎで生き延びている感じである。この現状の打破こそが【アベノミックス】の使命であると思う。
  


Posted by ターさん at 16:09Comments(0)経営サプリ

2013年01月24日

アベノミックスに時代を変革させる期待

今年の景気に期待する製造、開発関係の中小零細企業の心境は
TVや新聞や雑誌でも、【アベノミックス】に期待する記事や雰囲気が景気浮揚の可能性を示唆している感覚で動いている感じである。特に、成長戦略の中身に関心があり、補助金が大幅に増加する話が独り歩きしている。また、その補助金に期待してこれからの経営の展開や研究開発のチャンスや着手金として位置づけ、まずは下請け脱皮の起爆剤や時代のトレンドに乗る戦略を実行するのに国中も含めてまわりの環境が非常に良い雰囲気である。その中でも、こえまで起業して10年未満位ですが、この気に現状からの脱皮を図り、経営の維持とこれからの成長を図る最後の機会と思える。それはこの種起業の中では、定年後に起業した人が多く、これまでの経験や知識、人脈を活かした起業であったが、なかなか地域性や経済環境などの要因で経営的には苦しい環境であった。しかし、この気に最後の踏ん張りと支援で蓄積された知識との埋没を防ぎ、今後の開発に有効に活かすことが国策的にも価値のある手段と確信する。そこで、やはり補助金の視点を華々しいiPS細胞や大学の研究を具体化するテーマに焦点を絞ることなく、幅広い業態に行き渡り、裾野の広い補助金で業界全体の経営や開発のレベルアップを図り、モノ作り立国のスタートラインとすべきである。やはり、中小零細企業は全国の99%位であり、特に、零細企業はそのうちの98%位が10人以下の零細企業で細々と賃稼ぎで生き延びている感じである。この現状の打破こそが【アベノミックス】の使命であると思う。
  


Posted by ターさん at 16:09Comments(0)経営サプリ

2013年01月24日

アベノミックスに時代を変革させる期待

今年の景気に期待する製造、開発関係の中小零細企業の心境は
TVや新聞や雑誌でも、【アベノミックス】に期待する記事や雰囲気が景気浮揚の可能性を示唆している感覚で動いている感じである。特に、成長戦略の中身に関心があり、補助金が大幅に増加する話が独り歩きしている。また、その補助金に期待してこれからの経営の展開や研究開発のチャンスや着手金として位置づけ、まずは下請け脱皮の起爆剤や時代のトレンドに乗る戦略を実行するのに国中も含めてまわりの環境が非常に良い雰囲気である。その中でも、こえまで起業して10年未満位ですが、この気に現状からの脱皮を図り、経営の維持とこれからの成長を図る最後の機会と思える。それはこの種起業の中では、定年後に起業した人が多く、これまでの経験や知識、人脈を活かした起業であったが、なかなか地域性や経済環境などの要因で経営的には苦しい環境であった。しかし、この気に最後の踏ん張りと支援で蓄積された知識との埋没を防ぎ、今後の開発に有効に活かすことが国策的にも価値のある手段と確信する。そこで、やはり補助金の視点を華々しいiPS細胞や大学の研究を具体化するテーマに焦点を絞ることなく、幅広い業態に行き渡り、裾野の広い補助金で業界全体の経営や開発のレベルアップを図り、モノ作り立国のスタートラインとすべきである。やはり、中小零細企業は全国の99%位であり、特に、零細企業はそのうちの98%位が10人以下の零細企業で細々と賃稼ぎで生き延びている感じである。この現状の打破こそが【アベノミックス】の使命であると思う。
  


Posted by ターさん at 16:09Comments(0)経営サプリ

2013年01月23日

シニア社員の話

シニア社員の心意気
昨日、急に立ち寄ってくれた後輩のシニア社員が、自分の現状や企業の現状、知り合いの情報交換など雑談から情報交換から今後の行動予定や関係する人物の話などごちゃごちゃの話で、気が付けば数時間を経過していた。その中で、人生の在り方、今できることを計画して実行に移すことの重要性を説いてくれた。それは、何事も、例えば夫婦での旅行計画も計画しないと実行できないし、そう内の感覚でいると、お互いの身体が旅行に耐えられるか、あるいは習い事などの娯楽も、いま時間をさけるときに実施しないと結局、何もできなくなり、気が付けば体が思うように動かない。あるいは急な用事が生じたりして、【行く気持ち】がないと、すべては絵に描いた餅になると。ですから、今の時間をある程度自由に活用できるときにやるべきだと。これは、全くその通りである。最近は、これはといった計画を企画せず、何も実行していない現実が図星である。また、シニアの社内の雰囲気や経営ポリシーや組織、トップの性格、判断等に関して彼なりの判断を聞くことができた。勿論、小生が聞いても現役を離れて8年も経過しており、社内の環境など肌に感じられないので意味はないが、同じ土俵にいる感じを味わえるレベルである。また、最近の彼の行動や現在の仕事など支障のない範囲で拝聴した。でも、小生が在籍していた時代と様変わりした感じがした。やはり企業さ生き物であり、社員やトップが変われば大幅に変化することは、当たり前である。また、社外の面白開発者の件では、年齢を感じさせないやる気の塊の心意気にただただ感心するだけであるが、この人たちは先進的な発言はするが、実行力が伴わないことだけは理解して対応すべきとなぜか意見が合ってしまった。しかし、このシニア社員は、研究者らしく原理や物性や構成など基本を理解しての発言、分析であり、文科系の出身との違いをはっきりと識別することの意味に価値があると認識した。
  


Posted by ターさん at 16:00Comments(0)人生サプリ

2013年01月23日

シニア社員の話

シニア社員の心意気
昨日、急に立ち寄ってくれた後輩のシニア社員が、自分の現状や企業の現状、知り合いの情報交換など雑談から情報交換から今後の行動予定や関係する人物の話などごちゃごちゃの話で、気が付けば数時間を経過していた。その中で、人生の在り方、今できることを計画して実行に移すことの重要性を説いてくれた。それは、何事も、例えば夫婦での旅行計画も計画しないと実行できないし、そう内の感覚でいると、お互いの身体が旅行に耐えられるか、あるいは習い事などの娯楽も、いま時間をさけるときに実施しないと結局、何もできなくなり、気が付けば体が思うように動かない。あるいは急な用事が生じたりして、【行く気持ち】がないと、すべては絵に描いた餅になると。ですから、今の時間をある程度自由に活用できるときにやるべきだと。これは、全くその通りである。最近は、これはといった計画を企画せず、何も実行していない現実が図星である。また、シニアの社内の雰囲気や経営ポリシーや組織、トップの性格、判断等に関して彼なりの判断を聞くことができた。勿論、小生が聞いても現役を離れて8年も経過しており、社内の環境など肌に感じられないので意味はないが、同じ土俵にいる感じを味わえるレベルである。また、最近の彼の行動や現在の仕事など支障のない範囲で拝聴した。でも、小生が在籍していた時代と様変わりした感じがした。やはり企業さ生き物であり、社員やトップが変われば大幅に変化することは、当たり前である。また、社外の面白開発者の件では、年齢を感じさせないやる気の塊の心意気にただただ感心するだけであるが、この人たちは先進的な発言はするが、実行力が伴わないことだけは理解して対応すべきとなぜか意見が合ってしまった。しかし、このシニア社員は、研究者らしく原理や物性や構成など基本を理解しての発言、分析であり、文科系の出身との違いをはっきりと識別することの意味に価値があると認識した。
  


Posted by ターさん at 16:00Comments(0)人生サプリ

2013年01月23日

シニア社員の話

シニア社員の心意気
昨日、急に立ち寄ってくれた後輩のシニア社員が、自分の現状や企業の現状、知り合いの情報交換など雑談から情報交換から今後の行動予定や関係する人物の話などごちゃごちゃの話で、気が付けば数時間を経過していた。その中で、人生の在り方、今できることを計画して実行に移すことの重要性を説いてくれた。それは、何事も、例えば夫婦での旅行計画も計画しないと実行できないし、そう内の感覚でいると、お互いの身体が旅行に耐えられるか、あるいは習い事などの娯楽も、いま時間をさけるときに実施しないと結局、何もできなくなり、気が付けば体が思うように動かない。あるいは急な用事が生じたりして、【行く気持ち】がないと、すべては絵に描いた餅になると。ですから、今の時間をある程度自由に活用できるときにやるべきだと。これは、全くその通りである。最近は、これはといった計画を企画せず、何も実行していない現実が図星である。また、シニアの社内の雰囲気や経営ポリシーや組織、トップの性格、判断等に関して彼なりの判断を聞くことができた。勿論、小生が聞いても現役を離れて8年も経過しており、社内の環境など肌に感じられないので意味はないが、同じ土俵にいる感じを味わえるレベルである。また、最近の彼の行動や現在の仕事など支障のない範囲で拝聴した。でも、小生が在籍していた時代と様変わりした感じがした。やはり企業さ生き物であり、社員やトップが変われば大幅に変化することは、当たり前である。また、社外の面白開発者の件では、年齢を感じさせないやる気の塊の心意気にただただ感心するだけであるが、この人たちは先進的な発言はするが、実行力が伴わないことだけは理解して対応すべきとなぜか意見が合ってしまった。しかし、このシニア社員は、研究者らしく原理や物性や構成など基本を理解しての発言、分析であり、文科系の出身との違いをはっきりと識別することの意味に価値があると認識した。
  


Posted by ターさん at 16:00Comments(0)人生サプリ

2013年01月23日

シニア社員の話

シニア社員の心意気
昨日、急に立ち寄ってくれた後輩のシニア社員が、自分の現状や企業の現状、知り合いの情報交換など雑談から情報交換から今後の行動予定や関係する人物の話などごちゃごちゃの話で、気が付けば数時間を経過していた。その中で、人生の在り方、今できることを計画して実行に移すことの重要性を説いてくれた。それは、何事も、例えば夫婦での旅行計画も計画しないと実行できないし、そう内の感覚でいると、お互いの身体が旅行に耐えられるか、あるいは習い事などの娯楽も、いま時間をさけるときに実施しないと結局、何もできなくなり、気が付けば体が思うように動かない。あるいは急な用事が生じたりして、【行く気持ち】がないと、すべては絵に描いた餅になると。ですから、今の時間をある程度自由に活用できるときにやるべきだと。これは、全くその通りである。最近は、これはといった計画を企画せず、何も実行していない現実が図星である。また、シニアの社内の雰囲気や経営ポリシーや組織、トップの性格、判断等に関して彼なりの判断を聞くことができた。勿論、小生が聞いても現役を離れて8年も経過しており、社内の環境など肌に感じられないので意味はないが、同じ土俵にいる感じを味わえるレベルである。また、最近の彼の行動や現在の仕事など支障のない範囲で拝聴した。でも、小生が在籍していた時代と様変わりした感じがした。やはり企業さ生き物であり、社員やトップが変われば大幅に変化することは、当たり前である。また、社外の面白開発者の件では、年齢を感じさせないやる気の塊の心意気にただただ感心するだけであるが、この人たちは先進的な発言はするが、実行力が伴わないことだけは理解して対応すべきとなぜか意見が合ってしまった。しかし、このシニア社員は、研究者らしく原理や物性や構成など基本を理解しての発言、分析であり、文科系の出身との違いをはっきりと識別することの意味に価値があると認識した。
  


Posted by ターさん at 15:59Comments(0)人生サプリ

2013年01月22日

開発は?

枝葉末節が開発の原点か?
昨日、ある企業のトップに呼ばれて、以前の開発は、末節の具体例であり、自分がやるべき分野の商品に焦点を当てた開発から始めた結果だと、それは先週の金曜日の電話でその点について、気が付いたと思いました。勿論、当方もこれは原理原則が後から出てきた感じであり、応用例が先行した気がしていた。そこで、これは誰でも招く事柄であり、原理原則はすでに世の中に存在する事例が多く、まさか今回の開発事案が世の中に存在しなかったとは?
勿論、目的の用途の機能に必要性がなければ、その原理原則よりも応用編が優先されることが多いのである。今回は、まさか?このような事例に出会うとは?しかし、その原理原則は誰もが必要に迫られれば発想する理屈であり、難しいものでないからである。多分、その原理原則は特許出願しても登録の可能性はあると思うが?それはある限られた方式での原理原則にならざるを得ないと思いました。でもその応用編をすでに3ケース出願ており、これはその後に接続する機器によってアレンジできる方式のため、やはり原理原則の開発と認識しました。そこで、この開発をこの企業のトップは出願までするか、どうか迷てっていました。しかし、枝葉末節をすでに出願済みであり、その逆転も対策は可能であるが、やはり出願を薦め、原案を待っている状況にありあす。このことから、やはりあまりにも目の前の機器にとらわれると、このような事例に直面することがあると、体験させられた。
  


Posted by ターさん at 11:28Comments(0)開発サプリ

2013年01月21日

連休とは

連休の雑感、
連休中に、全く仕事を忘れて家事(孫の世話と自宅内清掃と除雪)に没頭した感じである。この心境には、仕事の感覚が全くなかった。しかし、夕方になり嫁にいた娘の孫を見ていると、夫がサービス業の勤務のため、祝日や土日は、出勤であり、子供たちはいつも母子家庭である。特に、子供が怪我している際の入浴には、余計な準備と注意があり、一人での入浴は困難を極める。それは先日、娘が我が家に止まった際に、子供たちを風呂に入れたのだが家内と二人で何とか入れたことが気を得た感じであり、とても娘一人での入浴は厳しいと痛感した。これは夫が悪いのか業種が悪いのか?あるいは娘の行動力が不足しているのか?いずれにしても今回の孫のけがには苦労すると思われた。このような環境でも、やはり夫は出勤であり、毎日の入浴はままならないと。当たり前と思わずには入れれないことでした。そこで、サービス業に勤務者にも連休の際の休日が月に1回か2回位の配慮があれば家庭内のバランスや学校行事にも対応できるチャンスがあると思います。これは長い目でみれば、子供が成人した際の思いでつくりや親思いの感覚を植え付けるのにピッタシの気がする。これは小生もサラリーマン時代は仕事第一主義で家庭内の事柄をほとんど無視して勤務した経験からも今もって言われ続ける情けなさと子供たちに何も覚えていないとの言葉には愕然とする。その意味で、時間やその時は取り返しがつかないのでやはり少子化の時代は、子供に対して厳しさと優しさは不可欠と思います。これは気圄経営にもお何だと思いのいます。社員を育て活躍させ果実をともに分け合い、楽しく豊かな人生を目指す指針が理想と思います。まずは家庭から、企業も、国も皆同じと思います。
  


Posted by ターさん at 10:55Comments(0)社会サプリ

2013年01月18日

商品開発は経営の救世主のはずだが

経営戦略と商品開発と知財戦略の実績体験者のコンサルタント
約50年の社会経験の中で、機械設計が5年位、知財専門が8年、商品開発と経営と知財戦略が約35年を活かすために立ち上げた有限会社知的戦略研究所がある。この企業の目的は、地元の中小零細の下請け企業の自社ブランドへの道筋の支援で下請け脱皮をめざし、経営の活力と安定化と希望と夢を与え、しかも開発から製造、販売までを一貫して実施するミニアイジー型の発掘と育成と自立と継続した人財育成を目的とした経営ビジョンである。しかし、現在のような環境では、足元の経営に四苦八苦しており、夢や希望は眼中にあっても行動に移す余力、いや移す心構えがなく、トレンドの流れに流されたままの状態を容認せざるを得ないと思い込んでいる。これでは衰退を自ら望んでいる経営戦略である。これから先、下請け企業の生きる道は険しく、淘汰とコストダウンと市場の自由競争の真っただ中に投げ出されるのが予測される。その時に、反省や後悔や対策をとっても、時すでに遅くなすすべがないのです。やはりまだ体力があり、やる気や資金的な支援の可能性を秘めたタイミングでなければ、経営戦略も、商品開発も、知財戦略も展開できなくなる。その時期が阿部内閣の成長戦略に取り組む中にはめ込むことが一番、手っ取り早くすぐに実行できる可能性を秘めている。そのためにも開発のネタを温めておき、あるいは集めておき、市場の先行性やニッチ市場化の予測や、自社の特徴を1点に絞り込みこの焦点に顧客の満足度や感動がえられるかの判断を予測しながらシュミレーションしながら実施に移す準備をする。勿論、担当者はその事案に専門とさせ、期間や費用や上市時期などめどを決めて始めること、即ち、企画書が大まかにあり、その肉づけはある程度開発や投資が始まる中で行いながらバランスをとる。その際に、展望や投資対費用の効果、市場の反応予測などをシュミレーションしてほぼ現実的なターゲットの選択を行う。
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)経営サプリ

2013年01月17日

トップの体調が企業の運命を変える

今朝、ある零細企業のトップに電話したら、電話口に出てくれました。先日、電話でまた電話を差し上げると伝言をしてありました。でもやはり、このトップからは予想どうり電話がかかってきませんでした。そこでの今回の電話であります。電話口では元気な口ぶりに聞こえたが。やはり完全に体調が回復している感じがしませんでした。そこで、体をいたわる話をした後、現在開発中の自社ブランドになりうるある商品の現状を打診したところ、設計中との話でした。そこで、この開発品の顧客が特殊な行政組織や地域の団体であり、指導的な組織は公的な機関であるから、その教育機関と連携した開発をアドバイスしましたが、その機関に出向かず、単独で改良を加えて行い、具体化しているようである。ちょっとだけ全体の図面を拝見しましたが、勿論、改良前の発想であり、今回の改良点は的を得た改良と話しました。しかし、その開発スピードがきわめて遅く、これから先、商品展開の戦略や戦術は、ほとんど考えず、行き当たりバッタリの感じである。それはあまりにも無駄が多すぎますから、少なくともストーリを描きましょうとこのトップと話をしています。また、ある関係会社のトップは、俺が製造販売するから設計図を提供してくれとの話にも何らの返事もしていないようである。この関係会社のトップは、スピード、行動力、市場展開にたけており、ここに一任することがこの企業にとっても好い戦術と思いますが、あまりにも対等の立場になりえず、躊躇せざるを得ない立場を知っているので言い出せない感じである。でもこの開発品の展開は、やはり関係会社のトップに一任することがベストでないが、商品になりうる早道と予測する。いずれ、数か月後にはこれを進言する予定である。  


Posted by ターさん at 11:51Comments(0)経営サプリ

2013年01月16日

自分の寿命からの社員に残す糧つくりに励むトップ

売り込み前の準備に最大の注意
昨日、昨年からある部品の開発をしている会社のトップに新規開発の確認に出かけました。すると、依然の開発は、ある大手の企業の部品と組み合わせればそのまま、新規な構成の部品となりうることが解ったので、そのカバーをしたいと。勿論、規模の大きな差がある相手メーカに売り込みに行ったつもりが情報提供になっては、このトップのもくろみ(戦略)が無に帰するのである。それは断じてあってはならない事柄であり、その対策(逃げ防止)で相手メーカの一部品として取り込まれる戦術がスタートラインの計画である。それがサンプル提示段階で相手に知恵(情報提供)の形になればとても悔やまれる戦略であり、その後の具体的な対応の戦術も台無しになる。そこで、その逃げ道を埋める対応策を具体的に示し、フォローするのが開発者と出願人と事務所の役割である。網目状の出願や開発では、ザル法であり、気休めになる程度である。そこで一応、まとまった開発者の内容を精査し、基本がどれで、その関連、応用の分野まで広げた対策案を相互に検討してつくり、それを再度、事務所と検討した。それを開発者に検討依頼を出して確認してスタートした。ところが、今朝になると、ある項目を変更すると、その逃げ道があるかの問い合わせである。これは具体的な構成があいまいであり、やはり確認が必要な事案となった。この確認作業は生命線であるからしっかりお互いに意思の疎通を図りながら進めることが肝要である。 
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)経営サプリ

2013年01月16日

自分の寿命からの社員に残す糧つくりに励むトップ

売り込み前の準備に最大の注意
昨日、昨年からある部品の開発をしている会社のトップに新規開発の確認に出かけました。すると、依然の開発は、ある大手の企業の部品と組み合わせればそのまま、新規な構成の部品となりうることが解ったので、そのカバーをしたいと。勿論、規模の大きな差がある相手メーカに売り込みに行ったつもりが情報提供になっては、このトップのもくろみ(戦略)が無に帰するのである。それは断じてあってはならない事柄であり、その対策(逃げ防止)で相手メーカの一部品として取り込まれる戦術がスタートラインの計画である。それがサンプル提示段階で相手に知恵(情報提供)の形になればとても悔やまれる戦略であり、その後の具体的な対応の戦術も台無しになる。そこで、その逃げ道を埋める対応策を具体的に示し、フォローするのが開発者と出願人と事務所の役割である。網目状の出願や開発では、ザル法であり、気休めになる程度である。そこで一応、まとまった開発者の内容を精査し、基本がどれで、その関連、応用の分野まで広げた対策案を相互に検討してつくり、それを再度、事務所と検討した。それを開発者に検討依頼を出して確認してスタートした。ところが、今朝になると、ある項目を変更すると、その逃げ道があるかの問い合わせである。これは具体的な構成があいまいであり、やはり確認が必要な事案となった。この確認作業は生命線であるからしっかりお互いに意思の疎通を図りながら進めることが肝要である。 
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)経営サプリ

2013年01月16日

自分の寿命からの社員に残す糧つくりに励むトップ

売り込み前の準備に最大の注意
昨日、昨年からある部品の開発をしている会社のトップに新規開発の確認に出かけました。すると、依然の開発は、ある大手の企業の部品と組み合わせればそのまま、新規な構成の部品となりうることが解ったので、そのカバーをしたいと。勿論、規模の大きな差がある相手メーカに売り込みに行ったつもりが情報提供になっては、このトップのもくろみ(戦略)が無に帰するのである。それは断じてあってはならない事柄であり、その対策(逃げ防止)で相手メーカの一部品として取り込まれる戦術がスタートラインの計画である。それがサンプル提示段階で相手に知恵(情報提供)の形になればとても悔やまれる戦略であり、その後の具体的な対応の戦術も台無しになる。そこで、その逃げ道を埋める対応策を具体的に示し、フォローするのが開発者と出願人と事務所の役割である。網目状の出願や開発では、ザル法であり、気休めになる程度である。そこで一応、まとまった開発者の内容を精査し、基本がどれで、その関連、応用の分野まで広げた対策案を相互に検討してつくり、それを再度、事務所と検討した。それを開発者に検討依頼を出して確認してスタートした。ところが、今朝になると、ある項目を変更すると、その逃げ道があるかの問い合わせである。これは具体的な構成があいまいであり、やはり確認が必要な事案となった。この確認作業は生命線であるからしっかりお互いに意思の疎通を図りながら進めることが肝要である。 
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)経営サプリ

2013年01月16日

自分の寿命からの社員に残す糧つくりに励むトップ

売り込み前の準備に最大の注意
昨日、昨年からある部品の開発をしている会社のトップに新規開発の確認に出かけました。すると、依然の開発は、ある大手の企業の部品と組み合わせればそのまま、新規な構成の部品となりうることが解ったので、そのカバーをしたいと。勿論、規模の大きな差がある相手メーカに売り込みに行ったつもりが情報提供になっては、このトップのもくろみ(戦略)が無に帰するのである。それは断じてあってはならない事柄であり、その対策(逃げ防止)で相手メーカの一部品として取り込まれる戦術がスタートラインの計画である。それがサンプル提示段階で相手に知恵(情報提供)の形になればとても悔やまれる戦略であり、その後の具体的な対応の戦術も台無しになる。そこで、その逃げ道を埋める対応策を具体的に示し、フォローするのが開発者と出願人と事務所の役割である。網目状の出願や開発では、ザル法であり、気休めになる程度である。そこで一応、まとまった開発者の内容を精査し、基本がどれで、その関連、応用の分野まで広げた対策案を相互に検討してつくり、それを再度、事務所と検討した。それを開発者に検討依頼を出して確認してスタートした。ところが、今朝になると、ある項目を変更すると、その逃げ道があるかの問い合わせである。これは具体的な構成があいまいであり、やはり確認が必要な事案となった。この確認作業は生命線であるからしっかりお互いに意思の疎通を図りながら進めることが肝要である。 
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)経営サプリ
< 2013年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ