2011年07月26日

猜疑心の塊に思える急成長感の零細企業トップ

ある情報では、この震災後急に倍の注文や売り上げがあり、社員の新規雇用を急に拡大して今までの野望を実現するチャンスが来たと、錯覚している感じがあるトップがいるらしい。勿論、直に面談していないので詳しい背景は?ですが、経営相談に自社工場での相談を拒否してある場所での相談を希望Iしたそうです。そこで、このコンサルに、現地、現場、現物は3原則であり、実体も解らずにコンサルは本末転倒であると。このトップの背景は、急成長のつぎはぎだらけの工場や会社を見て欲しくない。また、視察したら何か盗まれると思う、所謂猜疑心が働き、無関係の場所での机上相談にせざるを得ない感覚と想像させせる姿勢である。実体を知らずに机上の空論を幾ら真剣に聞いても、空しい感じである。パンドラの箱の中身が解らず、表にでている一部分の表面から全体を把握するような感じである。これでは無駄が多く、真剣に相談する姿勢に掛ける。本当に命を掛ける位の事態(企業の変革時)ならそのような姿勢、情熱が関係者に伝わらないと単ある言葉のキャッチボールになり、実質的成果が期待出来ない。そのような信じる心が無いと、相談事態も本来なら無駄の範疇に入る。全く、県民は猜疑心が強いきいがあるが、革命的船出を目指す姿勢の張本人には無駄であり、その感じが関係者に伝わるだけである。相手の姿勢が直接にこころに響くのは猜疑心だけであり、やる気などの良い面が相殺される。先ず、相談の姿勢にあるまじき感じがするが?  


Posted by ターさん at 11:28Comments(0)経営サプリ

2011年07月25日

人的資源がすべての国、日本をにわかに言い出す言動

最近のマスコミに日本は人的資源の活用が日本復活の要とPRしだした。本来の日本の歴史を紐解けば国土が狭く、人口が多く、海産物に恵まれた国であることは、全く変化していない。しかし、モノ、カネのハードの威力がうなりを上げて世界を喝破してしまう。第2の経済大国にハイスピードで到達してしまった。そのまま持続すると思っていたのが、先進国の世界はモノ余り現象と低開発国のモノ作りが活発化して価格的に追い上げられ、日本の進む道は飽和状態となり、ものまねも、カネも威力が無くなり、新規な開発が日本の生きる道とようやく解るように成った気がする。しかし、簡単に人が宝に育つわけでなく、人材教育が小さいときから必要なのであり、急にそだてるような手法は存在しない。よって、之までの物質主体の発想からオリジナルの開発発想を目指した広範囲の知識と人間学などの教育が必要である。でも伝授する人が高齢者になり、しかも少なくなっている。付け焼き刃では、根本的な対策に成らず、その場しのぎである。遠大な人材育成を目指したカリキュラムが必要である。自分から求めるか、求めさせられるかの違いがあるが、いずれその発想が国、自分を救い、外国もいずれそのような運命にあることは日を見るより明らかである。是非、今回の震災や現与党、首相の器がその切っ掛けを与えてくれた最高のチャンスである。ありがたいことである。最悪の時期まで到らないで解っただけで素晴らしい運がわが国にはあると。それが日本民族のなせる技であり、世界に羽ばたく国のシンボルであると。  


Posted by ターさん at 13:34Comments(0)社会サプリ

2011年07月22日

地域活性化の源泉

被災地にのみならず、全国的に元気が無さそうに思うが?熱気で盛り上がり、元気ななど論外の話しがきければ幸いだが?地方は夏祭りで元気の源を得ようと一直線に走りまくって現世を忘れさせる狙いもある。勿論、それは一次の空隙、即ち異次元体験の感覚は必要な要素である。目的がないと走り出さない。しかも余りにも遠方だと途中で忘れてだらけてしまう。ほどほどの期間と目的がはっきりしていることが地域活性化の源泉と思う。勿論、地域の住民が立ち上がらないと外野だけでは見かけ倒しになる。観光客と地域の住民の融合がひつようである。それを産業などの事業に置き換えると、地域の特性を活かしながら外部の新規要因を融合させて相互にレベルアップできる環境を作り出すことである。特に、東北は同じ県内でも歴史のなせる技でしょうか言葉も、習慣も発想もことごとく異なるのである。増して日本全国のベクトル合わせは、並大抵ででない。しかし、各地が元気を回復して熱気が燃え上がる国にするには例外が合っては足を引っ張ることになり、支援で有る範囲で同じような力関係を維持すべきである。劣等感は全ての進捗を阻害する要因となるからである。この夏祭りをベースに熱気を持続する手段が最高のシステムと言えるが?そこな破格の発想の若い人や外人の発想が必要である。是非とも地域の外国人の参加で異色の発想を生かして地域活性化を図るべきである。  


Posted by ターさん at 16:24Comments(0)社会サプリ

2011年07月22日

話題だけを追う世間の流れ(歴史のの表舞台)

最近はなでしこジャパン一色であり、一躍時の人になっている。マスコミも行政もその方向に一直線に向く、全く、いままでは殆ど話題にせず、支援も殆ど無く活動してきた団体に支援の申しいれや報償、名誉省の連発である。今まで長く下隅に耐えて来て、ようやく花開いた一瞬なのであるが、直ぐにこの騒ぎは収束することになる。本当に熱しやすく冷めやすい、何か物質ににている気がする。放射能も次から次へと話題が変化しているから翻弄されているが、根本は一切変っていないのである。しかも、全てが国の税金で支援、補償である。だれが金を出すのか、源泉が全く不明の予算である。之は、最後は税金でのカバーしか手が無いはずであり。だれもが解っているが具体的手段を開示しない。でも震災に遭った人は大変であり、最低限の補償はすべきと思うが、何から何まで国の補償では以前の政府の補助金制度でダメにした農家の現実と同じ結果になると予想される。やはり、自己から立ち上がる軍資金レベルの補償であり、なにもかもの補償要求には毅然と反論すべきが政治だとおもうが、?民主党のマニヘストでないが絵に描いた餅のような美辞麗句の羅列では全く、空手形と思えるが被災者は本気で信用しているとは?具体的な内容で少し補償の道筋が賢明のように思うが?  


Posted by ターさん at 11:55Comments(0)社会サプリ

2011年07月22日

下請企業の宿命からの脱出の切っ掛けをつかめ

先日、知り合いのコンサルから、8人くらいの企業だが現状の先のない業務を維持しながら次のステップへ、即ちすこしでも希望や夢が描けるメーカへ脱皮したいと、そこで、あるアイデアがあるがその総合的な活かし方をアドバイスしてほしいので専門家の派遣を依頼しますが如何ですかとの問い合わせであった。勿論、現状からの脱皮に少しでも意欲、気があれば、現状からの自社ブランドへの夢のようなストリーを描ける楽しみができ、そのような感じで現状の下請で飯を食いながら少しでも向上した経営、作業環境へ舵取りできる状況はすべてにプラス方向へ回転する筈である。そこで、勿論、出向きますよ。現状の改善から一歩一歩と改善に進むコースにのれば、数年後、あるいは10年後でも現状からの脱皮が可能になり、自分なりの経営が出来るはずである。その手助けが小生の最大のテーマで有り、経験を生かせる内容である。数十年の実務経験でる経営と開発と知財の総合コンサルができるケースになるのでは無いかと。それも零細企業が最高のチャンスであると経験から認識しているので、コンサル期日の連絡を待っている。しかも、金融機関がバックにあるとの話しであり、経験そっくりの事例にあたる。ただ、この企業のトップがどのようなトップかが、最大にてーめであるが、少なくともスタートに立つ人のように見える。人生2度無しの格言のように現状破壊が無くて次のステップはなと思う。先ず、破壊から。その際は相談に積極的乗りますよ。  


Posted by ターさん at 11:36Comments(0)経営サプリ

2011年07月22日

中小零細企業の経営者よ

最近、地域の中小零細企業に元気が無いとか?景気が悪いとかの情報が入るケースや話題にでることが多い。これは自身がマイナス思考の情報を発信していることであり、その感覚は自身にブーメランのように返ることになる。即ち、消極的やマイナス思考が自身の脳に入り、そのような行動になってしまう。よく言われるようにプラス思考で、通常使用している言葉も絶対にマイナスや自己否定、消極的な言葉を使用せず、常にその現実を良い方向へ転換する発想に切り替えることである。例えば、失敗は経験であり発想の転換と発展の原点を感じさせる機会となったのだと。勿論、失敗は自己責任で有り、他人に責任転換しては、それ以上の前進がないのである。先ず、その際は自己責任と肝に銘じ、そこで前に書いたように良い方向への気づかせたくれたチャンスであると。このままで進行すると、奈落の底に落ちる所をその前に気づかせてくれた有りがたい現象であったと。このチャンスに数年さきからこの失敗を見つめると、全体像が解りやすく、しかも、この失敗がさほどでない事に気が付くはずである。このことが発想の転換の大きな切っ掛けである。非常に有りがたい現象なのであす。是非、失敗や困難に直面したらやはり他人の声、コンサルタントにに御願いして外部からの考え方を聞くことに意味がある。そのことで失敗が全て解決するわけでないが、少なくとのマイナスへの進行を止め、プラス方向へギアチェンジできる切っ掛けになる有効な手段と思います。是非、小生もこのような業務をしている関係上、大いに打診して欲しいものである。孤独は最悪である。  


Posted by ターさん at 11:17Comments(0)経営サプリ

2011年07月20日

工場は海外へ移転(分散)の時代

昨日、新規開発だけの新商品を販売して生きている社長が口癖のようにつぶやいた。それは自動車業界の地域分散が海外分散へシフトしている。これからの市場は、インド、中国、ベトナムなど東南アジアであり、日本の市場は縮小のストリーである。それに中国も海外への知財出願を始めました。これは之までの知財無視はまかりとうらない現実に成りつつある。裏付けである。それは開発力がメーカ等に付いた証でもある。この現実に日本政府、日本のメーカは、危険分散的な移転に止めているが、発想に格段の隔たりがある。即ち、日本の市場は全てにおいて縮小の方向であり、開発力無くしてはメーカの存在は無理になるこちょの裏返しである。この現実を認識すれば零細だから中小企業だから、下請だかからの時代は遙か遠方に遠ざかる時期になってきている。この現実をマスコミも政治家も警鐘を鳴らし続ける義務があるが?全く震災移転パリの海外戦略など無視の状態である。必ずその煽りは受けること間違いないのである。前進進歩の世界において、おくれをとることになると。  


Posted by ターさん at 16:28Comments(0)経営サプリ

2011年07月20日

感覚麻痺の現実

先日から約4日の日程で仙台空港から札幌、登別、千歳を経て帰ってきた。仙台空港の現実に唖然とするとともに、良くここまで空港を復旧して飛行機を飛ばしてくれたことに感謝した。勿論、最小限の便数であり、施設の設備も簡易工事、仮のトイレなどは当然である。空港周辺の様相にこれはと思いながら4ヶ月目にみる視野に、如何に凄い津波被害か?上空からみる仙台平野、海岸は余りにも以前と変るきった状態に悲惨状態が予測以上であると。そこから千歳にとびましたが、千歳のにぎわいは半端でなく、震災の影響など微塵も感じられず、かつ不景気間もなく、みな楽しみの雰囲気で一杯であり、日本の凄さにビックリした。多分、被災地の人がみたら哀れ過ぎて立ち上がれなくなるかも?食堂街、ラーメン店該、お土産店街など皆、人だらけで有り、悲しみのかけらも見えない。これが現実の国民の感覚であると思う。それに政治家は多分、国民以上に現地の感覚を体験している人が少なく、しかも短時間かも?是非、福島県で国会を即刻開催すべきであると思う。被災者の避難生活を想像するには、無理があると感じる。被災地の体験は長期でなければ感覚のズレが出るはず。政治家やマスコミは現実を直視して体験するのが常識とおもうが?  


Posted by ターさん at 15:07Comments(0)社会サプリ

2011年07月14日

コンサルが判断の指針であることの重要性を担う

今年は、変革の年と位置づけ、これまでの経験や知識を活用する機会を発掘して、地域から地域NO、1や東北NO、1、全国の業界NO1の企業に中小零細、個人企業からを育成する戦略コンサルタントを主体とした事業に方向変換することにした。それは特許、実用新案、意匠、商標の窓口業務を主体にしては、企業、事業家の育成や事業戦略の一部にしかならづ、こえまでの実体験が殆ど活かされない。切った張ったの戦争状態の企業戦争での経験や知識、人脈をいかいして経営トップが判断に苦慮しているとき、一寸、判断に参考になる、あるいは成らない見解でも自分の判断には、一服の清涼剤になるのである。拠って、コンサルタントの意味を十分に解って頂けるとそれなりの価値が得られるのである。勿論、その役には、小生がピッタシと思ってきたが、これまでは知財専門のアドバイス等であり、相談範囲を自ら狭めていた。経験は営業から営業支援、取引交渉、契約交渉、開発、共同開発、商品化と経営と知財戦略、権利裁判、講師業など沢山の経験を殆ど活用していなかった。まったしてもったいない事態である。どうかこのような人間の存在を知らしめる手段を殆ど採ってこなかったのであり、宝の持ち腐れで終わることは、この世において折角、体得した総合能力を無駄にすることのむなしさがにわかに湧いてきた。それも知り合いからも是非、これからはこの分野へ積極的にチャレンジして地域の零細企業との夢、自社ブランドで価格設定を達成させる事業のコンサルをしろと、拠ってこのような地域の活性化に一力を活用する機会を目指しますから、まずご一報を。会員制で安価に対応できる制度も検討中である。
  


Posted by ターさん at 14:38Comments(0)経営サプリ

2011年07月14日

正夢になれば地域が変革す。

福祉、健康、芸術、文化、体育、各種産業などにNPO法人的に自分たちの予算であらゆる手法を改革し、国は防衛、外交、教育、食糧、警察のみを担当し、それ以外は、産業政策、環境政策、エネルギー政策、福祉政策、年金制度などは5年、10年、30年、50年などのスパンでの指針を示すだけで具体的には各自治体、NPO法人に任せる。勿論、現状の自治体は解体し、自治体ですから自分の自治は自治体での稼ぎ内で各種制度を実施することになる。勿論、下手な自治体は住民が被害者であり、責任の所在も明らかである。そのため自分達の市、町、県はそれぞれの役割の範囲で成長、下落などして住民の意志で住みやすい町には人工が集り、住みにくい町には人口減少が起きる。そのように国におんぶにだっこの制度からの離脱意志が最大のテーマである。それには一気に実行するには早急すぎて着いてこれなくなる市民が多くであるかも。よって、同好会できな仕組みを数多く発足させ、各同好会に責任者を立て、その方向性を一意させて牙城を堀の一穴から崩壊させる手段が最速化も。現状の無意識の市民、国民では行動が全く期待できない。所謂、泣き寝入りに慣れている国民人、市民に成っている。そこで上に書いたような同好会の連携で組織の構築が安易でその組み合わせも難しくない網目状のシステム構築が可能性を秘めている。是非、モデルとしてこのような同好会、このような同好会を立ち上げて欲しい。これが現実化すれば行政始めあらゆる制度の改革、憲法改正も難しくない力となるはずである。現在は思い、夢、希望、起業、商品、事業展開などの達成を目指す手段発掘同好会の模索中である。会員募集に動きたい感じの心情である。  


Posted by ターさん at 11:03Comments(0)社会サプリ

2011年07月13日

Newsは国の予算ばかり

被災地や、災害地の話しでは、何時も国の予算が付いていないと、口癖である。すべての運用、事業は国からの交付金と税金だまかなわれている現実の結果である。緊急時は、敢えてやも得えない事情と思うが、自立の話しがなくい、全て国の予算である。これでは国が幾ら国債を発行しても間に合わない計算になる。やはり地方自治とは、予算と運用に自立性が条件である。それないのに要求だけが国へである。一方通行の気がする。それに税金の配分に問題があるなら国税は国、地方税は地方、それに間接税の配分を自立できる配分に設定し、不足分は自治体の独自の政策がなせる技量である。このような競争がなければ直ぐに補助金は自自体をダメにする方策である。ぜひ、このような自自体が出現できることを期待するし、そのための企画が必要である。それには現状破壊以外無いのであるが?  


Posted by ターさん at 10:51Comments(0)社会サプリ

2011年07月12日

個人コンサルタントは?

先日、あるコンサルタントに用件があり、出向いたら自宅が狭く、喫茶店を指定された。指定された場所に出向いたら喫茶店が?そこで携帯電話に連絡をいれたら、近くで待って欲しいと。先導するからとの話しでした。すると、約5分後に来ましたので、その車の後に付いて目的の場所に着いた。そこは約10年前に開店した喫茶店でだれもいませんでした。そこで飲み物を依頼して本題に入ったが、まず、喫茶店での話しには真実みのある話しが出来ない雰囲気がある。しかも、やはり借り物であり、自己責任の経営感覚が無く、其れでいて他人にコンサルする姿勢に疑問を抱かざるを得なかった。都会ならいざ知らず、しかもコンサル事業を始めて約10年くらい成るらしく、このコンサルタントに期待する事自体?ではと疑問符が付いたが小生の誤解であればよいと思った。このような人達にコンサルを依頼される金融機関などの組織に?本当に責任を持っての誠意ある相談が?このような感じであり、コンサルをされる側も目的は他人(国)の金でのコンサル依頼は0だからの感覚であり、そのようなシステムが全国に無数ある。その結果、成果の有るコンサルが出来たと思えるか?それでも何十年もこのようなシステムを運用している国、第三セクター、外郭団体など疑問を抱かない国民に?是非、評価を客観的なシステムでやるべきと思う。勿論、学歴評価でなく実績評価が、真実の評価と思う。特にコンサルを受けた結果の成果が評価となるはずであるが?  


Posted by ターさん at 11:20Comments(0)経営サプリ

2011年07月12日

個人医院に思う

今日は、足の親指が腫れたので診察に出向いた。朝の8,30分なのに約10人くらい待っていた。その後、診察、治療などを終了したひとの減少で人数が少なくなり、10,30分には小生以外は1人であった。しかも、患者はほぼ9割が高齢者と言われる人達である。足、膝、腰などの疾患が有るようだが、医療制度の一端を垣間見た感じである。年齢がアップすると間接や臓器がくたびれるかもね。其れにしてもこの患者の数に?大病院は予約制で新患者は別ですが、何時も患者だらけの感覚と雲泥の差である。以前は?沢山いたように思うが?時期も夏になり、患者が減少したのかも?この地の医院は数が多いし、それなりの病院数もあり、競争が激化しているのか?先生は相変わらずの一人であり、xせん撮影から看護士に資格を取らせる気力も?いずれにしても、今後の個人医院は、厳しい経営を感じてきた。  


Posted by ターさん at 11:04Comments(0)人生サプリ

2011年07月12日

個人医院に思う

今日は、足の親指が腫れたので診察に出向いた。朝の8,30分なのに約10人くらい待っていた。その後、診察、治療などを終了したひとの減少で人数が少なくなり、10,30分には小生以外は1人であった。しかも、患者はほぼ9割が高齢者と言われる人達である。足、膝、腰などの疾患が有るようだが、医療制度の一端を垣間見た感じである。年齢がアップすると間接や臓器がくたびれるかもね。其れにしてもこの患者の数に?大病院は予約制で新患者は別ですが、何時も患者だらけの感覚と雲泥の差である。以前は?沢山いたように思うが?時期も夏になり、患者が減少したのかも?この地の医院は数が多いし、それなりの病院数もあり、競争が激化しているのか?先生は相変わらずの一人であり、xせん撮影から看護士に資格を取らせる気力も?いずれにしても、今後の個人医院は、厳しい経営を感じてきた。  


Posted by ターさん at 11:04Comments(0)人生サプリ

2011年07月11日

市場のニーズにてきぱきと新商品を開発発売するトップに思う。

知り合いの企業のトップは、市場の要求にタイミング良く新商品を開発、発売する。この企画力、判断力にビックリする。しかし、一寸残念に思うのは、目先の商品だけの市場へのと投入には社会にニーズが優先するが哲学がないように思える。将来を見据えた展望からくる商品開発には商品のライフサイクルが長く、市場が全国的であるケースが多いように思える。経験からして前者は軽すぎ後者はやはりニーズがしっかりして際物的要素が感じられない。このことを思うと、場当たり的と思える商品は爆破的は伸びは無く、残念に思うが?貴方はどのようにおもいまか?  


Posted by ターさん at 17:01Comments(0)経営サプリ

2011年07月11日

福島はこれで良いのか

先ほど書いた文章が飛んでしまった。之には厳しい内容が書いてあったが再度書く気に成らない。少なくとも郡山でも1マイクロシーベルト以上であり、IAEAの基準値を勝手にあげた政府の理由が明確でない。なぜ、国際基準が変更されないのに国が勝手に大丈夫だと。誰かが30年後に責任を取るのか?窒素事件、肝炎事件でも結局は被害者が最大の苦難を強いられるのである。お金で人生が買えないが社会的対処法によろと之しかない。全く困った事案が今回も横たわっている。極論をいえば、福島は廃墟で有り、帰還など夢物語と話す本当のような噂話に真実みがある。国民にマスコミ始め、政治家も信用されない国は、滅び行く国、沈没日本のタイトルが踊る雑誌にまんざらでもない感覚に唖然とする。政府の支持率が史上最悪の数値でも政権与党は手が打てない情けない党に、なぜ、国民は期待をしたのか、やはり絵に描いた餅の夢をみさされた結果であるが、早く変革しないと国の沈没度合いが進むのだと言われるが国民の代表が無策なにの国民に期待する政治家は、世界中にいるのかな?  


Posted by ターさん at 16:34Comments(0)社会サプリ

2011年07月11日

決断力を持つことの重要さを再確認すること

何時もお世話になっている東京の有る社長から決断力を養うと成功に近づくとの話しが記載されちた。読んでみると、不平不満愚痴の多いときの決断は、理性より感情が先になり、失敗すると書いてあった。当たり雨に思うが、そのような状態を客観的に意識していれば決断しないのでしょうが、夢中になっていると恐ろしい結果になる。決めたことを投げ出すたびに決断力は衰えると。特に、65才以上の高齢者は死を待つだけの生きる屍、粗大ゴミと言われる。これは、高齢者の殆どが心身共に老化し、決断力を消失し、生きる目標を亡くしているからだと。2005年の国民生活基盤調査では、要介護5の単独世帯が4%、夫婦みが9%、(400万軒)、日常生活の全てに介助を必要としているのに、高齢者でありながら総世帯数の4%は1人で、生活している。もし、死ぬまで健康で精神的にも経済的にも自立した生活を送りたいなら現在の生活モデルを大幅に見直す必要があると。しかも富豪の80%は高齢者だそうです。そこで富豪になるには、決断力を養い、実行さえすれば富豪になれると。年齢が関係ない。智慧を出し、決断し、実行に映すだけで自由と自立を得ることが出来ると。この内容から生きた屍の排除、粗大ゴミ化の阻止には、目的に向かって智慧をだし、決断し、最後までアキラメズにチャレンジするしか手段は無いと。まずは、目的の設定と決断力、実行力が全てであると。是非、貴殿もスクラム組む相手を求めて動き回る時期です。止まり木的役割の当方へ。  


Posted by ターさん at 15:48Comments(0)人生サプリ

2011年07月11日

青森のスーパウーマンの話

昨日、青森のスーパウーマンと言える社長からヘルシー食品の詰め合わせセットが送られてきた。毎年の事ですが、今回も近況を伝える手紙が同封されてきた。その中身は、近況として第3,第4のヘルシー食堂の出店とモデル建築とアンテナショップを兼ねた店を弘前、青森、六ヶ所村へと薦めている。しかも、女性のための不動産部門も創業したとの内容でした。この社長のセンスの良さなど小生の知りうる範囲にいない人でしたから、山形県でもこの人の弟子について覚える人を捜していましたが、なかなか其れに合いそうなそうな感覚の持ち主に会えない。数年前に山形の工務店と契約し、一物件だけモデル建築物の契約をしましたが、設計図ができた段階で破棄する企業でした。この企業は本当のソフトの部分を知らないまま、形だけ知り得て、それで契約破棄である。この場合も営業の仕方からPR、そん他社員教育まで一貫して教育する予定で始めたが、途中での破棄。全くもったいない話しである。この社長講演すると多数の人が集まるそうである。気さくでデザイン才能があり、顧客の要望を的確に捉えるセンスに脱帽の感じである。そのモデル建築物やモデルアンテナショップなど数件を視察した経験があるが、やはり女性ならではの感覚が随所にちりばめた発想に価格とのバランスも良く、周囲の環境との共生もエコを含めて感心して帰ってきた記憶がある。是非、このような人のセンスを収得したいような人がいれば最高ですが。勿論女性に限りますよ。
  


Posted by ターさん at 15:26Comments(0)経営サプリ

2011年07月11日

青森のスーパウーマンの話

昨日、青森のスーパウーマンと言える社長からヘルシー食品の詰め合わせセットが送られてきた。毎年の事ですが、今回も近況を伝える手紙が同封されてきた。その中身は、近況として第3,第4のヘルシー食堂の出店とモデル建築とアンテナショップを兼ねた店を弘前、青森、六ヶ所村へと薦めている。しかも、女性のための不動産部門も創業したとの内容でした。この社長のセンスの良さなど小生の知りうる範囲にいない人でしたから、山形県でもこの人の弟子について覚える人を捜していましたが、なかなか其れに合いそうなそうな感覚の持ち主に会えない。数年前に山形の工務店と契約し、一物件だけモデル建築物の契約をしましたが、設計図ができた段階で破棄する企業でした。この企業は本当のソフトの部分を知らないまま、形だけ知り得て、それで契約破棄である。この場合も営業の仕方からPR、そん他社員教育まで一貫して教育する予定で始めたが、途中での破棄。全くもったいない話しである。この社長講演すると多数の人が集まるそうである。気さくでデザイン才能があり、顧客の要望を的確に捉えるセンスに脱帽の感じである。そのモデル建築物やモデルアンテナショップなど数件を視察した経験があるが、やはり女性ならではの感覚が随所にちりばめた発想に価格とのバランスも良く、周囲の環境との共生もエコを含めて感心して帰ってきた記憶がある。是非、このような人のセンスを収得したいような人がいれば最高ですが。勿論女性に限りますよ。
  


Posted by ターさん at 15:26Comments(0)経営サプリ

2011年07月05日

中企業のトップの方針転換

昨日、午後に約50人位のメーカであもあるが、サービス業が本業的な企業に出かけた。ここの社長が行政のやり方に苦言を話していた。それは全て自分達の安泰以外の発想が無い集団で有り、議員までもがその塊の一員で、どうにもこうにも成らない現状に方針転換を発想していた。それは政治家に乗り出して有権者の支持をえた経営指針を実行しない限り、市民、県民、国民は良くならない。とやはり落選しても支持者をバックにもてばそれなりの無言の力が発揮できる。行政や雇われ議員団の塊では何も変らないし、生活向上など夢のまた夢で有り、馬鹿らしくて一生懸命に働き、税金を納めることのばからしさがはっきりしてきたと。でも行政や議員は財政がくるしければ増税する魂胆であり、関係者の利益のみ考えた施策に市民等は分かっているのか?理解しているのか?挙げ句の果てに議員の質問に、再度質問することすら無いと言う、理解のできない関係のシステムに疑問を持たない議員には、行政に完全に飲み込まれた様相の仕組みに唖然としたので先ほどの方針変更をぶち上げたようだ。このような議員が多数選挙で当選すると行政もうかうか出来ず、市民のための行政サービスがよりよく改善すると。この話に疑問も有るが、議会に傍聴して確かめて来いとの話しでした。貴方はこのような現実を自分の目で確かめたことありますか?  


Posted by ターさん at 11:53Comments(0)経営サプリ
< 2011年07>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ