2018年12月12日

エッセイ ドンキーマカセ、自らの商品を創る。

エッセイ ドンキーマカセ

自らの商品を創る。

◎自らの商品を創る。

①まさに、子供を創るようなものです。

それは、無(ゼロ)から有(モノ)を創りあげるのです。

②新規性が最大のポイントです。

世の中に、いまだ存在しない[モノ]を創るのです。

是は、既存商品とそっくりでなく、これらとどこか、少しでも違う商品であることです。

③第三者から購入した新商品でも同じです。

自社になければ、第三者にあり、それが自社の商品開発と同じであれば、それを採用すべきです。

ただし、個人なのか、企業なのか?少なくともライバル企業でなく、ジャンルの違い企業の方がありがたです。


④最初は、1個から始めます。

欲張らず、一個で十分です。

それは、自社ブランド創りの原点です。

⑤市場も最小限のエリアで、ライバルも気にしない地域です。

ただし、新商品がどこにマッチするのかによりその試販売地域も大きく異なります。

◎仲間創り。

①自らの力だけでの販売に葉、限界があります。

そこで、問屋、販売店などのシステムを活用するか?

②SNSの活用、

③TVショッピングです。

ただし、初期的にはラジオクラスを活用して宣伝費の抑制を図るのです。

④新聞等のマスコミの活用です。

これには、連続掲載の作戦が必要です。

⑤PRの安価な価格時期に広告を題材的に打つのです。

◎顧客の反応、レスポンスを即時的に把握し、その展開に活用します。

①これは、猫も杓子もオンライン販売、TV宣伝とまさに、広告合戦です。

ここで勝つには、従来方式では勝てないのです。

②PRの独自性を発揮する。

③奇抜な反応を敢えて創りだす。(法違反はダメ)

④宣伝の顔を創る。

例えば、TVで日々宣伝している福岡の企業、タカタのように。

◎人、マンガ、動物、想像上のモノ、など注目を引く組み合わせです。

①顧客からの反応が最高の広告です。

②本当に顧客からの反応なのか野、確認が必要です。

③流れ、いわゆる流行のハシリを創る。

この手法がとれるなら、即刻、自社ブランドを立ち上げるべきです。

あなたは?

何もない、何も考えていない。

それは、下請けに徹することであり、泥船です。


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。

それも、1社のみです。






  


2018年12月12日

自社ブランド支援サポーター、サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

自社ブランド支援サポーター、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-128

市場⑧-4

◎現在は、顧客が最高のタカラです。 

①市場は、だれに、

②何を、

③どこで

④何時、

⑤どのような状態で

⑥規模は


など、事業、すなわち、開発品の市場での売り上げが企業存続の最大の要素です。

◎市場は、生き物でああり、日々、いや瞬時に風向きが変わるのです。

①上に書いた①~⑤の状況をITでデータ化し、それを有効に

活用すべきなのです。

無手勝流の方法は,自爆です。

②特に、業界の規模、

③市場の将来性、

④ライバルの有無、


などは、少なくとも数年間の緻密な情報の検索が必要です。

◎また、自社の自社商品の自社ブランドの地名度がゼロであり、

①PRの戦術、費用は?

②新商品の次の商品群は?

③知財の威力が有効な市場なのか?

④専門業者の市場なのか?

⑤ターゲット市場、地域は?

通常は、静岡県が最大のアンプル市場なのですが?

◎金融機関との連携は、

①トップの説得力は、

②営業の市場創作力、あるいは、開拓力の営業マンがいるのか?いないのか?

③自社ブランド確立えのシュミレーションは、

④トップの決意と

⑤社員への還元と努力の要請は?

など、一定の条件の下しらべ、担当者、など

必要な事柄のチャレンジを覚悟することなどです。

あなたは、下請けのままでいいのですか?


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。







  


2018年12月11日

エッセイ ドンキーマカセ  開発は成功して欲しい。

エッセイ ドンキーマカセ  

開発は成功してほしい。

◎モノ、コト、システムなどの開発

①少なくとも、上に書いたような事柄は、開発に着手したら迂用曲折が有っても完成すること。


それは、開発が成功・失敗しても、その経過は、すべて貴重な財産になるのです。

言い換えると、同じ実験や事柄をゼロから始める必要が無く、その分、次の開発時にスピードがアップします。
 
なぜなら、少なくともこの種開発と無関係な開発をすることが少なく、その関連や、その延長線などの開発が


主体になる。

そのため、ある工程までは、前回の資料で対応できるのです。

その延長線から始めると、この時点までの期間、費用は必要なく、そのまま延長部に突入することが

出来るのです。

是は、開発関係者にとって、最高の贈り物です。

◎その意味で、成功失敗にこだわる必要が無いのです。

ただし、初期の開発の目的が達成されず、趣旨が異なるため、その開発プロジェクトの失敗は、

其れなりに責任は、取るべしです。

①でも次の開発に活かせるのだから、ガカkリする必要もなく、開発の成果を厳しく評価する

こともないのです。

②勿論、開発に成功することは、最高のありがたさですが、そのことに固守していると、

次の開発にあだ花となるケースもありうるのです。

それは、この開発の成功に自縛され、その扉をぶち破る力はなくなるのです。

③成功体験の怖さです。

◎時代は、スピード優先ですが、市場の状況と開発のスピードのころあいが時の、タイミングです。

①少なくともこの開発品とその周辺の技術が連携されているのか?

②単独の分野やなのか?

③ある商品の改善案なのか?

④ある装置の代替の機能の開発品なのか?

など、その開発品の用途にも、大きく関係します。

⑤総合的な背景を勘案する。

など開発全体を観察しながら、シュミレーションして進むべき道の再確認をすべきなおです。

それでも、開発品は豹変する市場で失敗に終わることも多々あります。

あなたは?

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。




  


2018年12月10日

開発関連のBLOG、サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

開発関連BLOG

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

ベンチャー企業、中小零細企業の自社ブランド収得の道筋


⑪-126

情報⑥-4

◎今日から、大テーマを、[開発関連BLOG]として、掲載します。

調査は、何にごとを始めるにも、最初にすべき事柄です。

それは、目的、目標、計画、実行に直結するからです。

①足元を確認する。

②ライバルの有無を調べる。

③市場規模の再確認を、いろいろな資料をベースに総合的な資料にします。

④市場は、日々変化している。ただし、顧客の好みに合致するには、半歩先を目指す。

⑤少なくとも、概略に企画、計画に対比しながら調査します。

 やみくもの調査は、無駄と浪費と虚しさだけが残ります。

⑥日々、各種の情報の変化のチェックも活用する。

 それに伴い調査項目の変更を視野に入れる。

◎最大のテーマは、ベンチャー企業、中小零細企業で自社ブランの確率が為されていない企業がターゲットです。

①下請け企業からの脱皮げ最終命題。

②自社技術のUSP(ユニーク、スペシャル、ポイント)は、日々、確認しる。

③自社USPにそれなりに評価、対価がなされているのか?

確認する。

④少なくとも、自社ブランドの確立へは、独自技術、ノウ・ハウが必要です。

それがなければ、その確率、あるいは入手を検討する。

◎人材の整備、基本は、この企業のトップの系絵方針であり、そのリーダとなる経営トップの

能力です。
①なければ、ある人を採用する。(ヘッドハンテング)

②倒産か、自社ブランド確立への投資か?経営計画の最大のテーマ。

③時は、人も、企業の方針も待たない、

④スピードが最大の力。

⑤世界が市場、それは人材も同じ。

◎やるべきことがら、

①トップ覚悟、


②社員への徹底

③資金の確保(金融機関を説得する素材の確保)

 それは、知財の確立、確保、が最大の説得材料です。

④人を説得するには、目に見える素材が必要(見える化)。

あなたは、どの立場ですか?

社員、トップ、経営責任者、開発責任者、製造トップ?

企画課トップ?

社員ですか?

自分一人だけ、

それぞれの立場での役割を明確化する必要があります。

私は、あくまでも、最終的には、自社ブランドの確立です。

そのブランドの大・小は関係ありません。

ぜひ、これが企業、あるいは開発者のやるべきことです。

まずは、決意を。


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。




  


2018年12月07日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-125

情報④-4

◎snsやインターネット、およびラインなどで、瞬時に最新情報が入手できる時代

①少なくとも、開示されている情報は、だれでも、見ることができるのです。

②しかも、真実か、記事だけなのか?真意は?

③世界が1次元での開示になり、時差レベルの違いである。

 それも、24時間であるなら、時差など無視できる。

④秘密の情報の漏えい阻止には、今までにない手段が必要になる。

⑤需要度合いを初期から設定して、その確保、格納に方針を決定しておき、対応することが重要である。

◎少なくと、ノウ・ハウは、書籍で、いわゆる、[モノ]として保持する確保が重要です。

 これなら、外部に漏れるのは、本人、以外は、盗まれたか?誰か内部のものが、勝手に開示したかです。

勿論、それほどの重要な情報は、責任者が確保手段を設定して、漏洩を防ぐ以外ないのです。

 多分、モノの製造法のノウ、ハウ、例えば、コカコーラのように、3人しか製造ノウ・ハウを知らない。

それも、この3人は、同じ場所に同席しない。

即ち、同じ飛行機にはぜったのらあいなどのヒミツ保持と維持に努めているのです。

◎最近の産業界は、情報の戦争であり、一端、表に出れば、世界の果てまで瞬時に拡散する、

同じ情報が世界を回るのです。

是は、経営上では、まさに、うっかりの情報開示など許されるもの得なく、経営の根幹がひっくり返る事態になるのです。

◎開示は、一気加勢に、必要な情報がすべて開示される環境を思うべきです。

①開示前に秘密保持、ノウ・ハウ、知らしめるべき組織、顧客、機関など設定して開示する。

②万一の際の手段も、考慮しての開示とする。

③権利関係,取引系、グループ関係などのネットワークは、日々、確認しながら推進することです。

④新製品の使用、ノウ・ハウは、その周辺の応用も含めてがんじがらめの先手を施す。

⑤業界、政界、世界の動きを考慮に入れた開示タイミングの設定を行う。


◎開示後は、すべて赤裸に分析されると心得るのです。

①まさかの抜けは許されない。

②業界の連携もほどほどに構築しておく。

自社ばかりは禁物。

◎情報開示には、ストリー性と、チャレンジと、タイミングのセット行うこと。

あなたは?

まさに、赤裸にされると心得て開示する覚悟が必要です。

◎それが嫌なら、徹底して秘密主義に徹すること。

①これは、非常に難しい環境です。

②情報は、経営をドンデンがえす可能性もある。

③人材の流出に歯止めに苦労する。

④まさの、社畜でなく、社会の人材とみなすべき。

恐ろしい時代です。

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。

勿論、出向きます。現場第一です。




  


2018年11月28日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、市場⑧-3

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

市場⑧-3

⑪-118


◎市場

これは、社会の変化と、構成人の変化、および国際関係の変化で、大きく変貌する。

特に、構成人の変化は、趣向も好みも、発想も、あるいは、人生の方向性にも大きく変化が見れらる。

しかも、市場は、日本人の中でも高齢者と若者で、全く違うのです。

これには、販売方法、価格、陳列、運送などと地域性も加味する必要が有るのです。


◎市場の見極め

是には、見込み客情報の獲得にも、違いがでるのです。

①アウトバウンド型の手段、例えばエベント出展、ダイレクトメール、など、

②インバウンド型の手段として、WEbサイトやセミナーなどとの併用して必要な情報を

継続的に発信し、見込客から企業に問い合わせるような仕組み、適格な顧客獲得法など、

③無料のセミナーで必要な顧客に直接に情報を届ける手段などです。

◎市場の変化

これは、世界市場、国内市場と地域別に市場にも変化があり、構成人口の年齢にも大きく左右されるのです。

最近は、高齢者の買い物客へ市場が出向くのです。

いわゆる、移動販売が多く活用される時代です。

特に、コンビニが近くの市町村の高齢者、買い物できない世代に限定品の展示型移動販売車で定期的に

運用する方式で、しかも、時間割的な配送での必需品の展示です。

勿論、商品情報、この移動販売は者がマーケテングと顧客志向を同時に収集する活用法です。

それは、まさにダイレクト配送に近い市場の移動です。

◎一方、都会の郊外には、大型店舗の展開と、都内にこじんまりとした店舗の展示、

および都会でのびっくりドンキー的な煩雑、多様で安価な商品の展示で顧客を獲得する市場なども脚光を浴びてきている。

それらは、食料品だけでなく、嗜好品、生活必需品まらリフォーム受付までも展開してきており、店なるシステムが

大きく変化する時代です。

◎あなたの企業は、どこの位置しますか?

超えは、客のいない市場へ[餌]を垂らしての、それは無駄になるのです。

これは、いつの時代でも同じですが、撒き餌がいるのか、魚が最初からいるのか?

それとも魚と餌を同時に呼ぶのか?

色々な手段をとる必要のある時代です。

◎それは、新規参入者にもチャンスが有るとのことでう。

すべて、変化は、市場開拓の大きなエネルギーです。

万博しかり、オリンピック叱りしであり、このおおきなエベントに便乗する市場があるのです。

あなたは?

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。







  


2018年11月16日

コラム 水晶 太郎 、 、企業譲渡

コラム 水晶 太郎 、 


企業譲渡の話

◎今朝来た友人が、企業譲渡の話をしてくれた。

それは、ある10名位の従業員がいる株式会社の企業であり、市からの委託事業を

本業としている。

そして、そこの管理部長の定年が来年3月で、そく退職とのこと。

ココの社長は、82歳の創業者です。

◎この社長の展望


それは、この企業を譲渡して隠居したいのです。

その価格は、1億、あるいは5000万円位だと予測していました。

勿論、社員は知りません。

それに、このトップの子供たちは、別の同じような企業に従事しており、

その人に相続させると、思っていたのですが、急に譲渡の話。

◎年齢的なことと、相続などの件から、譲渡も思いついたのだろう。


しかも、年間の利益は500マエンくらい、10年で5000万円、

それに比べると、譲渡価格は、算定できるのです。

デモ、1億では採算的に長すぎます。

それらを総合すると、3000万から5000マエンが妥当なのかも?

◎ならば、だれが経営するのか?

それは地元の同じような産廃業者おり、そこのトップが運営するのと、庄内地方の企業にその地域の事業を任せるのです。

それは、地域の活性化と新規な農産物の開拓に役立てるのです。

その可能性が有り、出資する人もいるのです。

これは地域的にバッテングしないし、技術の移転も図れる好ましい話なのです。

デモ、まだ、この話は緒についたばかりであり、その行くへは?

デモ、世の中、いろいろなストーリが有るのですね。

◎現実の企業活動での面白さ、

彼は、この種ネタの提供とそのジョイントをめざす、ブローカ的な人です。

それゆえ、楽しい話、大変な話など種々雑多のネタを持ち合わせ、その中から成果に結実するものが数件、

でればそれなりの収益です。

◎でもその成功率は低いのだと。

それで、貧乏暇なしと笑っていた、

この楽天家が、このような仕事を受け持つブローカーになったのだろう。



半分うらやましいのと、大変さを感じる。

あなたは?

この話の展望は最後は農業法人を設立して農産物を拡販すると、その収益は半端でないのだと。

まさに夢物語です。

デモ、この種臭い話には、何にか、[オチ]が有るかも?

そえは、今後の展開を見てみましょう。  


2018年11月05日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、経営者③-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

経営者③-2

⑪-103

◎経営者は、企業の全責任がある。


しかし、中に勘違いをする経営トップがいます。

それは、すべてが自由気ままにできると勘違いするのです。

それは、経営が順調なら敢えて口を挟みませんが、経営は火の車では、

それは、社員も企業も明日が心配です。


◎経営者は、全責任が有るのです。

即ち、社員の将来、家族の将来、企業の将来も一新受け持つ、責任が有るのです。

それは、身震いする責任感です。

なのに、いい加減な責任感での経営は、まさに奈落の底です。


◎責任あるトップは

これは、地道に起業し、業績と社員を見ながら着実に前に進めるのです。

其れには、夢と現実のコラボがあり、社員もやる気になるのです。

その先頭の旗振りは、経営トップです。

その旗に未来を予測する企画・計画があり、明日が読めそうな感じなのが必要なのです。

あと5年とか、後10年頑張るべーくんでは、夢も希望も散ります。


◎トップは野望の持ち主であり、かつ現実も見据えた実行者です。

社員は、トップの1挙手も見逃さずに見ているのです。

何所に隠れようと、だらかが見ているのです。

そこで、おおピラにやるべきことを開示して堂々と進めることが、社員の協力も自分お進捗も

解り、ますますやる気のアップです。

あなたの企業のトップは、どのような人?

やる気満々で、実行力があり、成果もあるトップですか?



現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。















  


2018年11月02日

エッセイ ドンキーマカセ、開発関係者のBLOGゼロにがっくり

エッセイ ドンキーマカセ、

開発関係者のBLOGがゼロに近いのかも?


◎HPで先日,BLOGの中に開発者向けの悩みなどの記事の有無を調査

それで、HPでのBLOG検索では、ゼロの回答でした。?


①課題設定にも問題があったのか?

②開発関係の人は、悩みがないのか?
 
仕事内容、

人間関係


他社との交渉

社内での関係

上司と部下の関係、

など、開発関係者には、本業の秘密事項が多く、なかなか表に開示できない

事案がおおいのかもね?


でも、特定のmailであれば、秘密は保持されるはずだし、余りのも具体的であれば、


◎その支援者、相談者に出向くべきです。

勿論、遠方ならそれも無理ですが、それは、その人における価値判断です。

私なら、出張の帰りに、あるいは休日などの予約をとり、Face To Faceを基本に

考えてこれまで、行動してきましたが、あなたは?

それは、強要できるモノでないが、mailだけ、電話だけでは、やはり


ものの真意がつたわりにくいのです。


◎課題解決には、第三者の見解は、そく参考にならずとも、自らの思考にヒントや反省の機会を

与えることになるのです。

◎まったく無駄はありえないのです。


是非、あなたが開発者なら、本業の中身の相談は、業種があり、バッチリの支援は無理なケースが

殆どです。

其れで、概念に関する相談とか支援と加、参考意見などが有効だと思います。

少なくとも、第3者の見解は、意外と貴重であり、参考になるのが多いです。

◎あなたは、課題、悩みなどあり得ない。


凄い人です。

デモ、必ずそのような時期がくるかもね?

その際は、

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。




  


2018年11月01日

コラム 水晶 太郎 、秋は季節だけなのか?人生の秋(飽き)は?



コラム 水晶 太郎 、

秋は季節だけなのか?

人生の飽き(秋)は、ありえるのか?


◎天童市の愛宕山、舞鶴公園の紅葉

久々に、近くの愛宕山公園に昼の休みに出かけて、紅葉の現状を

観察するとことにしたのだが、舞鶴公園は沼の周りの桜の葉が落ち、その周囲の山はまだ紅葉にならず、

中途半端な色です。

一部もみじのある高台を見たが、薄黒く、真っ赤な赤でなく、

一寸、がっかりでした。

 一方、愛宕山の山頂は、ほとんどの桜の葉が落ち、周りの木々の葉も、

落ちて、枝と幹だけの姿でした。


これは、ほとんど見る気もなく、通路が落ち葉で敷き詰められていた。

今年は、真っ赤な紅葉が期待できないのかな?

◎山形県総合運動場へ

毎年、チョウの葉が黄色く色づき、長い黄色のバージンロードの通路を

醸し出すのです。


今年も、そろそろと思い、公園を見た後に、事務所に戻らず期待して出かけた。


既に、周りには見学者、写真取りなど、車が通路の脇に20台位止まっていた。

銀杏は黄色くいろづき、ハラハラと落ちる葉っぱもありました。

でも、2列の銀杏の通路が見えたのだが、そのうちの1つはまだ、葉が青く、期待はづれ、

もう1つの通路は、まさに黄色のバージンロードでした。

でも、昨年来た時より、一寸、色が、あるいは葉が薄く感じた。


やはり紅葉は、赤のもみじが無いと、一寸、紅葉の景色をイメージしにくい。

そこで、この通路のそばにもみじの木があり、半分くらいが真っ赤なもみじになてちたのです。

これは、両者のコントラストが最高だと、感じて写真に収めた。

私は、真っ赤のもみじが、大好きですが、今年もあえるかな?

昨年以上の赤のもみじに、

銀杏の木々を見ると、秋だ、実が落ち、独特の臭い、これで、また春まで冬眠なのかな?

人生の秋は、冬眠は?

何故か、季節に惑わされ、人生の今を、考えたくなる。

秋の日差しは強いです。

もし、悩みごとあれば下記に 、mailを



現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。




  


2018年10月31日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、反省⑩-1

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-98

反省⑩-1


◎何ごとも、企画・計画・実行の次に反省がある。

反省の中には、①成功と②失敗と③後悔があります。


①成功は、次につなげる嬉しい活力です。


②失敗は、何が失敗の原因なのかの追及が先決であり、失敗の結果を気にする

必要が無いのですが、この失敗の結果がもたら影響に恐れをなすのです。

でも、失敗は、同じ失敗を繰り返さないための試金石なのです。

③後悔は、それは誰しもがありますが、長引く必要もなく、また、後悔は取り返しのつかない後悔など

ありえないのです。

 後悔と反省の違いなど、勝手に決めたのは、自らであり、それを超えるのも自らお力です。

その意味では、無反省は、次のステップのチーカーラにはなりませんが、反省して何をどのように

改善するかによって、さらなる発展のエネルギー源になるのです。

◎私の見解

私は、日々反省の連続ですが、他人の見解を参考にすることもあります。

でも、その人の人柄など日々の発想などを詞っておく必要があります。

やみくもに人の見解を参考にする必要など危険すぎます。

◎あなたは?

◎反省のまとめ

まず、企画計画がなければ、実行もなく、成句失敗もありえないのです。

日々、生きている限り、これらの繰り返しです。

それがビジネスなのか、生活上なのかの違いはあります。

 でも、それらは人生の継続であり、やり方などは、その人の資質が損まま現れるのだろうと

予測します。

発想の原点がおなじであり、結果も同じなはずです。

日々の反省は、次のステップのエネルギー源と心得ると、楽しくなります。

ぜひ、これは自己反省と組織の反省が有りますが、目的が異なり、


それぞれの責任についての責任は、自己と組織にあり、対策もそれぞれの思いにより


ことなりますが、失敗の原因追及と改善であり、次の目標の際の注意事項の配慮が

付きます。

ぜひ、さらなる発展を期しての企画、計画。実行へチャレンジする日々です。

  


2018年10月26日

コラム 水晶 太郎、フイルムからレタス?

コラム    


水晶 太郎


フイルムからレタス?


これは、文化放送の The NewsMasters TOKYO「マスターズインタビユー」

での放送内容をINSAIGHT NOWで記事したものの

一部抜粋です。


「それはフイルム農法」の一つであり、フイルムの上で野菜を育てる技術です。

このフィルムが土の代わりであり、水耕栽培との組み合わせです。」


この技術を開発したのは、平塚市にある[株メビオール]で181年間の赤字を顧みず、

チャレンジしてついにフイルム栽培が完成して、

全国で150か所、10万坪の栽培が実現していると。

ただし、これは、ハウス栽培であり、初期投資にハウスを構築する費用が掛かるのです。


さらに、砂漠地帯でも生産可能なフイルム栽培です。

海外では、中国上海、インド、ドバイでもフイルム農法が始まっている。

この発想は、森社長によると、ステイーブ・ジョブスの言葉から、

[先端技術は生物学と交差するとところから生まれる。]

なお、全世界100ケ国で、特許を取得しており、実施料で収益をあげている。

なお、資本金は1億円弱です、

あなたも、この粘りが必要ですが、18年の赤字の説得ができますか?


これは、私の目指す企業像ですが、このような変人は、この地にいますか?




  


2018年10月24日

コラム 水晶 太郎、開発者は情報が欲しいのか?ほしくないのか?

コラム、水晶 太郎、



開発者は情報がほしいのか?ほしくないのか?




何事も、情報が最優先であり、スピードでその価値がゼロから数万倍になるお化けです。

よって、自らが欲しい情報にいかに早く、往きつけるか?

或いは、どこにあるのかの発見が最大の価値です。


ここに情報網の力の差が表れるのです。

それも、どこのだけなのかによって、その情報の価値も雲泥の差になるのです。


でも、これにも価値評価にそれぞれの判断がバラバラであり、一概に結論付けられないのが厄介です。

 たまには、こんな個人に、このような素晴らしい情報が有るなど、予想だにしないことに出会うと、まさに砂漠の中の

ダイヤ発見です。

 其れに出会うことは、やはり日々の無駄な行動で、情報を収集していてこそ、出会える運命に気がします。

あなたは、情報をどのように評価していますか?

一般情報は、あふれるほどありますが、その中に、自分が、あるいは自社が欲しい情報がどこのあるかのサーチは、

最大の力なのです。

 でも、中小零細企業では、その価値が理解できず、放置するか、一寸、触手をのばすが、その価値が理解できず、

結局、情報の有効活用ができないのです。


 それは、日々どのような情報が必要なのかを把握しておらず、一派ひとからげの見方なのです。

我々は、これが必要だの目的が明確でない。


それは、経営企画・計画が明確でなく、しかも、社員間でも周知徹底しておらず、漫然と日々の作業に、従事しているのでは?

 其れでは、目的もなく、必要な情報も判別できないのです。

その意味でもトップは、我が社の目標、目的などの企画・計画を周知させる必要があり、それが情報価値の判断にも

連結するのです。

まさに、これからは、情報戦争といいますが、ソフトが有れば、モノはどこでも製造できるのです。

ココに、最大の注意を払う時期です。

あなたは?  


2018年10月23日

サガセームスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、、知財担当④-1

迷い道・獣道へのチャレンジャー、
⑪-92

知財担当④-1


知財担当は、日々、最新のニュースに敏感であるべきなのです。


それは、自らの技術分野に限らず、全方位的な意味合いでのサーチが必要です。

情報の最終選択は、その都度ピックアップするにも、情報源がなければ、選択幅が狭くなるのです。


それで、異分野の技術などは、特に、注意して自社の技術分野に展開できる道が有るのか、ないのかの選択をする必要が有るのです。


勿論、直に応用できる技術など、ほとんどなく、それにひねりを加えて、現実の自社商品に、展開できるのです。

そのままの技術移転では、実用化になるケースがほとんどないのです。

勿論、同じ分野の商品なら可能性ありますが、独自性に係る感じがします。

やはり、先駆者との違いは、必要です。

それが、開発者であり、それをサポートする知財担当の責任なおです。

開発者は自らの技術に頼りすぎたり、頑固になるケースが多く、それを打破するのは、知財担当の新規な情報提供です。

すると、彼らは、あるヒントを日々頭に描いているので、それに引っかかると、思考が回転するのです。

ところが、この起爆剤を自ら導入することに、引けを取る思考が有り、なかなか、他人の技術、思考の採用に踏み切らないのです。


ココは、柔軟に採用することが、次のステップへ大きく歩むのですが、固辞の性格が進歩を阻止するのです。

それは、自己理解しているが、なかなか素直に認めないのです。

其れでは、自らの殻からの脱皮ができないのです。

ジョブスのように、異分野との連携や、現状の反対など、奇想天外な発想が新規な技術と新規な商品が生まれる原点なのです。

其れを、知財担当は、隙間なくホローして保護し、自社権利として確立するのです。

ただ、権利は寿命があり、その終焉する前に、次の技術に基づく、新規な商品の開発が不可欠です。

特に、最近は、ベンチャーなる企業は、権利などの実施料での経営を目指す経営者が多いですが、権利には寿命があることを理解して

企画計画する必要があります。

ベンチャーは規模的に、資金的に弱く、大企業のある企画計画ではひとたまりもなく飲み込まれるケースがあります。

権利が万能でなく、その製造法の[ノウ・ハウ]が最大の武器になるケースも出るはずです。

あなた企業のガード手段は?  


2018年10月19日

エッセイ、ドンキーマカセ、、開発投資家は、いないののかな?

エッセイ、

ドンキーマカセ、

開発投資家はいなのかな?


これは、特に、最近感じる状態です。


それは、昨年、9月に権利化した特許がありますが、個人発明家なのですが、


サンプル機がありますが、特許登録されたこの権利に、だれも、問い合わせがないのだと。


まさに、宝の持ち腐れです。

でも、この権利が,宝であるか?の判断は、投資家がするわけであり、

その目がなければ、無断権利なのです。

ならば、どのようのにPRすればいいのか?

個人発明家では、資金もなく、自分から呼び込む力もなく、待つのみの姿勢です。


ところが、年間40万件くらい公開される特許公報の中から、如何に探すかは?

至難の技です。


特に、注意してサーチしていれば、見逃しもないのでしょうが、それ以外はほぼ、見過ごすことがほとんどです。


私も、目的を持って調査しますが、ズバリの権利などに到達しないのです。

その単語の中でも、1字でも違うと、リストに書き込まれず、見のがすのです。

 それくらい、シビアな調査なのです。

それで、日々、いろいろな情報から模索する必要があり、そこまで調査する投資家は、いません。

 少なくとも企業なら、日々、把握しており、ライバルも調査しており、漏れは、あまり気にしないのです。

ソレハ、個人は侵害などでの訴訟などあり得ないからです。

 そして、結局は、権利の有効活用など個人権利者には、厳しい現実です。

あなたは、開発したならば、どのようにしますか?  


Posted by ターさん at 16:04Comments(0)知財サプリ開発サプリ経営サプリ

2018年09月19日

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE、 開発者の苦悩、

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE、 


⑪-74

開発者の苦悩


個人開発者は、ほとんどが開発資金に四苦八苦している。

それでも、開発品が商品化されれば、一応、成功絵あり、満足感も得られる。

でも、利益は?それが生まれないと、開発は、自己満足になるのです。

いわゆる、趣味の領域なら、それでも良いのですが、生活、あるいは、一生の仕事となると、それは、無謀になるのです。

 でも、世の中、誰かが着手しないと、何も始まらないのですが、時が来ると自然に周辺の技術もそろってくるのです。


これは、単独のむずかしさなのかも?

でも、世の中に製品として、販売されている商品は、開発品の1/1000位かもね。または種類により、1/10000かもね。


それくらい厳しいものなのです。

だから、リスク回避として企業が資金を提供し、それを元手に委託開発を受けるパターンが多くなるのです。

それでも、委託開発を受けられるモノなら商品化の可能性があると見かけるからで。



しかも、企業もゼロからの開発はベンチャー期だけであり、それ以降はやはりリスク回避を考慮しながらすすめるのです。

なお、企業の場合は、利益を得る商品とリスク用の開発品を会計上区分しており、企業の屋台骨がぐらつくような

資本投資はしないのです。

 ところが、個人開発者、限度が夢中になると夢に負け、とことんつぎ込む傾向があります。

特に、年齢が高くなると、そのリスクは多いです。

それは、先行きを考えるからでしょうね。
あなたは?

  


2018年09月18日

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE、特許出願依頼のスケジュールは?

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE、特許出願依頼のスケジュール

⑪-73


これは、開発の最初のタイミングで行う仕事です。


それは、世の中の技術レベルと自らの開発した、あるいは、発想と対比する意味でも必要です。

調査方法には、特許出願調査、一般市場の調査(HP等で)、それの、業界調査が付加されるとある程度、市場

概況も把握できます。

そして、市場規模、ライバル名などマーケット自体の現状が把握できます。

そこで、自らの発想したアイデアをまとめてみて、①目的、②構成、③効果、④特徴などをピックアップして

このアイデアは、の全体像を見極めます。


 さらに、特許公報などの調査から、対比表をつくり、既存の発想と、自らアイデアの違いを明確化します。


すると、新規な項目、効果の有無、構成要件の違いなどクローズアップされます。

 そこで、業界の常識から来る組み合わせ程度の判断の付加して、これは権利化の可能性ありと、

判断した際に、特許事務所を訪ねるのです。

 すべておんぶにだっこの依頼は、やはり、子供を育てる感覚での対処が必要です。

その結果を踏まえて、今までと、異なる構成、効果、特徴が明確化で来たなら、出願すべきです。

ただ、自分に甘く、よく目での評価は?

 やはり、第三者の評価が基準です。

客観的な評価が基本です。

 あなたは、日々入り色な場面で新規な、あるいは似ている、そっくりな度の事象に遭遇しませんか?

せめて、世の中のマーケッテングを自らするくらいの精神状態が欲しいですね。

あなたの観察眼は?  


2018年08月24日

エッセイ、 ドンキーマカセ、開発か?商品化か?

エッセイ、

ドンキーマカセ、


開発か?商品化なのか?


研究開発に長年従事していると、時々、がっちゃになる。


それは、大企業のように事業計画と責任部所が明確であり、それらを統括する部署すら存在する企業では

まったくありえない話なのです。


 ところが、ベンチャー企業、零細企業で自社ブランドを維持している企業では、その境目が?


昨日まで研究開発品が、今週末には商品開発へコンバートされ、その結果次第では、直、商品化の号令です。


是が現場の実態です。

 この繰り返しを約20年位経て、ようやく落ち着いた商品開発ができるのです。

それは定番商品が経営の基本を支えており、万一の際でも経営に直結しない仕組みです。

 このケースでは、開発商品と商品開発を兼ねてもいいのです。

 試販売、試作販売など、いろいろな企画で関係者的な業者に試していただけるのです。

万一、課題や不具合が有っても、市場に出ず、この場で対策をとるのです。

そして、解決後にすぐに市場へ、あるいはお蔵入りのケースもある。

 其れで若い研究開発員は、スピードの意味合いを誤解することもあるのです。


なぜ、あれだけ急がせたのに、この状態は?

今更ながらあきれるといいたいのでしょう。

 でも発売は市場やライバルや、企業の都合などいろいろな要素を総合的に勘案してから日程等を決めるのです。

試販売はそれまでですあが、販売と銘打てば、もはやある期間は販売し続ける必要が有るのです。

それは、メーカの意地とライバルへの目せしめしです。

損得貫くのがち勝負です。

 この経験は、開発陣にとっては、試練ですが、それ人財を育てるのです。

危機管理、市場のコワサ、ライバルの鋭い目など、隙間なく観察される市場の顧客と施工業者、問屋などすきまなく

網が巡らされているのです。

この網を突破してこそ市場での優位性を得るのです。

研究開発と製品開発が同時スタートの感じが有る開発がベンチャー企業等であたりまえです。

 この厳しい市場環境での対応できずにライバルを倒せるはずがないのです。

それが〇○企業は約昭和51年依頼、死守しているのです。

この現実の基礎、根拠は、知財主体の経営です。

 その思想が継続されているのです。

これは、大企業といえども同じ土俵での競争です。

 それでも、無謀にも、戦いを挑む企業がありますが、---これは飛んで火にいるのーーーの

諺に値するのです。

あなたの事業は?どの位置に位しますか?


そのポジションに応じた対処が原則です。

あなたのポジションは? 


  


2018年08月24日

コラム、水晶太郎、名前が?

コラム、

水晶太郎

名前が重要?

是は、あまり気にしないで使う名称ですが、特定するの最適な言葉が名前、いや呼び名です。

商品では、商品名であり、人では苗字と名前です。

 ここで、商品に関しての識別を取り上げるのですが、あまり重要でないと思う人も多いのです。

特に下請け企業のトップ等は、もともと識別されるものがないと自ら思っているのだといえる。

 でも、単なるる加工でも、[呼び名]をつけると何是か、独立した商品い思えるのだす。


例えば、○○加工といえば、普通の名称、きさげ加工、旋盤加工、フライス加工、でもこの代名詞として自ら企業での呼び名を付け加えれば、

 その同じ加工でも、○○企業のモノだと、認識できるのです。

それで、まず、下請け企業は、〇〇加工と依頼先、呼び名をにしみこませるのです。

少なくとも、1年以上繰り返し、包装等にこの呼び名を印刷して、それで包装し、 依頼先の相手に渡すのです。


 コスト、まさにほとんど無視できますよね。

 それで、識別される効果が出れば、まさに安価な企画です。

まずは、これを実行して、自社の意識を高めましょう。

あなたは、出来ますか?  


Posted by ターさん at 10:48Comments(0)知財サプリ開発サプリ社会サプリ

2018年08月24日

サガセ―ムスベNEWテクをOne-One

サガセ―ムスベNEWテクをOne-One

⑪-58

創業トップの苦悩

トップは、ベンチャーから零細企業、そして中小企業と企業の成長を最大のテーマで突っ走ってきたのだ。

その為、家族は、両親のいない環境での成長となり、世話は、祖母がすべて見ていたのです。

 その代償が、両親の犠牲で成り立った創業です。

其れで、子供たちは、高校になると、東京へおばあちゃんと一緒にでて、東京の高校に進学したのです。

それは、子供に教育も放棄した感じですが、2人の男の子は、優秀で有名大学にストレートで入学したのです。

 しかし、トップは、いつまでもこの状態、いや経営状態を自らのすべてをかけて維持すべきか?

悩みが出はじめたのです。

 これには、奥様にも相談できず、一人コンサルや業界の人とたとえ話で判断を仰いでいたのです。

でも、この悩みにこたえる人がおらず、自らの判断で選択肢を模索し始めたのです。

 社員へのバトンタッチ、金融機関へのバトンタッチ、商社へのバトンタッチです。

それぞれ、一丁一反が有り、判別は、結局3年間にわたり、これまでの経験と信頼感から、商社のルートを本格的に

模索し始めたのです。

 ○○商社は、操業時に提携した企業であり、信頼性は抜群です。

それに、市場環境がグローバル化しても対応できる商社との条件も備え、ほぼこの1社に内定した感じです。

でも、商社もそれなりの判断基準があり、なぜこの企業は当社に経営権を委譲したいのか?

其れで、この商社の徹底的な調査が入り、○○企業は、丸裸にされたのです。

 それでも、商社は納得しがたく、なぜ何故の疑問だけが残るのです。

現状のままでも経営は、十分維持できるのに?

譲渡の意味が?

 でも、それは、だれも経営権譲渡に疑問をもつ経営内容でしたから。

約2年位及ぶ内部、外部調査から、商社は決断したのです。

しかも、破格の安い価格で経営権を譲受したのです。

 この決断には、トップの子供達への譲渡が不可能になたことが最大の決め手だと思います。

それに、社員の中に、創業トップに変わり、企業を成功させる能力に疑問が有り、皆断るのでした。

あたり前の結論です。

 ここで、創業トップは、肩の荷が降りたわけでなく譲渡後、しばらくの期間は商社経営の行く末を見ていたのです。

あなたは?

これが創業経営トップの生き様です。

 まねできますか?  


< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ