2012年08月30日

ある女経営者

以前も一寸、触れたことがあるが、凄い才能とアイデアと学識とあり、将来の夢もビジョンももちあわせている。しかし、一人で起業は厳しすぎると思うが、そn危険性を察知して、税理士や公認会計士は、口を揃えて無理して起業するなと諭洲、いずれもがブレーキ機能である。敷かし、この経営者はまだ、決断が?それは結論を要求されている事案が多々、あるのになしのつぶての遅れの夏休みを平然と取っている。それは誰もが夏休みを享受して楽しんで来たのだから、当然の行動である。しかし、経営トップは日々、闘争(常在戦場---治にいて乱を忘れず)の心構えの少なさに気になる。トップは24時間365日が勤務の環境と認識すべけである。それが約1週間もなしのつぶては関係者の対応がストップする。しかも、事前の連絡もなしでは、垂れ流しの感覚に感じる。これは直に面会した際は、守るべき項目のトップにあると上申することにしている。勿論、当方は約束は守りの大原則であり、信頼性の確立の登竜門である。少なくとも事前に行動の外郭だけでも予告しておくことが支障が無い範囲で知らせるべきと思う。さて、このトップはいまごろ海外で羽根を伸ばしているかも?でも帰国したら山積みの課題の結論要請が目前に立ち塞がる。これにはその任の重さを改めて感じる筈である。しかし、このレベルの課題に対処出来ずには起業の発展飛躍、成長など期待できない。さて、連休明けの行動が楽しみだが?  


Posted by ターさん at 15:37Comments(0)経営サプリ

2012年08月28日

ポンプは面白い部品

先日、ある零細企業のトップとお会いした。彼は年半前に、ある話しの誤解から絶縁状態で会った人です。それは当方も間違いが合ったのですが、、経営トップなら開発の権利化に初期的に有る額は常識と思っていましたが、これが出願から権利化までのトータル料金だと誤解しており、そえなら話しが違うと凄い剣幕で煽りたてる始末でした。勿論、そのような事例はあり得ず、法的な闘争でも勝つ自信が充分あったのですが、あえてそのまな中止にすることにして疎遠になっていましたのです。そこから急に知人を介して℡があるとの連絡でした。やはり、すぐに℡があり、開発品があるからきて欲しいとの話しであった。勿論、すぐに出向きましたが以前の話しは全くなかったように対応してくれたし、当方も勿論、おくびにも話しを出しませんでした。過去を振り返って蒸し返しても意味が無く、気分を双方が害する以外ないからである。その開発品が、用途の広い微量ポンプの開発でああり、なかなか基礎知識だけでなく経験がないと図面が描けずそして機能をCADでシュミレーションして図面化し、試作して設計図と現実のポンプの機能を比較して動作を確認するのである。これは予測からの図面化であり、その指示道の建て方は、やはり頭の中に図面が展開されているから出来るモノだと思いましたが、これは試作費用の削減と正確な開発を同時に達成できる優れもの(人)である。このような達人が独立して起業した時代が最高に可能性が有ったのかも。それにしても独自の能力を持つ人は、どんどん開発こそが命の発想は変わらないのです。勿論、現在は下請の部分が9割ですがいずれは自社の独立した商品が無いことには、勝ち残れないとの思いが有るからである。之こそがに歩の展望の証である。





  


Posted by ターさん at 10:54Comments(0)開発サプリ

2012年08月27日

新商品開発は、最大のテーマである。

最近の新聞、TVではサムソンの825億円の損害賠償のNEWsが流れ、権利侵害でアップル社の勝訴(1審になったと。しかし、これは氷山の一角であり、それぞれは知的財産を軽視する嫌いがあるからである。無から有の発想でできた商品はそれなりの開発と試作と市場調査とオリジナルアイデアが含まれた結果である。それを人まねする事自体間違いでないが同じような商品は、大間違いであり、その延長線を研究開発して以前の商品より優れた性能、違った方向からのチャレンジなど新たな発想が基本に有ることが最重要である。其れこそ創業者利潤を独り占めできる原理である。これは裏を返せば、それなりの危険性や苦労や優れた知恵とアイデアが存在したからに他ならない。それをものまね主義が第一の発想は、いずれ悪玉の代名詞になると思う。これからこそ新規な発想が既存の原理方法の組み合わせで生み出す手段である。企業の規模は無関係に成るはずであり、国の安定化もこの1点につきる。開発投資こそが国、県、市、企業、零細企業のチャンスである。それを之までの延長線の感覚で下請けや自動車、電子部品などのにのみ目を向ける経営トップは淘汰の道へ。オリジナル商品(隙間)を自ら発想して新たな新規市場を作り出す絶好のチャンスと捉えてチャレンジすることの価値と可能性は図り知れない。勿論、コンサルも必要で有る、先行投資をケチると計画の達成が遅れるし、最適人材も得られなくなる。是非、肝の命じて下さい。  


Posted by ターさん at 15:23Comments(0)開発サプリ

2012年08月27日

世の中は変化する、諸行無常は?

最近、政治・経済、国防、国境問題、どさくさ紛れの戦争終結時の網処理案件など、又、国内は消費税増税、公共投資の強化でインフレを招くこと、選挙での政権交代、しかも呉越同舟かも?国民は何を指針に銭亞tくしべきか?特に、一般市民は目の前の課題には、正しい回答をするが、近未来や将来の展望に対する判断を求めると、殆ど間違いが多いと。将来を見通すには、基本データからの予測とその人の先見性の能力による基礎データが、思考データが正しいかである。それには指揮官となる人の思考過程や之までの主張など三校になる資料が必要である。これらが正確な資料であるかの判断をどこがするのか?信頼できる第三者機関の見解でもあれば、まだしも、それでも偏った見解に思われるので結論は各自の之までの情報収集能力と判断能力を加味した総合判断による敷かないと思う。世論は、以前と異なるメデアの力で形成される事が多く、このまやかしの世間情報を識別判断する力を新聞、TVでなくツイター、feceブック等で流しその判断傾向を読みとり、それに自己判断を加味すればほぼ正し諸行無諸行無諸行無常常常い方向性が得られる気がするが勝手な情報発信のため、各自の判断力が問われる。しかし、世の中も人も諸行無常である。変化のないモノ現象はこの世には無いのである。それに気づくか気づかないかの差だけである。現代の国情では将来に明るさが期待できない。最後の危機的状況まで落ちないと立ち上がらない国民性に、大きな変化が欲しいですね。  


Posted by ターさん at 15:07Comments(0)人生サプリ

2012年08月02日

どのようにして直近の世での勝組へ編入するか?

今日、午前中、昼から東京の大学病院での明日の診察のために出かける社長に発明の内容野の追加分を解明するため出かけてきた。そこで、疑問点や不明な点は解明することが出来たので本業の仕事はそれでひとまず完了した。しかし、この企業のトップが焦る理由は、自分の年齢と社員の資質の関係で今の内に単独のユニット商品、部分加工でない。を構築しておけばこれから5年後10年後の期間は現在の製造業が大きく様変わりしようとも生き残れるからその原資づくりの思いで発明に力をいれている。今まで、約30数年大型部品の加工を専門に受けてきたがとてもそれでは独自性が出せず、価格家定見もゼロに近い。やはり有る装置のユニットだけでも所有することが出来れば、それは価格決定権のある自社ブランでである。そのことがようやく痛切に感じてきたようである。当方は起業以来、此の目的のために地元からの自社ブランドを目指す企業の発掘に全勢力を注ぎ込んできたのですが、殆ど猫に小判、カエルに小便の感覚でした。しかし、今回この社長のように自ら心構えを変え、自分の生命の起源との競争になって痛感する事になるとは?それでもpこのような中小零細企業は、隙間をつく技術分野の商品を完成させ、その用途も含めてのPRを図ることが商品の売れ行きや今後の市場展望に大きく関係するとアドバイスしてきた。やはり大きな装置も各ユニットの組み合わせであり、それぞれの役割が明確であり、その機能に優劣を競うことがこの種企業の生きる道であると。しかも、医療や介護などの身近な商品の特殊機能分野はこれらの企業の得意とするエリアである。これは速く気が着けば生き残れるがそれ以外は淘汰の道以外あり得ないのである。この社長は東京での手術が完了しても約5年、長くて8年の予測が出ているが?勿論、本人はその気に成っていないが現在の年齢や体調の状況から有る程度は察知して居るようだが?  


Posted by ターさん at 15:48Comments(0)経営サプリ

2012年08月01日

どうやってこの歴史的変革の状態を気かせるか?

最近、地元の製造業関係の景気は、自動車関連以外は激減の一途を辿っていると。東北と関東では工賃が半分位まで安価に成っている話しをよく聞くが?日本全体の景気動向は上向きとのマスコミや政府のデータであるが?信憑性が?データそのものは、平均値のレベルであり、地域地域の零細企業などの実績は、殆ど繁栄されていない。しかも、大手は海外への大幅移転屋、本社の移転、関連会社の海外移転と日本空洞化の流れが急速に進んでいる。しかし、景気動向は、景気回復、求人倍率アップと?事態との孵りが気になる。しかし、時代は世界的に見ても大きな流れの過渡期に成っていることは事実である。世界経済を牽引してきた日本、アメリカ、欧州は下降線であり、その力が減収の一途である。ならばこの現状をストップさせ更なる進化を図る以外、日本の明るい未来は思いつかない。その手段は、ものまねや、アメリカや欧州の技術や商品の改良レベルの時代では現状を打開できず、すでに、中国や他の開発途上国もそのレベルに到達している。観光などは国上げての改良品や既存技術活用の商品化へと大きく舵を切り替えている。しかし、これも日本が辿った道と同じく成り、いずれ行き詰まる。その打開策は、これまでも何回も繰り返したが一人一人のオリジナル技術の発掘、研究開発であり、それを育成する手段の整備こそが日本の未来を築く最大の重要施策である。それも一人ではなかなかモチベーションが上がらず小企業単位にそれぞれの経営形態にマッチした形でのコンサルが一番現実的である。何もせず停滞を見守るジイとしていたらあすはのたれ死にか生活保護予備軍である。若者や30,40,50才代が何のチャレンジもなく只時を過ごすむなしさは因果報応のお釈迦様の理論になる。個人コンサルで対面コンサルが各人のやる気のアップに直結すると思えるが、それがこの時代の対策の1つである。




  


Posted by ターさん at 15:08Comments(0)経営サプリ
< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ