2017年07月18日

開発人生は、全エネルギーのつぎ込み

起業家の人生


思いを行動に


彼は、農林科を卒業後に○務員へ就職したのですが、このポジションは、実質


民間業者相手のポジションであり、社会の荒波をもろに感じる課であります。


そこで、年齢に関係なく、接待やせきににゃ指導の権威をもつものでした。


何せ、お役人様です。



そのため、アルコールや接待ンぼ場所、組織の長など自らのポジションより

高いレベルの人々の接する機会に恵まれたのです。


是は、人生経験の縮図をこの時点で経験できる貴重な時間でした。

それで、自らの人生と自らの敵職のサーチに係るのです。


是は、20歳で自らの将来を検討するなど最高の環境です。


しかも、生きたモデルを見ながらです。

それは、人間操作術を身につけるきっかけです。

多分、同じ世代の若者は、日々の生活のエンジョウイに精をだしている時期です。

この経験は、やはり自営業へと舵を切るのです。


それに組織にそぐわない性格に気が付き、早い時期での決断ができた要因と思います。

でも、その息子たちへの考えが、抜けた気がします。

トップの両親任せの教育になり、トップ自らの教育は?

勿論、母親(ナンバー2)だと予測します。

起業に全エネルギーを注ぎ、起業=成功が必須の条件のような感覚でしたと思える。

果たしてそれが、正解かは?

息子たちの現状を見れば、回答が導き出せるかもね。

でも、それ位のエネルギーをつぎ込まなければ成功はありえないのです。


その意味では、人生を賭ける。

その一言です。  


< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ