2012年04月27日

一寸硬い、歴史の開示の話し

知人から2000年に「日本帝国政府情報公開法」が米国で制定され、これまで機密とされてきた過去の重要書類が一般公開された。当時、早稲田大学教授の有馬哲生が渡米し、それらの機密ファイルを閲覧した。驚くべき事に、そこには、正力松太郎がテレビを手段として日本に親米世論を形成するために、米国諜報機関のCIAと深い関係にあたことが記されていた。と。敗戦後米軍は日本各地に駐留して治安を維持した。連合国総司令部(GHQ)による統治であると。昭和27年GHQが撤退すると、代わりにCIAを中心とする米国情報機関が対日背政策を主導したと。これらの情報機関による日本支配計画として採用されたのが、TV放映である。目的は日本人が親米感情を持ち続けるように、日本人の心をコントロールすることだったと。TVは日本人を遠隔操作するための装置とも言うべきものだったと。明治時代には、多くの新聞社や通信社が乱立したが、政府の弾圧により殆ど潰された。政府に追従する大手新聞だけが生き残った.戦時中、大手新聞社は軍部の言論統制に積極的に協力し、日本国民の戦死者をました。戦後は、大手新聞社等のマスゴミ(間違いでない)は、GHQに忠誠を誓い、先般として裁かれることから逃れた。以前の地位に復帰することをGHQに許されて、マスコミ界を支配した。主人が日本軍から米国に代わっただけのことであり、現在も日本のマスコミの上層に居座っていると。そして、日本人の知性を鈍らせ日本人の牙を抜き、日本人から愛国心を奪うと。マスコミは、民間の1企業に過ぎないのに、客観的であり、公平であり、中立であると言いながら、偏向報道をする。それでも、テレビや新聞には、ジャーナリズムの正義が残っているとい思いたいと、しかし、調べて見ると、客観、公平、中立な報道などされたことがなど1度も無いことが解ると。マスコミ報道の常套手段に「叩き」があると。GHQの配下としてスタートした検察の捜査の可視化に手をつけようとした小沢一郎。鈴木宗男のロシアとの独自パイプの阻止、マスコミは「客観、公平、中立」とは無縁だと。米国の良いなりの野田政権は?多分、徒労に終わる。米国にとっての小沢無罪は想定外かも?へ次の手は?マスマス、疑惑だらけのマスコミに対して真意を見定める目が要求される。と思う。  


Posted by ターさん at 12:10Comments(0)社会サプリ

2012年04月27日

気楽なたまり場は?ただし、新商品、雑談、人間関係発掘

最近、気楽なたまり場、勿論、遊びの溜まり場が目的でなく、新産業、新商品、新たな人間関係構築、そして気楽な情報交換の場が近隣に見あたらない。すぐに会費制とか、何らかの拘束がある。それは規律を守る意味では必要であるが、余りにもその締めが厳しいと何故か、気楽さが無くなる。勿論、お茶するにも、コーヒを飲むにも、お湯を沸かすにも、照明を灯すにもそれなりの経費がかかる。しかし、そのレベルの負担はそこに集まる人からすれば、当たり前の感覚で負担に成らない。原則は場の確保である。それも大部屋では、課題が多い。精々6人以下くらいの集まれる空間があれば充分である。そこに集まる人は、何かを求めて来るので自然と首記に関する雑談、相談が座長のいる無しに関係なくわき上がることが最大の目的である。このような助走場所が、公的な場所では肩ぐるしいし、私的な場所もピッタシの場所、部屋が?しかも交通の立地が有る程度良くないと、一寸の時間ぐらいでは立ち寄らないすぎる。それらを満たしそうな場所の提案を模索しようと発想した。それは大家さんのボランテイア的な貸借が合ってこそ可能な話しである。それが可能な気がする。まずは、試行期間として5月連休明けから、1ヶ月間、実施してみてその価値が有るのか?を見極める。勿論、首記のような事柄に、或は別の事柄でも良いですが新規なことがらにチャレンジする興味のある人、関心のある人は立ち寄ってみて下さい。気楽が前提です。尚、この部屋の借り主が留守の時は責任上、無理になると思う。又、駐車場は自分で近くのスーパーなり種々の施設があるので発掘すること。もし、これが意味のあるようなことがらであれば、いずれある団体にその設置の可能性を心みたいですね。勿論、気楽と無料、世の中の常識の遵守が原則です。場所は、(有)知的戦略研究所のある場所です。  


Posted by ターさん at 11:33Comments(0)経営サプリ

2012年04月27日

80過ぎたら急にやる気が湧いたと

先日、ある経営者とランチを一緒に食べた。その話しの中で、この元トップは、最近、80過ぎたら何か事を起こさないとと、にわかにやる気が湧いてきたと。その目的は地域に関するブランド化発掘を目指すことであり、その手段のネタも準備し始めている。しかし、このトップの発想には、これまでも人の後を追わない、誰もがやらない事柄にチャレンジする癖が若いときからあると。その過去の実績の産物を視察しながら人のやらないことをやってきたと。それで、今回は最後のチャレンジの感覚らしい。勿論、当方もその流れに巻き込まれているが、何時も懸念しているのは、このトップが仕掛けだけして、その責任を取らない姿勢に違和感がある。現役時代は、多分、全て責任は自分が取るとの発想でチャレンジして、それなりの成果を上げてきている。その実績は冠たるものである。けれど、この年齢からくる巻きこまれる者は、結論を予測する時間的制約を懸念する。それでもマスマスやる気の塊に一寸、話しだけの臭いもしないでもない。なぜなら、此の種年齢の人は、最後に、必ず【年だから】と逃げ口上を言う。それでは、関係者は、みな疑念を持たざるを得ない。しかし、いずれ金融機関を巻きこみ行動に移す話しでしたが、その金融機関は、このトップの性格をよくしてしるらしいので具体的に現実化するか?ただ、この気力、やる気は今の若者、中年、定年後の人に肌で感じてもらいたい気がする。気力溢れる言葉や、情報収集力、集客力などは、他にない希有な力がある。この流れを見ながら、暫くは具体的な行動の一巻に巻き込まれるのもワクワク、ドキドキする機会を共有する場があるので、その他の行動にも影響すること、間違いないから。皆様の周りに、この種人間がいたら、多いに見習うべきである。チャレンジは死ぬまでの発想の持ち主である。  


Posted by ターさん at 11:09Comments(0)人生サプリ

2012年04月26日

右のほほを叩けば、左のほほうが叩かれる実話

之は、先日それなりの企業の出来事であり、公にはされていない話しのようである。その話しによると、その企業は、以前はライバルとそれなりの付き合いで、可もなく不可もなくマアーマアの関係で同じ業界で競争していた。勿論、先発ぺーカーが優位なのは当たり前であるが、必要な知財も確保していた。ライバルも負けじと開発して知財の収得も重ねているが、その力の違いは歴然であり、10数年にわたり勝てる相手ではなかようだった。その環境の中でも、トップ同士は,和やかな話し合いの環境つくりに心を砕き良好な関係で推移し,争いは担当者レベルでの話し合いや裁判でも解決手段を決めての訴訟のように想像する。そしてこの環境が急変したのは、トップ企業の以前のトップと担当責任者のトップの交替である。すると、新たらしく就任した責任者トップは、前責任者等がこれまで抑えてきたライバル企業に訴訟を起こし、争うことになってしまったらしい。勿論、相手は対応して裁判沙汰に成ってしまったようだ。数年の裁判の判決で有る程度の金銭を獲得してトップ企業は関係者皆、笑顔万便の雰囲気であったことでしょう。これは、この担当責任者を指揮する責任者も、この分野の素人であり、担当責任者も裁判経験が無く、しかも業界全体のお互いの繁栄を願わず、自社のみ優位の感覚を維持すれば、それで万全の発想におもえる。しかし、技術開発は日進月歩であり、全ての商品がライバルより優れた商品を上市できる分けでもなく、ライバル商品より遅れる商品もある。しかも、トップ企業は、人まねをした商品を発売する企業体質でなく、ライバルは人まね大好き(そうならざるを得ない)の企業である。そこで、先ほど書いたように訴訟により以前の関係を踏みにじられ、その上、訴訟で負けては、相手は黙っている筈もない。何らのしっぺ返し模索するのが人情である。法人では個人以上に責任者の感情は煮えたぎる。それでも勝てる可能性のネタがなければ我慢やるせない感情のままである。しかし、相手があその餌食になるネタの分野に参入すれば飛びかかるのは目に見る。予想したように、現実になってしまったようだ。これからの経緯を見るしか結論は無いが、少なくとも企業の目的が何か?裁判に勝ち、損害場をとることか?それと相互の協力の中に業界が発展して業績、市場占有率のアップを図るのか?1社では無理な市場拡大である。それがある商品で後発のメーカに成ってしっまった、トップメーカはこの商品分野の餌食になり、裁判自体が名誉を汚し、対価の支払いは、以前の成果の帳消しだけでなく、イメージのダウンと担当責任者の目先の無さ、現場対応で、長期の経営感覚の弱さに疑問を抱かせる。其れで、担当責任者は、平平凡々らしく、事務レベル対応の処理らしい。もし、もし小生がこれを担当していたら、これは大失態であり、以前のしっぺ返しを予測する。これは最後まで争うしかなく、今後もことある毎に争いが起る悪環境になる。開発どころでは無くなり、その開発テンポも牛レベルであり、多分、開発が衰退の一途を辿るかもと。これは、開発を止めた方、あるいは劣る方が淘汰されるが市場競争の原理である。貴方はどちらの戦略、戦術を採るかで、将来の展望が?
  


Posted by ターさん at 14:54Comments(0)経営サプリ

2012年04月26日

商品開発の基礎の確立が?

昨日、ある零細企業(下請が主体)のトップの自社商品開発の意欲に感心するが、その基本が殆ど為されていない状態だ。新規商品の顧客は、発売市場は、価格帯は?ライバルは?などの調査が行われず、あるキー部材があるのでそれを活用して新規商品を開発、販売か?或はキー部材の売り込みで濡れてで泡の発想が主体であり、リスクのかけらも意識しない感覚に?勿論、投資対効果からすれば、一番やり易い手段であり、それで新規商品や部材売りで売り上げが上昇すれのであれば、最高の選択である。さて、それが現実になるかは連休明けには判明するが?この場合でも結局は、他力本願になる浮き草稼業に代わりはない。下請の根性が抜けないことが今後の商品開発に、大きなネックになると予測する。しかし、これはこれでの感覚にも唖然とするが、現状では、相手の考えを確認することが先決で蟻、その方向がはっきりしないと選択方向が決まらない。このクラスの企業ではそれで良いのかもしれないが、果たして、一回は成功する可能性も有るが、基本は自社での開発技術がゼロであり、技術の蓄積に成らない。それでは何回同じような事を繰り返しても算術の計算のみになり、商売で合って、メーカの根幹がアップしない。それも有る期間はやも植えないことでしょう。もし、当方がそれなりのコンサルをするには、やはり敵を知り、己を知り、その差別化の原点をピックアップして、市場での優位性や価格競争の回避などの優位点の発掘をコストとの絡みで算出する。それに新規市場の開拓が、最大のメリットであり。ライバルだらけの市場への参入は、価格競争が優先する。その上、法的規制もなければマスマス、そのエリアに巻き込まれるの出、その回避策を案出する。そして費用対効果とその後の開発技術との連携があり得るかななどの要点も加味する方策を具体的に検討し、それから開発をはじめる。拠って、事前準備にはそれなりの期間と費用が必要である。でも準備が万全で有ればその戦いは勝ちに至。これを収得すれば今回の開発経験には、一定の成果がある。ぜひ、開発当初からの参画がコンサルの原点である。特に、対面コンサル主体の当事務所は、



  


Posted by ターさん at 14:07Comments(0)経営サプリ

2012年04月25日

対面コンサルトは

このような名称の方式があり、セミナーから特定の顧客申し込みにより1:1で行うコンサルの形式であり、。顧客の課題に直結して相談できる効率のよい形式である。勿論、小生も立地の良い条件を活かしてそれを実施しているが、確固たる覚悟が無く、単なる相談のケースが多い。これでは実のある対面コンサルの価値を生かし切れない。やはり、相談するにはそれなりのテーマと課題と目的をを顧客なりの項目をまとめておく事が有効なコンサル効果になると思える。特に、開発の場合や経営と開発と開発投資の関係はシビアであり、中小零細企業、個人発明家とはそれなりの事前相談も意味のある対面コンサルである。この地からの新規商品や新規なビジネスソリューションの流れの構築には実行の繰り返しが不可欠である。それでもよく開発の意味を理解し、かつその果実のうまさ、ありがたさを知っている関係者は、またの甘さを楽しさを噛みしめたくチャレンジするものである。これは経験者が感じる至福の幸せ以外はお金に換えがたい感覚である。生まれてきたからには、一生の内で1回でも全国にその存在を知らしめるすばらしさを噛みしめる名誉欲も達せされる。これは特許出願が一番、確実であり、しかも先進国に同じ情報が提供されるものである。勿論、その内容に拠っては企業化の申し入れや実施権の申し込みなどの副次的楽しみもある。又、企業に取っては自社ブランドの商品化に向けた下請脱皮の力にもなりうるものである。是非、対面コンサルの体験をお勧めする。何事も行動して初めて解る事が多々ある。机上や想像は実施前のプランであり、その効果確認等は行動の結果からしか確かめられないのである。小生はこの地からの新規創業者の発掘が最大の向く的であり、地域活性化にも役立つ。目先に右往左往している場合では無く、先行投資の開発が企業経営、個人のやりがいにも通じる貴重な能力である。なぜ、これを殆どの人は特別な人の能力のように感じているのか?誰もがもつ能力であることを再度、考える機会になれば有りがたい。地域からの創業を期待してコンサルを行っている当方として、多いに活用することが、今後の可能性引き出しに役立つと思うのです。勿論、個人能力だけでは、限界があるが、知人の連携が多々あるのでその点も期待に添えるはずである。宣伝になるようだが、知らしめる手段が少なく、敢えて、PRも含めます。まずは対面コンサルにでむくことが始まりである。




やはり  


Posted by ターさん at 11:08Comments(0)経営サプリ

2012年04月24日

集客出来る人、出来ない人の差は?

実際のコンサルでは、集客の可否が事務所経営の達成に大きな要因になる。しかし、セミナー屋と言われる人が五万といるが、本当に必要な人に必要な導き方をしているのか?特に、実質的な泥臭い経験のないこの種人達は、机上の知識の組み合わせで上手に組み合わせた話しや手段を開示して雄弁な話しで解ったような気にさせるテクニックは最高にうまいかも?しかし、目的が達成する時までの関係が無ければ、一過性の相談で蟻、お互いに期待する事自体、難しいかも。それでアドバイザー、やセミナーが悪いは、お互い様のような奇がする。何事も一気に目的に到達する事案は、限られている。特に、新規な開発や事案は、具体的に行動して初めて課題が明らかに成るケースも多々ある。そこで、単発のアドバイザザー制やセミナーには限界がある。最近、素晴らしい案内が来たが、それがタイトルの続きに【それは1mm】の差だと。さて、これは何処にその違いを発掘できるかこのセミナーを聞くしか無いが、これは東京でのセミナーであり、しかも、セミナー集客のプロ中のプロである。しかし、これはセミナー企画を重ねていくと必ず発見できる要に感じる。このセミナープロの何処かにそれを解く、鍵が有るはずだが数日のPR記事やその広告記事に隠れている筈である。暫くはこれを紐解き、今後のセミナー開催のタイトルにする積りである。この1mmに何が有るのか奇々怪々であるが、単純は表現であると予測する。今後のタイトルから発見することで経験から来る実体験でより身につくはずである。本当に開発や市場調査、顧客開拓には課題山積であり、業種に関係なく単純は人間の心理をつく筈の表現である。人間は、感情と衝動の動物であることが鍵になるはずっだ。  


Posted by ターさん at 15:41Comments(0)経営サプリ

2012年04月24日

無関心な人に明日はないかも。

最近の若者、老人には、目的のはっきりしない風あいぼうの感覚の人が相当数いるらしいと。これは、一番おそれる現象と思う。無目的の生活は、ムダ以外無く、怠惰な生活に増し倉の恐ろしい状態である。しかし、本人はその精神状態の恐ろしさが殆ど解っておらず、ただ、平平凡々と生活しているかも。若者は親の臑をかじり、老人は年金で生活しているが、最も危険なむ目的は病気や精神異常を招く根拠になるかも。まずは、何でも良いから始めることで、好き、嫌が解り、次のステップにスタートできる。その為には、知人や友達、など誰でも良いから相談して見る機会のチャレンジが必要である。それは人間は【字】のごとく、一人ではいきられず、集団でのみの生活が必要なのである。勿論、寝食を一緒にするだけが集団で無く、集まって始めることが有ることだと予測するが?その意味ではこの連休などもそれなりの計画が無いと非常に厳しい時間の浪費が待っている。さて、どのような計画が企画されているか?①自分の自宅の補修点検、②自宅前の畑や借り地に苗を植える準備、③行楽、④山歩き、⑤温泉三昧、⑥旅行、⑦ドライブ(数人で)、⑧夢想時間?時間が長く一寸やりすぎかもね。⑨セミナー参加、⑩今後の人生の企画書創り、⑪職業訓練、⑫ボランテア、⑬その他有るが、まだまだ数限りない目的の行動パターンがあるのに、それすらも無い場合は、極めて要注意かもね。何でも良いからチャレンジの機会を、その意味ではコンサルへの相談も意味があると思うが?ただし、補助金で成り立つコンサルは?かも。まずは地域の産業活性化の狼煙に限るが。  


Posted by ターさん at 11:23Comments(0)人生サプリ

2012年04月24日

蜷局の首見えず

一般にトグロを巻く蛇の頭は、雑草や雑木の小枝でなかなか発見できない。しかも、見つかったときは時既に遅く、噛みつかれるか、危うく逃げるかの状態に直面する。それ位に蛇の頭は、判別し難い保護色である。これはは虫類の事例であるが、人間社会も同じような現象が多い。それは蛇のようにトグロをグループで巻けば、認識されるか香、危険信号の認識であり、良い意味で無さそうな感じである。しかし、トグロは人間社会ではその核は、個人が頭を持ち上げる行動から始まるが、先ほどのように本人が意識して保護色に変色していないが、その他の大勢から認識されなければ、頭をもたげていても無視される。即ち、発見されず、踏みつぶされることになる。蛇は噛みつきや脅しの行動を取るが、人間はその行動を表現することが下手である。そこで、このような個人がトグルを巻く、場の設定がひつように思う。それも気楽に集り、その内にある目的のグループにまとめて、それぞれの目的を達成するチャンスの選択場の指標、あるいは参考意見や、無駄な人生の反省と再出発の場など、幾らでも目的がある。いずれにしても藻目的の人生や時間の無駄使いは、速くその切り替えのギアチェンジを図るべきと思う。是非、その機会の選定に価値が有ると思う。国、地方自治体、その関連団体は、補助金とそれなりのアドバイザーを用意すればその事業は完了の形を取るが。それは仏つくって魂入れ図の典型的事例である。補助金は誘導水の意味があるが、何時までも同じように捕縄金は本人達のやる気を削ぐ。良い事例が農業政策である。これに懲りず、未だ形を変えた補助金制度で名捨て金になる、必ず評価の結果が合ってこそ、意味がある。先ず、自前の努力も投資も無くては、覚悟の意味合いがはっきりせず、ざるの水くみに成る。今回のトグロの意味は、課題を持ち、現状の打開を目論むトグロを持つ人でないと頭をもたげることすら気づかないうゆでが得るかもね。先ず、第一は意志を行動で示すことを期待する。  


Posted by ターさん at 10:33Comments(0)経営サプリ

2012年04月23日

行動しない人は

まず、この連休も自宅で待機は、残念至極。まず、行動の拠点作を検討して見る絶好のチャンスかも?誰もかもが動きたくなる春、なのに行く目当てが無いとは?そこで、当事務所は最適な立地にあり、5人位なら集まれるスペースがあり、そこで計画的な行動スケジュールや事業プランの情報交換やセミナー企画やコンサル紹介や情報収集のための検討会や雑談から駒のネタづくりや、種類にかかわらず、多いに行動の起点づくりを企画します。まずは勝手な提案や言いたいことを並べて見ては?其れすらもない屍なら、そのまま眠るしかないかもね。先ず、人生とは何か?一生涯求め続ける道だと。これを固定してからの出発が心が右往左往しない。心が浮き草では何も課もが浮遊状態で蟻、スタートラインが存在しない。先ず、スタートラインは年齢に関係ないがやる気のないひとは、何処でもシャットアウトに自分からすることになる。ガムシャラの気持ちもこの時期、必要かも、その内に定まるモノが多い。何もないのが最悪の日々であるから、この課題から脱却するには人に会うことが一番、その集り場所に駅から、近く最適な規模の事務所があり、それなりの関係者も必要により準備できるし、悪までも他利の精神こそが再度の芳恩になると最近、否応なしに感じてきたようだから。自利は必ず縁切りになる先ず、与えることの感覚をお互いに掴む場所にする予定である。先ず、来てみる行動力を期待するが?それも無しは、全て無しであり、今後の道は空しかないのか?仏教の空でないが、先ず、行動とやる気をお互いに出しながら進むべき道の模索を始めることに価値があるが、さて貴方は行動は?それとも隠密は、あるいはカタツムリか?近隣の方は除いて顔を見せ合う事から全てが始まるが、以上。ですが  


Posted by ターさん at 16:36Comments(0)社会サプリ

2012年04月23日

鴻鵠の志

今朝、このようなmailが知人から入っていた。これは中国の秦の圧政に対して、仲間の呉広と共に反乱を起こした日雇いの百姓の陳勝の言葉であると。庭先の燕や雀には、1回で40里飛ぶ大鳥の気持ちは分からない。偉人といわれる人の考えは、凡人の理解を超えていて、解らない。カエサルも「人間は見たいと欲する現実しか見ていない」と言っていると。自惚れの色眼鏡で世の中を見ている自分の姿をしれば知るほど、自分を信じて進むことの危なさを知らされれますと。これは、よく言われる言葉ですが、それなら若者は、誰に相談すれば良いのか?全く知らない相談者の電話で相談するのは、上辺だけの相談であり、相談者も相談される方も事務的な、あるいは専門的な回答しかでないと。それは当たり前と思う。何せ、相手に関する情報が限られ、しかも面談していないか、しても1回では殆ど核心に触れない。有る程度の知り合う期間と回数が必要である、それも単に知り合うのでなく、目的のランチや歓談会や事業や仕事に対する会費制の情報交換会などえ知り合う回数を重ね、しかも目的は事を起こすか職業転換かなど岐路にまつわる関連にも有る程度知り得る情報が共有されるチャンスを創っておくことの重要性を感じる。自分だけの判断や、親の判断助言も価値が有るが、第三者の参考意見の感覚は利害を超えるので真意が含まれる可能性が大である。このような意味での少数(5から6人位)の集りが価値があると思う。勿論、核は年配者が好ましい。それは事業や経験、仕事、知人なども多く、さらに金儲けに直結するよりも地域の活性化の目的や地域人材の有効活用などに力点があり、運営も経費の算出れべるであり、その結果、新規なチャレンジや新産業や創意工夫が生まれる切っ掛けになれば、最高の価値がある、このような総人数座談会の開催を年代別、目的別、に創設するのも意味がある、悩める人が多すぎる最近、自己判断は極めて危険すぎる終着駅がまっているので、その前の止まり木的役割の楽しみの中に、進むべき道の選択の参考情報が得れれれば、それは極めて意味のある少数の集りの有効性である。多すぎると烏合の衆や、グループ化に成りやすく、本来の目的を失することが懸念されるから。少人数の集りグループの数を多くすることの方が本来の目的を達成できると信じる。その内、このような企画を約5グループ募集する事を検討している。参考意見があれば、御願いします。都会のみでのランチ会の開催は、田舎には無用と思えない。忌憚の内、参考意見をお待ちします。  


Posted by ターさん at 11:46Comments(0)人生サプリ

2012年04月20日

放射能被害は現実か

何時も、はっきりした情報を送信してくれる知人が、放射能の健康被害の報道に疑問を投げかけている。それは、火力発電の大量の大気汚染で日本では、WHOの調査で毎年3から5万人死亡していると。原発事故は悲惨だった。二度と起こしてはならない。しかし、直接の事故でのも、その後の経過でも、放射能汚染で死んだ人はいない。(発表されていない。)自動車の排気ガスの次の多いのは、火力発電所による大気汚染である。このまま火力発電所が増え、続ければ大気汚染による健康へのリスクも更に高まり、年間死亡者5万人を越えることは容易に予想される。それにも係わらず「火力発電は原発より安全」と言ってのけるなら、科学的な冷静さのに欠けると言われても仕方がない。思うに、福島の人にとっての最も心強い情報は「世界の放射能の高い地域の住民に、健康被害が全く見つからない」ということではないだろうか?ブラジルのガラバリやイランのラムサールでは、自然放射能が年間10ミリシーベルトに達している。インドのケララ地方では、年間70ミリシーベルトの放射のに達している場所もある。しかし、繰り返しの疫学調査では、放射能が原因とされる健康被害は見つかっていない。そうであれば、多くの放射能専門家が主張している「年間20ミリシーベルト未満の低放射線量の被爆なら健康被害をもたらさない」との見解も首肯できる。数値化されているのは、年間100ミリシーベルトの被爆でガンで死ぬ可能性が0,5%上昇するという予測である。通常ならあり得ない100ミリシーベルトの環境でガン死亡確率は、33,3%から33,8%に成ることだと。なぜ、反原発の主要な論拠になるのだろうか?反原発派は、「徐染は年間1ミリシーベルト以下に落とせ」という。マスコミはそれに同調して、結果的に年間1ミリシーベルト以下」に除染目標を切り替えた。それがどれだけの除染費用につながるのか、彼らは考えたことが有るだろうかと。ゼネコンの策略なのだろうか?それとも、集団ヒステリーである。そろそろ、ヒステリー状態から脱し、全方位から冷静に考える時期かもと、貴方はどのように思いますか?貴重な数値、現実から来る論拠に価値があるとおもう。  


Posted by ターさん at 11:31Comments(0)社会サプリ

2012年04月19日

ランチ開催て、意味があるね。

知り合いからの話しで、東京ではコンサルが主宰の会員制ランチが多用されていて、その価値が高いと出席者からの話でした。参加人数は、5から6人位で会費制とし、それぞれがテーマについてコンサルや他の参加者からのアドバイスや参考意見、雑談、余計な情報などを約2時間から3時間くらい開催していると。勿論、参加者はそれなりの目的があり、コンサルの話しや他の参加者の話でその価値は充分に有るとの事でした。即ち、コミニュケーションによる交流の緊密化と他の参加者との交流が進むに従い冗談がビジネスに繋がることもありえる。これを主目的でなく、悪までもコンサルトの話し合いや他出席者の見方、考え方を観察して自分の考えや発想のチェックを行う機会をえると思えばよいと。しかも、利害関係なく、勝手に好きな見解を話すので、気分も良いと。それに単なる飲み食いで無く、参加者は目的をそれぞれのレベルで抱き、その糸口や、切っ掛け、参考意見を得られれば意味があると。勿論、何時も成果が有るのでなく、人間性の確立や共感の感動などの感覚の違いを肌で観察するには、安い参加費用との判断が必要と。常に参加者が同じでなく、異なることや偶に同じ参加者がいるのもありえ、非常に異業種交流の少人数の目的のある自立型企画が意味のあると。コンサルの役割は参加者の疑問や質問に参考意見を述べるか、もしその時解らなければ、知り合いの専門家からより正確な情報を収集して提供することもあり得る。山形の地でのこの種ランチは、参加者が限定される気がするが、朝食会などのような業務に支障のない開催も価値があるが、やはり参加者が2から3時間抜けても業務推進に課題が残らない体制作りにも役立つと思う。試験的なこのような企画をしてみる価値があると感じます。是非、参考見解を。  


Posted by ターさん at 11:36Comments(0)経営サプリ

2012年04月18日

mailの文字化けのアクセクの話

今朝は、ある相手に添付付の書類を送ったら、読めない。文字化けしているとのはなし。そこで、ある相手には文字化け、有る相手には通常の送信、何故か原因が?通信回線が同じ処を通かするとは決まっていないと。しかし、何故か同じ人には嫌われる通信回線にも好みが?いずれにしても?数回のトライでは?そこで、時間をおきましょうと打診を掛けました、明日は?それにしても何かの好き嫌いの恋愛に関する男女の関係に似ているのかな?これは神様がいるのかも?有る雑誌を見ていると医療から見放された人が有るとき神様か?手術台で手術をした夢を見たが実際は医療処置はされていなかったと?今回の通信回線の話しは、一般的に多々ある事案か?それにしてもこの種ソフトに疎い小生に取っては全くの右往左往する始末であり、指導者の指示に従ってマウスを操作したが結論は、ダメでした。これは明日に課題の結論が出ると信じていますが?多分mailを扱う若い人はお手の物かもね。暫くは?明日の朝は楽しみです。課題を持っての明日は、人生の結論と異なり、他人任せ、成り行き任せの感じであり、一寸面白そうですが・  


Posted by ターさん at 16:30Comments(0)面白サプリ

2012年04月18日

恐怖の夜、春眠暁を覚えずの春なのに

よく、寝れない、とか睡眠不足とか、夜が怖いとかの話しがあり、近くの知人も夜、すぐに目が覚め、眠り具するのお世話になっていると。しかも、毎日のように癖になると。これは健康的に?の気がする。普通、布団に入るとすぐに寝付く人が多いように思う。自分も層だから、しかし、何故か寝付きが悪い人や、寝れない人が春には季節の影響と人生の岐路等で悩みで寝れない人が多く成るのでしょうね。そこで、寝るときには能はα波がでて深い眠りに入りやすいのだと。特にα波は心に揺らぎの作用が有るらしく、眠りにつきやすい環境になると。それは受験生にも役立つらしく、潜在意識に記憶されるのだそうである。このα波の発信器が発売され、これと音楽を組み合わせて眠りにつくと、ぐっすり眠れるとの情報である。最近は不眠症の人達や受験生の家庭で使用されて喜ばれると知り合いの販売者が実例を挙げて説明してくれた。もし、そのような悩みの人がいえば、最近発売された新型のα波、発信器を手頃な価格で購入されると、眠れない不安や、恐怖から回避できるチャンスかも。まずは、個人用では、手頃な価格の5万円以下の器機があり、行動を起こして試す価値が有りそうです。眠りに勝る健康や精神的安静はあり得ないかと思います。是非、お試しを!  


Posted by ターさん at 11:42Comments(0)人生サプリ

2012年04月18日

恐怖の夜、春眠暁を覚えずの春なのに

よく、寝れない、とか睡眠不足とか、夜が怖いとかの話しがあり、近くの知人も夜、すぐに目が覚め、眠り具するのお世話になっていると。しかも、毎日のように癖になると。これは健康的に?の気がする。普通、布団に入るとすぐに寝付く人が多いように思う。自分も層だから、しかし、何故か寝付きが悪い人や、寝れない人が春には季節の影響と人生の岐路等で悩みで寝れない人が多く成るのでしょうね。そこで、寝るときには能はα波がでて深い眠りに入りやすいのだと。特にα波は心に揺らぎの作用が有るらしく、眠りにつきやすい環境になると。それは受験生にも役立つらしく、潜在意識に記憶されるのだそうである。このα波の発信器が発売され、これと音楽を組み合わせて眠りにつくと、ぐっすり眠れるとの情報である。最近は不眠症の人達や受験生の家庭で使用されて喜ばれると知り合いの販売者が実例を挙げて説明してくれた。もし、そのような悩みの人がいえば、最近発売された新型のα波、発信器を手頃な価格で購入されると、眠れない不安や、恐怖から回避できるチャンスかも。まずは、個人用では、手頃な価格の5万円以下の器機があり、行動を起こして試す価値が有りそうです。眠りに勝る健康や精神的安静はあり得ないかと思います。是非、お試しを!  


Posted by ターさん at 11:42Comments(0)人生サプリ

2012年04月18日

恐怖の夜、春眠暁を覚えずの春なのに

よく、寝れない、とか睡眠不足とか、夜が怖いとかの話しがあり、近くの知人も夜、すぐに目が覚め、眠り具するのお世話になっていると。しかも、毎日のように癖になると。これは健康的に?の気がする。普通、布団に入るとすぐに寝付く人が多いように思う。自分も層だから、しかし、何故か寝付きが悪い人や、寝れない人が春には季節の影響と人生の岐路等で悩みで寝れない人が多く成るのでしょうね。そこで、寝るときには能はα波がでて深い眠りに入りやすいのだと。特にα波は心に揺らぎの作用が有るらしく、眠りにつきやすい環境になると。それは受験生にも役立つらしく、潜在意識に記憶されるのだそうである。このα波の発信器が発売され、これと音楽を組み合わせて眠りにつくと、ぐっすり眠れるとの情報である。最近は不眠症の人達や受験生の家庭で使用されて喜ばれると知り合いの販売者が実例を挙げて説明してくれた。もし、そのような悩みの人がいえば、最近発売された新型のα波、発信器を手頃な価格で購入されると、眠れない不安や、恐怖から回避できるチャンスかも。まずは、個人用では、手頃な価格の5万円以下の器機があり、行動を起こして試す価値が有りそうです。眠りに勝る健康や精神的安静はあり得ないかと思います。是非、お試しを!  


Posted by ターさん at 11:42Comments(0)人生サプリ

2012年04月17日

無謀な開発品の要求に唖然!

゛1週間より前にある零細企業にミニ自社ブランド立ち上げのコンサルの要請に出向いた。その時は、ビジネスソリューションの話しを聞きたいとの要請でしたが、その前に必要な資料をmailで送付していたが、殆ど読んでいない。理解の度合いが?そこで、この流れの話しをするつもりでいたが、相談内容が商品開発がテーマにあり、その対策を問われた。それはある大手の一部商品を利用して次なる小物商品の新商品開発である。それを下請に打診、所謂、提案の要求である。しかし、その時は具体的な内容の資料を突然しめされてが、話しの内容と資料が不一致であり、より正確な課題の提示を御願いした。翌日、mailで資料が送られて来たが、昨日の話しと全く異なり、この日の午前中掛かって調査した仕事が水泡に帰する内容であった。勿論、相手には知らせず、商品提案者が異なると、課題が全く違い意味が無くなると話した。そして翌日、この商品の素材調達の為、調査した企業に、電話で打診したがとても無理な要請であったらしい。そこで、小生の知り合いの加工品メーカであり、かつ自社ブランドの市場に供給している企業のトップに新商品の概要のキーの部材の価格帯を打診した。すると、単価の桁が違いとの話しに愕然とした。少なくとも2割高いとか3割高いとかの可能性の数値を期待していたが、単価での桁では、そもそもこの要請はメーカのあるまじき好意に映る。何せ、下請けの経験しか無い零細企業に提案を要請するには度が過ぎる。しかも、ある開発企業のものまねを商品を大手のメーカの商品を一部活用して完成するようにとの要請だと。これは大手の要請すべき好意でなく、少なくとも先発メーカに迷惑が掛からないモノであるからの判断を提示しての新商品開発要請が筋である。そこでこの零細企業のトップに、このお手のその話しを確認して下さいと御願いしておきました。結論は?其れにしても無謀な要請がの判断も出来ないトップにこの話しは、下請いじめの臭いがするが?いずれにしても開発を余りにも軽率の考えているこの種、零細企業の未熟さに唖然とする。



  


Posted by ターさん at 16:25Comments(0)開発サプリ

2012年04月16日

厳しさ増す近隣の工場閉鎖か事業転換

近隣の工場では、リストラや配置転換やコスト競争などで現実は厳しさを増すばかりである。そこには、変人、変態人、馬鹿者などで表現される自社会での非常識の行動や発想をもつ人の重要は役割がマスマス、重要な指導者に当たる。常識の行動を取るトップ等は、いずれ淘汰の憂き目が時間の問題で迫っている。しかし、永年下請に徹しているととても時期の変化や景気変動レベルの感覚から抜けきれず、いずれは回復の兆しが見えると、安閑と経営や業務に徹しているようだ。しかし、これは「ゆで蛙」と同じ感覚に過ぎず、目の前に迫った危機を全く予知すること摺れ出来ない敗退者の姿である。震災後のこの時期は、パラダイムシフトの切っ掛けを提供してくれたと天からのおしかりを現実的に受け止め、まずは、自ら対象出来る範囲からすぐに実行する行動力が明日の産業や企業を救う事になる。まずは意識改革で新規な発想を身の回りから発掘してそれを具体化して発想がまとまれば、まず出願して権利の確保を図り、その後は本格的に開発に着手して、より具体化して商品化を目指し、市場のミニブランドを確立して顧客層の取り込みを図り、その裾を次第に拡大する経営戦略がこれからの経営指針である。経理が?の問題でなく、新規な分野の開拓こそが生命線であるよ。是非、課題の共有を!近隣の子会社は、メーカの地域工場から営業所に転換と?従業員は本来メーカの採用であり、さて身の振り方は?  


Posted by ターさん at 14:14Comments(0)経営サプリ

2012年04月16日

新産業とは?

今日は、これからの産業環境を見直して見ると、新規な新産業分野は、あるのかな?それも新規な発明、発見があってこそ企画、計画される産業である。しかも、そのネタが完成されてから具体化までも新規な組み合わせであれば有るほど、時間的な長さが必要となる。高齢者市場や少子化市場の額アップを狙ってもあだ花の期間である。また、震災復興景気は、次の産業を生む源泉になると最高に価値が有るが、単ある復興ではゼロからの立ち上げに近く、その後のエネルギー(燃料のエネルギーでない)が莫大に要する。いずれにしても、まず、若者の定職率アップの配慮と結婚の促進のため確固たる産業の育成が急務である。それは食糧増産の工場化、年齢に関係なく操作できる栽培建家、個人の楽しみと食糧の補填するものを育てる植物の栽培など環境やエコ思考、安全性の自己確保など本来の自己防護思考が最大の産業に成るかも?安全と安心だけの追求では産業に可能性や発展性が制限される。まずは、可能性に限界のない、所謂、青天井の産業構想が最大の構想である。それは、空間、時間の活用や個人レベルでの発想の具現化で先ず、裾の広げる運度の展開を図ることが急務である。先ず、現実の厳しい課題を共有することが事初めである。日本の先進国脱落の記事に、今更の感覚を抱の野は、自分だけ無い。マスコミも評論家も皆知っているのに口を閉ざす情けなさ。本当に国を憂うのか?現代風の独裁国家的思考が日本を救うのかも?
  


Posted by ターさん at 14:10Comments(0)経営サプリ
< 2012年04>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ