2015年04月30日

先見性のなせる恐ろしさ

先見性のなせる恐ろしさ
かつて、若かりし頃、同業者であった、ポン友の現状と自らの姿を対比した際の虚しさに声が詰まった。それは、小生の紹介のために訪問した企業のトップは体格だけでなく、発言力や、確信的な見解、会社の規模の凄さもやはり、群を抜いていた。それでありながら社員を増加させることなく、売上を倍以上にした実績にはその裏づけが滲み出ていた。しかも、説明に説得力のある簡潔な説明であり、これややはりわかりやすい話し方のモデルかも?しかも、具体的な職人の名義やネットワークに関してもぽんぽんと実名がでる。これはやはり頭にインプットされている証かも?これはその貴重な人脈と思えた。そこで名前が出た人をその後に尋ねると、やはりその予測道理の現状である。
  


2015年04月30日

職人は

職人は
先日、新潟の燕三条市に出かけたが、その目的はやはりかのものの街、燕三条を訪問して開発後に出願してようやく登録査定になり、今後は市場展開を目指すタイミングになった関係での訪問でした。さすがにトップの先見性のある企業は勢いが違い。衰退の分野は個人事業的な1か、2人の事業者であり、技術は手作業の繰り返しであり、生産量は測り知れる。しかし、この種、人間が存在しないと非常に困ることに違いない。でもこの分野はすでに自動機械に変換してきている。ただし、多品種少量生産には、やはり職人のエリアである。しかも、この種職人は、皆若く、元気である。しかも小金を沢所有しているらしいとのまんざら嘘でなさそうの話である。ただし、やはり工場や年齢や生産環境を見るに付け、やはり衰退以外は頭に浮かばない環境である。それでもこれら職人はあすの命がつくるまで現状のままで逝きたいと。それらを拝聴するとなぜか、生きる価値の話も?でも彼らは楽しく好きな仕事をエンジョイいしているように感じられた。この幸せはほかからは手に入らないすごい宝物のようだ。
  


2015年04月24日

地域の零細企業の自社ブランドの知財保護の現状に?

地域の零細企業の自社ブランドの知財保護の現状に?
昨日、知り合いの調査機関からの情報に基づき、アポを取り、この会社を訪問した。そして少数精鋭とは、このような企業かもと確信した。それは自社ブランドを約50年位、維持しており、その市場規模はやはり、あまり大きくなく、顧客は個人事業化か中小企業であり、一度機械を購入すると、ほぼ10年間くらい新規な機種に買い換えない。このような地域性の高い市場のメーカ向けのマシンは、この商品位マッチした生産量の能力で十分であるから、その能力にマッチした生産能力の機械と販売価格である。そこで、この会社のキーテクノロジーを確認すると、約15年前に開発した技術であり、これが我社の基本的な技術である。しかし、この技術は権利化されていない。それは地元の先生に依頼したが数回の修正を繰り返して特許出願したが、それでも出願人の技術思想がこの明細書には反映されていないのだと。しかも、その後の経過は,わからないと。これは出願人も悪いが、代理人の先生はもっと、反省、いや損害賠償ものである。しかし、出願人はそれすら行っていない。これは出願人も職務怠慢である。必ず、依頼される時は、得意分野は、職業の前歴は、などは士業の人には、出願人が自ら確認して納得して依頼するのが常道であるが、どちらかといえば、お任せの依頼状況である。これはなにごとにも言えますが、依頼するには依頼人のやるべき仕事がある。それはまずは、得意分野(専門分野)は、声までの今回の案件に関する経験は、など確認しておくべきである。でも最後は、依頼人がこの種士業の人を指揮命令するビジネスモデルが当然の流れである。それをせずに、全ておまかせは、依頼人の理解不足と損害は自ら受けるべき結論となる。それゆえ、はやりある程度の知識は習得する努力が必要である。勿論、それが厳しい時には信頼できる相談者を確保すべきであり、これこ粗最大のテーマかも?
  


2015年04月23日

零細企業のトップのつぶやき

零細企業のトップのつぶやき
昨日訪問した企業のトップは、設計が得意のトップであり、そのためにある開発関係の会社に就職して技能と技術を身につけると、ともに、自らの将来絵図(ライフデザイン)を予測すると、精々部長止まりの組織であり、同族企業のため、役員コースは望めない。そこで、ここでは技術、技能、人脈(販売関係、下請け関係)を主体に行動すると決めた。そしてある年数が来たので独立することを決断した。その時の経営方針は、まずは安価な加工を引き受けること、これは誰もがチャレンジしないため安定した市場である。即ち、継続が最大のテーマであり、社員や家族の安住の地を作るにはと検討した結果である。即ち、ライバルが来ない、安定市場である。ただ、価格が安いのである程度の数が必要である。そこで専用機も一部入れて付加価値をつける加工もしたが、これはあくまでもストッパーであり、それほどおいしい仕事ではない。それはいくら付加価値があっても、数が1、2、5台ではあまり期待できない市場であるとの経験からの安価市場への積極参入でした。現在振り返れば、やはり選択に間違いがなかったと理解している。それは中国等へモノづくりが移転しても国内でも対処でき、それで経営がなりつつのだと。これは選択肢の先見性にほかならない。改でこのトップを理解し直したが、現在の若者には、夢と好奇心があるのか?これがなければ行動の源泉になりえない。やはり楽な方向へ向かう。しかも両親が健在ならますますこの優雅な環境から飛び出す若者はいるか、いないのか?答えは決まっていると。しかも、自らの子供を見ながらの本音から発生する思いである。
  


2015年04月21日

なぜ突破する意欲のあるトップが?

なぜ突破する意欲のあるトップが?
先日、ある専門家の集団をまとめる事務局の責任者が来まして、専門家の登録の話をしてくれました。勿論、専門家登録のつもりでお願いしましたが、その内容を確認してやはり広告局の担当かと一寸、がっかりしました。それは基本的にはデストリビュータの役割だけであり、依頼された企業のシュミレーションや可能性への打診などほとんどできないメンバーである。これはやはりマスコミのある部局に振り分けるためやもえないのかも?でも専門家の派遣だけしても、それは、その場の課題に向けた対応の話であり、基本的には全体をみた支援にならない。それも国の支援があるので事業として成り立つ現状に何故かモノさみしさを感じました。すべてが補助金付かと思いたくなる事柄の事業であり、それはやはり無責任の領域を出ないことになる。この心配は多分、これからも続くと思いますが?それに依頼する企業の担当者は、いかなる企画があるのか?それも重要な視点である。目的の曖昧なことには成功などありえないから。いずれにしても今回の専門家登録を見送ることになりました。それは専門家を使いこなすトップがいるのか?責任者がいるのか、開発者がいるのか?しかも1回きりのような話ならまたくの事務処理隣、成果は期待できないと思えるが?そこで、この専門門家の登録をみたら50人以上いましたが、どのようにこれまでの成果はあるのか気になる。それだけは担当者に聞くことができなかった。多分、返事に困ると予測したからである。即ち、成果を計るものさしがないと言えるかも?さて、これも確認せずに毎年繰り返される支援事業にあなたは価値を見いだせますか?
  


2015年04月20日

開発者の心境

開発者の心境
ある開発者が特許出願をしたいが、資金が厳しく第三者に委ねるつもりだが、その第三者がはっきりした姿勢をしめさないので、うやむゃになっている。これは勿体無いのだが、なにせ資金がないことには出願など夢である。そこで、本人が出願する計画案が出てきたが、開発者がみずから明細書等を作成するには、あまりにも時間が掛かり、難しいと言ってきた。しかし、これはまさに自らの発想を闇に葬ることになるのだが?それしかないような口ぶりです。しかし、このような開発者は、今回の事例だけでなく、よくあるケースである。そこで、何とか火の目を見る方式を模索しているがなかなか資本家が現れず、前に進まないのだ。これは今回の世界的な発想なのに、残念で仕方がないのである。しかし、前提条件は、資金援助の活用だが国の支援策では、この開発者のケースは当てはまらないかも?それは個人事業家であり、官庁とのやりとりは嫌う性格があり、とてもビジネスのシステムに乗っかってこない。言い換えれば、自らの方式があり、その方式でことを進めることがこの開発者の常套手段である。しかし、これはなかなか受け入れる投資家は、見当たらない。そこで、ある分野外の会社のトップにこの話を持ち出そうと検討しているが、やはり市場が180度異なるので、果たして理解できるか疑問である。相当のサポートが条件であるが、それには限界もある。さてこのような頑固爺につける薬はあるのかないのか悩む。でも何とか世に出す方策を発掘する以外に八方塞がりの環境である。さて、この課題は解決策に早期に到達する必要があるのだが?
  


2015年04月15日

メーカのトップの思考にびっくり

メーカのトップの思考にびっくり
昨日、以前から新規技術の情報提供していた会社のトップを訪問しました。それは関東地区に住む知り合いのトップを数回の訪問で入手した世界初の新技術のし使用に向けた実物実験を要請していたので、その結果が出たらしいと思い訪問した。すると、第一声が金がかかりすぎる。時間がかかる。試験体の収集に金がかかると、すべてがマイナス材料のオンパレードである。しかし、今回のケースでは事件費用などトータルで3万円未満である。それなのに、この大げさな嘆きに聞こえる吠え方である。通常のメーカなら開発は日常行われているが実業から離れた開発には、特別な視点での見方に思えた。しかし、この新規な情報を手に入れるには、それなりの人脈と数迂回の訪問で入手できた情報である。これがただの環境で入手したのか?その感覚に、これは開発型のトップでない。やはり新規な分野を開発するにはそれなりの費用と人材とを準備するのが通常である。しかし、今回は実業の延長線にあるような商品なのでこの程度の投資は投資に当たらない感覚だが?そして数個の試験体を購入したが、その結果も記録に残さず、開発者の姿勢としては?勿論、そのような批判ばかりしていては、この地域のトップは誰も開発者になれる人はいなくなる。そして、今回の案件は提供した資料も読まずに電話で聞いた概略の範囲で第一回目の試験をして失敗をした。それなど研究者、開発者の姿勢に資質に?そこで、このトップに開発姿勢の助言をするつもりであったが、これは意味がないとおもい、中止した。そして、この投資金額に関しても爪の垢に等しく、中途半端な姿勢では新商品など販売できることなどありえない。また、開発者は、現状絵の転用からはめるが、それは通常極めて稀なケース以外、来ることがない。そもそもそのようなケースならすでに誰かが実施しているはずだ。本来なら新規な商品を現在の商品に展開するにはで無理なら、根本からこの新規素材の活かすことができる形態はと逆から発想して検討すべきなのだが?
  


2015年04月13日

ITで稼げる人は

ITで稼げる人は
先日から知り合いの友人にITで稼げるのは事実だが、その比率は!%未満かもと?恐ろしい数字である。ところが通常は甘い誘い言葉にアドレスを提供し、その連鎖反応たるやねずみ算かも?しかも、このドレスが独り歩きして知りもしない関係者からのmailに唖然とすることが現実多々ある。そこで、この友人に、どうしたら稼げるか訪ねたら、まずは原理原則のテキスト、例えばマーケッテングの原則や顧客の心理やウエッブマーケテングの原則など指導書が多々ある、その中でもおすすめは3冊くら、しかも価格が単なる書籍と異なり半端でない。それはそうな織のかもしれないが、有無のものか山のものか?の書籍に投資は?でも無駄な投資でないことは確実だと。この道にだけ活用できるのでなく、マーケテング心理に共通の要件であり、集客にはかわりないと早速、1冊だけは購入したがまだ1/3くらいしか読んでいない。多分、数回の繰り返しの読みで少しづつ内容に理解が出るのかも?それでこそ価値があると言える。まずは単語や専門用語の意味が不明、理解していないからその解釈からスタートであり、ある程。度の時間対決は不可欠と思う。それは常道だと言える。さて、この本は本当に助けになるか興味がある
  


2015年04月10日

零細企業の海外への輸出は

零細企業の海外への輸出は
先日、知り合いの会社から自社商品を海外へ輸出する話があり、貴登録の社名の標章や商品の標章を機械の添付して出所表示を明確にする必要があり、また、に模倣防止も兼ねる必要があるとの話でした。即ち、日本からの輸出品の証をつけて輸出して欲しいと商社からの要望だそうである。これは必要な条件であり自社商品の証を付けるのは当たり前ですし、購入者も安心して購入できる。しかし、本来なら技術的な権利もあればいいのですが、すでに特許権等は消滅しており、実用新案権もあるが、無審査のため、価値があるか?いずれにしても今回の輸出は、日本の商社へ販売するので、その先は商社の仕事である。勿論、技術指導等は条件と思うし、その他の禁止事項もよく検討して輸出すべきである。また、今回は南米方面なので,ちょっと、心配は少ないが東南アジアならこのレベルの禁止策ではザルだと言える。何せ物まね天国の中国があり、そこで偽物が簡単に悪用され、しかも性能が極端に低下する粗悪品のおそれがあり、想到注意する必要がある。しかし、いずれタイ、ベトナムなどの地域にはこの種、農業機械は必需品になり、肥やしと環境と衛生面などその寄与度合いは大きいはずだが?そこで、知り合いの日本人弁理士(タイと日本で)に、このような話を提供したが、果たしてどのような反響が来るか?しかも、この零細企業は30人にも満たない企業であり、それなりのサポートは不可欠と思える。
  


2015年04月09日

溢れる情報の中の選択目は

溢れる情報の中の選択は
知り合いのトップにある新規な情報を提供しました。すると、しばらくは音無の構えでしたが、先ほど電話が有り、来週に出向く要件があり、その際に知り合いの業者を同行させるとの内容でした。それは九州あたりの業社であるが、震災復興事業一段落したので、地元に帰るとおもっていた。しかし、当方の情報をこのトップがカタログとサンプルを見せたら、急に興味を抱いたらしく、ぜひ会って見たいし、その生産現場(製造装置)も見学したいとの積極姿勢である。これは何事も見てみなければ判断はできないのが常であり、しかも自らの目で確認したいとのはないである。これは何事もこの姿勢が基本だと思う。だれか見解を信じるのもあるが、やはりそれなりの判断基準があり、自ずとそれぞれの判断が異なる。それも自らの事業となれば、それは誰の責任でもなく、自分自身の責任は当然である。その意味でも確かな目を持っていると思う。しかも、可能性の有無を仲介者だけでなく、生産現場を見学して疑問等を定義している人の話をきいいて、そのあとに現場に出向きたいと。これは確かな業者の運用である。もし、他人の話をそのまま鵜呑みにして信頼するのも重要な要素であるが、最後は自らの責任になることが当たり前です。しかも、この案件には、さらにすごいオマケが連なり、その話はまだこのトップにははなしていないので、このオマケが今回の事案よりはるかに事業の可能性が包含された技術であり、これもやはり、連携のなせる業である。これらは地域に展開して地元業者に提案したいのだが、その器のトップが見当たらない悲しさよと言いたい。それは可能性のある企業のトップを訪問しているが留守でしたので、必要な内容を記載したメモの手渡しを事務に頼んできたがその判断は、果たしてできているのか?あなたならどう行動しますか?
  


2015年04月08日

歴史ある中小企業の新たなスタート

歴史のある中小企業の新たなスタートかな?
今朝、以前から関係している企業の担当者から、外交へ自社の商標を出願したいので、相談したいとの電話でした。早速、今日で向くのが地元にいる事務所の責務である。しかし、ただ単に出向くのは何らの仕事の促進につながらないので、まず本部の先生に初めての外交出願時の注意事項や必要な事柄、書類などを箇条書きでお願いした。それに、また、費用がある程度かかるので、その概算も大きな要素である。特に、外交出願は色々な要素が絡み、例えば英語以外の国では特別な言葉に翻訳する必要がある。通常は英語に翻訳し、それを目的国の言葉に訳するルートが一般的である。ここでも既に2回の翻訳料が嵩む。それに現地の事務所費ようと国内の事務所費用と通信費も半端でないケースが多い。さらに出願しているだけでも維持料みたいな費用が嵩む。その意味ではそれなりの採算読めないと、外国への輸出も十分に検討する必要がある。また、輸出先の国の知財制度、裁判制度など数々の制度(法律)が関わるので、最初からすべてを完備するなど至難の業である。勿論、以前に経験があれば、その危険性も大幅に削減できるが、今回は昔、植民地でヨーロッパに支配された国らしく、国語も公用語として2カ国後くらい有り、余計な翻訳がここでも嵩む。さらに警察の力が差止めを行える力があるのか?これも国情の政治の現状にかかる。また、技術的な出願でないので慣習や宗教など日本では考えれれない禁止上条項あるかも?いずれにしても地元中小企業が自社開発商品の輸出は、大いに楽しみだし国の補助金制度もある。
  


2015年04月07日

webのなかの情報の連携は湯水のごとく

Webの中の情報の連携は湯水のごとく
昨日から知り合いの話に関心があり、それなら自らも体験して、その真実味を確認すべきと思いましたので、早速必要最小限の資料を準備しました。もちろんこれで十分な資料化は?ただ、初めて実行するのには十分だと考えただけである。また、知人お話からすると、まずはこれで体験するのが、傷口や痛みや失敗などの影響力を最小限にすることが初心者の第1原則だと思う。それで始めますと、やはりリンクの連携みたいなのが次々とさそうシステムにあり、それがFace bookやYutubにまでもつながり、さらに、このキーのウエブから関係者へのウエブまで誘導される感じに思えた。もちろん、それより先の探索を中止すれば、そこでストップですが、やはり見極めたい気持ちになるようなキャッチコピーがある。それでも理解して、ほどほどのところでとめるのもわきまえかも。あるいはこの種Webにつき合い姿勢かもね。そのあたりのわきまえはやはり数多くの経験がその解釈の判断を確実なものにする技量かも。そこで、これまでのプログ経験からやはり、何か関心事のあるテーマが必要だとおもいますが、芸能関係とかスポーツ悍液とかはやはりマスコミや新文化欄ネタでは、新鮮味がないし、面白くもない。自らの現実での経験を書き込むのがやはり真実味と迫力を感じる。そこに視点を置きながらのプログを検討することにターゲットを絞った。
  


2015年04月06日

メーカになりたい人は

メーカになりたい人は
最近、ある知人に会って、なぜか元気がいい感じに思える。即ち、雰囲気が以前と大きく違い強さのオーラを感じた。そこで、これまでと異なる何かを実行しているのか、聞き出したところ、IT関係を約1年以上必死にチャレンジしている。もちろん、それなりの投資と損などの経験を踏んできた。それでようやく目標の稼ぎを設定できる自信が湧いてきたと。やはり、雰囲気はその人からオーラが出るといいていましたが、まさに、それを肌で感じる瞬間であった。そこで、後日、もう一人のこのオーラの場面にいた知人がぜひ、この原因を確認に出かけようとの要望があり、ワタクシも同意見だったので一緒に出かけた。すると、少なくとも知識を拝聴しに出向くのであり、お土産は必要だと。アドバイスでした。そこで、近くのお菓子屋でそれほど高額でないお菓子を購入して出向いた。すると彼は我々の来るのを待っていたらしく、すでに屋外で待っていた。早速、会社内に入ると、何故か、以前より明るく、かつもの少なくすっきりした雰囲気である。そこで現状に関して質問すると,死活の準備だと冗談で話してくれた。勿論、かれのそれなりの年齢のため必要な処理かも?でもやはり身の回りから整理して次にチャレンジする意気込みが感じられるワンシーンでねある。そこで、本題に単刀直入に質問すると、かれはITを試行錯誤しながらチャレンジしてようやく設定できる額の獲得が可能になったと。やはりネタがあったのだと。もちろん、その具体的な内容に関しては、雪花うのノウハウを簡単に開示するわけもなく、その開示も求めることはしなかったが、触りは教えてくれた。後は、自らの手で少し苦労や勉強や投資をして実績をつむことが必要とのことでした。でも、その入り口の情報を開示してくれただけでのチャレンジする価値をその後の実験で味わった。さてこれからが本当のトライだと思う。この話を聞いて、やはりメーカと異なり、設備投資や人材や場所など全く不要であり、先行投資の危険性がほとんどないのである。やはりだれでもすぐにチャレンジできる分野だけに、これからのメーカになる気概の人が現れるか?
  


2015年04月03日

あるプログの恐ろしさ

あるプログの恐ろしさ
知人がITをやってから3年間、鳴かず飛ばずの期間を過ごしたと。それは交通事故によるムチウチとの戦いでもあり、自分との戦いでも当あったと。すなわち、ムチウチは第三者には理解できなく、大学病院でもどこが何故悪いのかも突き止められず、最悪はガン病棟にある相談室での診察であったと。しかし、最近お会い知ると身なりや元気度などがすかっとしており、どこか変化が感じられた。そこで、思いきてこの原因を聞きたく、先日知人と彼の事務所に出向いた。すると、以前有った製造装置が綺麗に整理されてなく、原材料のみが保存されていた。これはやはり捨てられらないのだと。そこで、彼の事務所の中でパソコンがある部屋に出向き、世間話のあとで、肝腎な要件を話した。もちろん、出向く前に、概念だけは連絡をしておきましたが、果たしてどのような行動でこの目に見える変化が起きたのか?すると、早速であるが現状の触りの話をしてくれた。それはあるHP、のツールを活用して稼ぐ手段だと。そのために約3年かかってここまで来まして、おおよそ目標額の半分まできあっとのこと。やはり何か起爆剤があったはずと見越していたがまさかネットでとは?モノづくりなのに?それは時代錯誤の人間の発送かも?やはりITを外しての仕事は、なかなか稼ぎには繋がらないと。それでこのIT活用の解釈に3年の歳月を要したと。ならばその触りだけでも教えて欲しいとお願いしたら、項目は教えてくれたので,帰社してパソコンにトライしたら、やはり簡単に突入できるHPでなく、審査もあるらしく、彼の話のように時間との勝負は避けられないかも。でも可能性がはっきりしているので、トライする価値は十分にあると思う。
  


2015年04月01日

ITビジネスにはやはり時間がかかる

ITビジネスにはやはり時間がかかる
昨日、数年間、閉じこもりきりのような窖生活をしていたかのような知人を訪問しました。それはやはり最近、にわかに元気さが見えてきたのです。何か稼ぎ出したと思いましたが、やはりITで約3年くらい本業をしながら勉強したり研修会に参加したり努力をしてきたと。流石に、サラリーマン向きでない彼は、そのための行動を数年前から実施していたのだ。そこで、少しでも損お流れに乗りたいと思い、やり方の序の口でもアドバイスをもらえば何らかのチャンスに気がつくはずだと思い。訪問しました。
すると、本魚の機械は殆どなく、売却されたそうで、すっきりしていた。これは心境の大きな変化であり、ますます聞きたくなってきた。すると彼はある、参考書を提示して、これを読んでみてくださいと。すると概念ややり方など参考になるのが多い。ただし、専門用語が多く、辞書と首っぴきの状態だと。もちろん彼ですらそのような環境なら小生などさらなる時間と解説が必要な気がした。しかし、彼は既に稼いで降り、目標は聞いてびっくりの額でした。やはり、それくらいの目標がなくてはメリットがないのかも?でも一人でできる仕事であり、死ぬまでできる仕事である。これは何が何でも取得する必要があり、早速、今日から開始したが、やはり時間がかかると言われた言葉が身にしみて感じる。でも少なくとも基礎は身につける必要がある。今後の人生の糧にも
  


Posted by ターさん at 14:45Comments(0)開発サプリ経営サプリ人生サプリ
< 2015年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ