2014年02月26日

ある零細企業トップの驚くべき発言に唖然

ある零細企業のトップの発言に格差を見る
先日、知人がきまして彼の以前勤務していた会社の下請け会社のトップのことであった。それはこの種零細下請け企業のトップが集まる懇親会で、数人のトップは、当社は10年間給料をアップしていないと。また別の会社のトップは内は5年間給料を上げていないと、まるで給料を上げないのがトップの力、あるいは実力とでも思っているかのようであったと。この話を聞いてあまりにも情けないトップがいるものだと、それにしてもここの会社で勤務している人、すなわち、従業員はあまりにも哀れに見えてきた。しいて言えば、顔が見えないだけまだマシな気分になった。それにしても5とか10年給料を上げずにいるのに社員は文句や不平不満もいわず、従順に勤務しているとしたら、多分勤務しているのでしょう。それは一生懸命等なれるはずがないかと思える。しかし、それすら気にしない県人気質かもしれない。この保守的といえば良いのか?閉鎖社会といえば良いのか言葉が見当たらない。それを聞いたこの会社のトップは、まさに給料を上げないことがトップの勲章のように誇らしいそうな話振りだったと。これはその会社のトップの力の無さか、個人財産を蓄積しているのかと疑われるような気がします。もし、今後もこのような経営が継続するなら、多分、社員は転職する時期が急激に来るかも。経済の上昇に連れ、各種情報が流れ込み、これら従業員の耳にも入るはずである。それでも何ら感じない人はそれで満足なのだと思えるが、さて、?
  


Posted by ターさん at 15:30Comments(0)経営サプリ

2014年02月26日

商工会議所の存在有無

商工会議所存在の有無は
先日、ある会議所を予約して訪問しましたら、部長さんと課長さんが在籍されていました。
そして会議所内の会員構成を説明して戴きました。それによると、メーカの比率が少ないとの説明でした。その後、課長さんが入ってきまして名刺交換しましたが、結局、一言もはなさず訪問を完了しました。これは一寸、現場に出ている当事者が少し、詳しく会員の中味を話して欲しかったが,なかったです。それでこの会議所の現状はアウトラインだけであり、実態はかやの中です。しかし、この会議所がそれなりの会員がいないなら一寸?やはり商売中心の会員かも?メーカも商売であるが、地域内の取引は県外より少ないのかも?しかし、地域の活性化は、やはり新規事業での新市場創造や新商売の事業展開が不可欠と思います。このあたりの視点は、聞かれませんでしたが。さてどのような視点を持っているのか気になりました。勿論、地元の会議所の視点も詳しくはわかりませんが?いずれにしても、地域の活性化は、変革にある筈だが?日頃の業務に追われて目標が?ないのか所詮無理なのか?いずれにしても地域の中小零細企業は頼りにしていると思いますが?やはり、期待に応えていないのか?それは一人商工会義所だけに言えるわけだない。この種団体はおしなべて同じ流れにある。即ち、設立時の基本理念がお題目になっており、基本思想が形骸化している証拠かも。それでも存在価値があるから残っているのでしょう。やはり会員も職員だけに期待するのは?お互いに盛り上げてこす価値がある。
  


Posted by ターさん at 13:38Comments(0)面白サプリ

2014年02月25日

知り合いのコンサルの覚悟に拍手

知り合いのコンサルの展開は
先日、乙事務所に以前から知り合いの経営コンサルが訪問され、これまでの営業活殿基本姿勢を根本から改革するとの話でした。なぜ、改革の覚悟をされたのか聞いてみたら、これまで15年くらい、国、県などの補助金による経営支援を金融機関との連携で実施してきたが、結局は顧客は自身は無料で受ける話であり、実質的に必要度合いがあまりなく、金融機関や団体からの打診によって受ける経営支援である。それは顧客が必要性を自ら考えておらず、打診されたからそれなら聞いてみようくらいの単純な動機からである。即ち、必要性をあまり感じていない状況での支援なのであある。それは押し売りになり苦痛以外の何者でもない。しかし、金融機関の顧客としての立場もあり、無下に断れず訪問して頂いたようなケースがほぼ100%である。それは継続性がなく、お互いに無駄な時間の押し売るになる。ただ一つ、利になるのは経営支援者の支援経費のみである。それも5000円/時間レベルの感覚であり、とても有意義な支援になるとは思えない。単発での支援は局部麻酔のようなものであり、緊急時の治療のようなケースは最高に価値がありますが、それ以外は、は切り言えば、無駄の押し売りである。しかしながらそのような支援を国も、県も金融機関も飽きもせず◎◎年の長きに渡り継続している現実の、誰もが反省しないのは?納得しているからかも。どうせ予算消化が義務ですから。これは補助金や制度の成果を検証する制度の欠陥である。それなのに、毎年垂れ流しの制度を飽きもせず延々と継続する神経に唖然とする。しかし、この経営士はようやくその無駄な感じの制度で自分が活動していることに限界を感じ、やもえない場合以外は支援に参加することはないと言明された。その覚悟には並々ならぬ決断があったと思う。私もこの人の決断には、拍手を送ります。自らリスクを負う覚悟のトップ以外は効果や継続性がなく、成果も期待できないと。
  


Posted by ターさん at 14:28Comments(0)人生サプリ

2014年02月25日

現状改革を目指すトップの意欲は

現状改革を目指すトップの意欲は?
先日、ある団体のトップに出向きました。そこで、現状の改革なくして成長なしの話をする予定でしたが、まず、積極的に勉強して経営とは、を勉強するトップは近少人数である。そのような仲間になるには、それなりの費用を払っても研修会に参加する意欲のある経営者だけですと。この言葉は、まさにそのとうりの感覚である。しかし、今お塊に入るにはやはりそれなりの費用を払い、経営とはの基本的な意味合いとなぜ、これを勉強すべきかなど目的を合わせて指導するらしいからだと。即ち、参加者は10人前後であり、ベクトルが会いやすくここの企業の経営方針と文字は異なれども実質内容は同じであり、自社のケースに置き換えられるものである。すると、この人達の絆、思いなどはベクトルがマッチする。そこでより緊密な話ができる。それは糧になる研修である。それに対して一般の研修は単なる講演会であり、これは種々雑多の発想や考え方の人の集まりであり、ある一点でマッチするだけの関係であり、ほとんど自社に置き換えるケースはほぼ皆無である。
基本的に一般的な話であり、可もなく不可もなく、害もなく得もない。そのような話を団体が東京から講師を招いても話しが、現地と噛み合わないのである。それでも理想の離村的な話であり、間違いがないが、ほとんど各社に参考にならない。肌で感じないのである。そこで、やはり大量と個別には価格だけでなく中身も全然、違うものだと理解して参加されている人は?トップから一般社員までゴタゴタの人種である。これでは感覚が皆相違しており、講師の思いはどこをターゲットにしているかはあるはずであすがこれも的外れになりやすい。簡単に言えば、いい加減な講演会になるだけです。やはり回数だけでなく、ほしがる人に提供するセミナーが望ましいタイプである。このひとにぎりの研修参加者のベクトルは高いはずであり、マッチングやその後の連携もやりやすくなると予測します。その意味では少人数の研修会が最大の効果を生みそうです。
  


Posted by ターさん at 14:08Comments(0)経営サプリ

2014年02月20日

公社の担当者に思う

公社の担当者に思う
昨日、ある公社にアポなしで訪問しました。そこで目的の担当者が席にいるのか?わからなにので、受付に申し出たら、担当者は会議だとの話である。勿論、アポなしですから当然おことだと思いました。そこで、担当者は一人ですかと訪ねたら、お待ち下さいと言って相談部屋に案内された。すると、ある管理職がきまして名刺交換したら、目的の担当の人でした。なお、この人がこの公社の担当者であるかどうかは、知りませんでした。
そこで、今回相談に来た趣旨を話しましたが、それに沿うような資料や情報はまとめていないとのことでした。これでは殆ど登録するだけのしっぱなしの状態で殆ど管理などしておらない感じです。これではユーザが利用したくても殆ど無理であると思う。誰が本当に最適な専門家であるか?定かでない。登録時には一応、確認しますがとの話でしたが、確認しただけその後の活用度合いも全く把握しておらず、たれながしの状況である。これは有用な人材の活かし方が、生かされず、もったいない話である。しかし、これはこの担当者が悪いわけでないが仕組みが悪いのだと思う。やはり顧客(利用者)が使い勝手よく、利用されやすいシステムを提供するのが役割だと思う。それを店晒しでは、だれが活用できるのか?多分、公社内でも無駄なデータかも?使えないデータはムダだけでなく、害になる。現在のデータ処理能力からすればもっと、使いが勝手のよいシステムがあるはずだと残念に思いながら帰路に着いた。多分、どこの公社や機関でも自分組織の中での使い勝手は、良さそうに改善されているだろうが、顧客にはそのまま?これは何のためのシステムかと言いたくなるが、主客転倒の感覚はなさそうである。なお、この公社の担当者はよく話を聞いてくれたし要請にも行動してみるとの前向きな姿勢ですが、体制自体の問題もあり、期待過ぎると?
  


Posted by ターさん at 15:56Comments(0)知財オアシス

2014年02月18日

暗中の1灯を照らすのは

暗中模索の現在に一灯を照らす人は
最近、積極姿勢の人に会う機会が少なくなった気がする。やはり人の影響力は偉大であるからできる限りそのような人に寄って行きたくなる心境である。しかし、単に出会いだけでは偶然が多くあるはずもなく、はたと立ち止まった時間に思える。たまたま見ていたmailに「ハニバル、カエサル、諸葛孔明、竹中半兵衛―――」が今という状況で勝利に変えるにはどうするか?
これら歴史上の軍師は、「もっと時間があれば」、「もっと兵站があれば」「あの時このようにしていれば」―――とかは、眼中になく、全てこの一点に集中した人たちでしたと言われている。そのことを考えれば、今こそ知恵を全身全霊で傾ける時期である。それ以外手段は見つからない。誰かを便りにするようでは、やはり根本的な解決策にならない。さて、現状の打開策はあるのか、しばらく悶々の日々が続くかもしれない。それでも答えが見つかるかは?難問は神様が与えた試練だとか綺麗事ですむ状況とは大きく違うはずだ。それは当事者の心境をコピーして見せることができないのである。しかし、この難問は人生における最大のテーマかもしれないが、解決策がなくても死ぬことはない。恥をかいてもそれで終わりと気楽に考えるとひょうたんからこまが出るかも。しばらくはこのテーマを楽しみながら真剣に集中して脳を活性化する機会としたい。もし、解決策の知恵が発掘できたらその時は、また表現してみたい気がするが?
  


Posted by ターさん at 16:44Comments(0)経営サプリ

2014年02月17日

ある零細企業の老経営トップの決断に感動

ある零細企業トップの決断に感動
先日、ある相談会で5人位の社員の企業トップがきまして、これまで2年間考えていたが、やはり時は今だと決断した。それは現業の先行きは衰退以外ない業種であり、衰退のままの流れに載っていては自社の先は真っ暗であり、息子もやる気になってくれているので踏み切ったと、この70歳の経営者は覚悟の過程を話してくれた。それに自分は食品関係に長らく従事していたのでその後に現在の業務をマイナス時点から立ち上げてここまでやってきたので、次の事業に踏み切れたとも話してくれた。それは基本的な知識を有しており、後は具体的な事案の工程だけである。それも2年間待った甲斐があり、原材料の搬入は別会社の責任、販売はまたこれ関東の会社の責任と非常に恵まれた環境になっている。2年前までは、原材料関係者がこの加工事業を行う予定で進めていたが?どのような理由で中止したかは定かでない。多分、現材料供給者は生産者の組合組織であり、一般的には責任者がうやむやになる。事業で起業家はそれなりの覚悟と命をかける決断が要求されるが、これは重大は責任である。そこで事業家を待っていたがどこでこのトップと知り合いになったかは?多分、現在の業務の延長線の関わりは予測出来る。それでもこの時代に極めてリスクの少ない事業から開始できるとは、本当に幸運なトップと思いました。但し、このトップはこれだけにとどまらず、ゆくゆくは自社ブランドを目指すと言明され、やる気丸出しであり、息子さんも相槌をうっていた。息子が本気でやる気だから踏み切ったと加えた。まず、安全な賃稼ぎで基礎を築き、その後に付加価値のある自社商品を目指す経営戦略はまずは理想的なスタートラインと言える。勿論、微力では、あるが支援するつもりである。地域からの自社ブランドメーカの誕生は夢にまで見た姿でああるから。
  


Posted by ターさん at 16:21Comments(0)経営サプリ

2014年02月13日

変革の話

変革で変化することが自らを変える手段だとの話
自分を変えるには、時間配分を変える。住む場所を変える。付き合う人を変えるなどいろいろな提案がされている。やはり、自分の環境を変えないとなかなか一人での変化は、厳しいのかも。しかし、自ら進化している人は、なぜそのような心境になるのか?多分、積極的に自分の目標に向かって一心不乱で突き進むとき余計なものが見えず目的のみが光るゴールに見えるんだと思える。もちろん、このゴールに付けばさらに次のレベルにチャレンジしたくなる人間である。このような行動を続けている人は、環境を帰るのでなく、自ら環境が変わる場所に突き進み形に形成していることであり、知らず知らずのあいだにそのように自らを変革している人がいますから、逆にそのような人に付き合うと自ずと引き込まれるはずである。昨日、お会いした人は、まさに自らを変えようと決断されて実行に移している最中であり、意識がそのように思える感じになっていたが、一寸、間をおくことにしたのは、やはり、当方の言い訳からかも、でもいずれ何らかの方法と決断で自立しないと変わらないから、その覚悟を今すぐと言われると?でも、現実は、今しかないのである。あすからは多分、始まらないはずであるが、
  


Posted by ターさん at 11:53Comments(0)面白サプリ

2014年02月12日

あるコンサルの変化に

あるコンサルの変化に視点を
今日、以前からの知り合いのコンサルにお会いしてきました。すると以前の発想を全く替えたと。それはこれまでの15年間の生業業を大きくスピンアウトしたとの話。勿論、これまでの経験をゼロにする話でなく、これにプラスある有るαの点を如何に切り口をかえるかとの話でした。このαの視点は、多分、ノウハウの領域であり、リスクを超えるための投資で知恵を入手してトレーニングしてきたことだと思います。でもプレゼンの仕方はやはり相手の心を動かす情熱が不可欠であり、それには自分もその領域にと到達していないと心が伝わらないんだと。しかも、一人でのモチベーション維持は難点があり気力を維持するためにも仲間が必要とのことです。これはやはりそのとうりだと思います。そこで、この人にαのトレーニング依頼を有料で、もちろんリスクに入るが、ゼロはただの感覚であり、自分が一生懸命でも相手はただでは態度が違う。どうせ無料で聞いているのだから成果は?やる気も?これではお互いに無駄の積み重ねで有る。そこで真剣にプレゼンを聞く姿勢にはリスクと課題解決の問題に気づかせることが必要である。その持って行き方がプレゼンのノウハウ、マニアルでトレーニングの内容かも?もう少し堀り下げてから自らの態度を決めるべきと思っている。
  


Posted by ターさん at 16:33Comments(0)面白サプリ

2014年02月10日

ある団体職員の定年後の話

ある団体職員の未来
以前からお世話になっていたある会議所の課長が昨年、定年になり、ある補助金の制度で1年間のコーデネータを一一生懸命やっています。しかし、この事業も今年の3月で終了し、別の補助金で新たに、同じような制度が動き出すとのこと。しかし、ここに、大きな矛盾が存在する話を聞きました。それは3月1日から別の補助金お制度で運用が始まり、そのメンバーをハローワークで求人しているとのこと、一寸、むちゃくちゃな話に思える。折角の制度を生かしての1年間の実績は、どこかに水泡のごとく消えてしまう。このムダ金の補助金制度になぜ、効率も求める必要があると言わないのか?ただの予算消化では意味が?しかも表書きはいい話ですが中身は?このような事柄を何十年続けても成果は期待できないと思わずにいられない。しかし、このような事柄は何十年と継続しているのだから無駄の総決算は◎◎兆円どころでないのかも?それでもメスを入れない現場になぜか、虚しさがある。もし民間なら、このような無駄は結局は倒産に直結するので長くは続かない。しかし、国や団体では、無関係に続いている。これは投資に対する成果の確認がなされていないからだと言える。勿論、この種団体等の事業には成果ありきの事業だけではないことも分っていますが。なぜかしっくりいかない。このあたりは継続性が力なりの原則に照らし合わせてほしいもんだと、声を大にして叫びたい。
  


Posted by ターさん at 15:27Comments(0)人生サプリ

2014年02月07日

自社技術の商品化から自社ブランドへの道

自社技術の商品化から自社ブランド化への道
地域の下請け企業の多くは、工賃稼ぎになっているかも?しかもその状態を何年、何十年継続しても相手に決められたような工賃稼ぎに甘んじることになる。この蟻地獄から脱出すると考えたこと、あるいは思ったことはありませんか?無い、それは現状に満足しているか?諦めているかのいずれかでしょうね。しかし、誰でも、どの企業でも規模の大小に関係なく、夢や、将来展望がないと虚しい感じがわくはずです。極端な言い方をすれば、同じことの繰り返しであり、面白さも、楽しさも、明日への希望もない生活は、耐えられますか?勿論、それすら気がつかずに漫然と日々の経過が流れる人、企業もいるでしょう。
しかし、その結果は、いわゆる、行き着くところは【衰退】か【尻つぼみ】か、【消滅】などの好ましくない将来が予測出来るはずである。それすら、受け入れているような人、企業なら納得のいく終焉を期待するしかないでしょう。しかし、誰でもどの企業でも現在よりゆくなる方法や手段、あるいは未来への希望を胸に明日への英気を養うのが人生であり、その先への夢も大きく羽ばたくものであある。勿論、個人的な未来、企業の未来には違いがありますが、少なくとも現状破壊のチャンスを活かして自ずからの脱皮を見ざすことに変わりはない。そこで、零細企業のケースとしては、まず自社技術の商品化を洗い出し、何点かをコア技術といて商品名をつけて対外的なPRに役立たせる。勿論、この技術はノウハウか知的財産化出来ることが最大の商品価値の証になります。ここから今年は始めませんか、その延長線上には自社ブランド商品がちらつくはず。さてあなたの会社は、その気すらないのかな?
  


Posted by ターさん at 11:22Comments(0)経営サプリ

2014年02月06日

自分の棚卸の旅

自分の棚卸の旅
今日は、今後の事業や人生や仕事の仕組みなどを考える時期が来たと思いまして、自分を見つめる時間が必要なのだと認識せざるを得ない記事に出会った。それは、月刊誌で約10年以上継続して購読しているもので、人生に関してためになる本だと思う。それを読んでいたら、やはり、己を見つめ直す時が必要であり、今後や将来を模索するにも把握しておくことがスタート点だと思わずにはいられなくなり、早速、ピックアップしてみた。そして、項目の分け方により分割されるとますます多くなり、それなりに具体的な事柄が浮かび上がる。また、大きな項目で括ったものは、それなりの把握領域があり、実際は小分けと大分けのごっちゃまぜになった気がする。そして、これは非常に必要で、重要な作業であると認識させられた。即ち、自分の商品は、そのビジネス仕組みは、今後の事業展開は、など根本がはっきりしないで動くムダがみえてきた。それにこれまでの弱点、問題点、修正すべきことがらがぼんやりと見えてきた感じがする。勿論、はっきりと見えて来て、具体的な行動に即、移行すべき事柄であり、待ったなしの時期である。なぜ、このような重要な事案にそれほど気にならず、漫然と事業を遂行していたこと自体、もったいない気がしてきた。今週はこの事案を最大の重要課題に取り上げて責めまくり、ターゲットを定めて高度開始はじめるきっかけにすべきと肝に銘じた。
  


Posted by ターさん at 15:41Comments(0)人生サプリ

2014年02月05日

正夢を目指す旅への企画

正夢を目指す旅の企画を
今年も、既に1ヶ月が経過しましたが、決算や様々な事情で月遅れの正夢を目指す旅を企画することにしました。
勿論、夢で終わらせるのは誰でもすぐにできるし、美辞麗句の言葉を並べるのも可能でしょうが、現実的な事業者と対峙すると簡単に実行できない可能性もある。しかし、企画がなければ情報も入らないし、サーチもできない。そこで、大きな項目や事項やターゲットとなる調査地域や事業の種類は、定かでない。それは事前準備の調査が不可欠だからである。勿論、それなりのシナリオを予定しているが、現実に直面した際に、どのようになるのか企画者次第かも?現在の私案は、◎◎年商のトップ探しの旅、特定技術へチャレンジしているトップ企業探しの旅、◎◎の選択が可能な企業探索の旅、これから成長する企業はあるのか、規模は、方向性はなどの公開データから絞り込むしか手段がなさそうである。しかも、このような場合は、どこかとのタッグを組むしか手段がなさそうである。それでは、独自の見方からのサーチや探索の意味が薄れる。現時点では、どのような企画が望まれのか思案中である。もし、タッグを組みたい人、企業があれば検討してみたいですが?
出来れば地元がありがたいが?それも正夢としたい一つである。さて、声は聞こえるのかな?
  


Posted by ターさん at 15:54Comments(0)経営サプリ

2014年02月04日

ある名誉会長の奇怪な行動に将来の目が

ある名誉会長の行動に将来展望の目が
昨日、久々に創業者で名湯会長が事務所に早めに電話をかけてきて雪の山寺を見に行くかとの話でした。勿論、ほぼ創業時からの上司であり、生涯つながる人であるし、奇人変人に類する奇抜な行動や能力を備えた人なのでいつも驚嘆やびっくりや素晴らしいと思わせることが多い。今回も期待を裏切らないような話でした。それは、現在の会社の成長ぶりとその社員の多さと、若者及びその背後にある家族を思うとこのままの事業継続で大丈夫なのかと心配していた。勿論、このような心配は無駄であるが。また、現在のある協会から法人に転換させられた会社のトップ人事に関して誰か適任者がいないかとか、現トップは新企画や新規事業の発想があるのか?既に6年くらい在籍しているが実績は下降線である。経営的な話でなく事業や会員等の話である。そして、自分が死んだらある中央駅に来てくれるか、しかも誰かいるのかと葬式の心配である。そこで、死ぬような兆候がありますかとたずねたら、それは歳だから身体のそこら中に欠陥があるとことでした。多分、実態はそうでしょうが、この平均年齢を5年も超えた年であり、当たり前の気がします。しかしながら、誰もが自分の寿命は予知できないのに、すでに悟った感じの話に、また唖然とする。しかし、これは、これまで繰り返して話してきた事柄であり,敢えて特筆すべき事案でないが、葬式の場所などの話も加わり、一寸、現実味が加わった気がしたので?このように本人の言葉を現在の人たちの言葉に言い換えれば、ガンバコに片足を突っ込みながら、将来展望や今後の話など試行錯誤の連続の感覚である。そして、山寺の雪は雪の山寺の宣伝文句に反して、雪が少なく、かつ観光客もほぼゼロであり、食事処の芭蕉庵にでむいたらやはり無人であった。このようなむちゃくちゃな話に付き合いましたが、スゴイの感覚だけが残った。
  


Posted by ターさん at 11:43Comments(0)経営サプリ

2014年02月03日

あるコンサルの疑惑

あるコンサルの疑惑
先日、ある知り合いのコンサルと飯を食べながら雑談をしました。その中で自分お生き方をこれまでの生き方と別の方向に切り替えると話してくれた。そこで、そこまで変化させる要因はなんなのか?それは自らの生き方にベクトルを直していく。そして自分らしい人生計画にチャレンジすると。本当に羨ましい限りの話であった。そこで、この話の続きを聞きたくて、別の日を予定する話をしましたら、快く日程調整の話になり、日程が決まりかけた時に、当方の日程が都合悪くなり日程変更を申し入れた。すると1週間後に連絡があり、予定日が決まりました。ところが、その日程の案内が電話で有りましたが、一寸、当方のmail内容になないか警戒するような口調があり、一寸おどろいてしまった。私は、彼のトレイニングのためにつぎ込んだ内容を聞き出そうとかそれを活用して次の展開に利用するなどの発想は人欠片もないのに、彼の「ノウハウ」や高い授業料を払って身につけた内容を盗む」様な感じに受け取られたように思える口調でした。これは私の意に反する解釈でしたが、いずれ私は今回の勇気ある決断の原動力を聞いて見て、私にも現状の改革になればと思うだけでした。それでも彼と小生の環境が全く違うので果たして参考になるかは?いずれにしても人の知恵を盗むなどもってのほかであり、同業者がやるべき姿勢でないことを十分理解してくれて居たともいましたが、?最後までハッキリと伝える重要性が教訓になりました。
  


Posted by ターさん at 16:20Comments(0)知財オアシス
< 2014年02>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ