2010年12月28日

年末に思う

暫く投稿が出来ない雑用の連続が続きましたが、年末に当たり一言思い返して見たいとおもいます。今年は以前御事務所建築物の解体で新規事務所でスタートしましたが天童駅から温泉までの1本道の中間の位置にあり、立地は良いのですが、営業力が足りないのでしょうが、飛び込みのお客が0である。やはり知ら締める手段が必要に感じました。来年は、創業6年目になり、実績が不可欠の勝負の年になると思います。この不景気の中でも、商品開発と知財の連携が重要な意味合いを知らしめて、地域の中小零細企業の一助になれば幸いと思います。先ずは相談の姿勢をご期待したいです。何事も知らないほど怖いモノが無く、強いモノも無いのですが、事業はしっかりした企画、計画があり、資金的裏付けも不可欠ですから、思いつきは禁物と思います。弱音だけでは、勝負が出来ませんが、やはり見通しが立てばチャレンジする気概が欲しいですね。今日訪問した個人事業家は、開発一点パリの事業で、世界に無い商品を開発しているため、東京、大阪、名古屋がお客の存在であり、来年は可能性の有る商品をアウトソーシングで販売すると意気込んでいた。投資は禁物と自分を理解した発言でした。是非、このような企業家が居るはずですから開発と知財の廉駅は当方に先ずご相談をの御願いです。  


Posted by ターさん at 16:29Comments(0)人生サプリ

2010年12月17日

零細企業のトップの姿勢の変化?

昨日、これまで何回か訪問して来てくれた人が来まして、自分の会社のトップの姿勢が軟らかくなったので、社員始め、役員も気味悪いそうである。例えば、之までは一方的な命令口調のみで、口答えは一切許さない。かつ嫌なら何時やめてもかまわないと口癖だったそうである。それが最近、仕事も命令口調でなく、御願いタイプに心変わりしたので薄気味悪いと。その原因は、なぜでしょうか?との話しでした。之には、はっきりした原因がありました。それは、1週間くらい前に、これから他人に依頼する仕事の中で、自社で最後まで責任を持って対応せざるものがあった。しかし、その担当者は、今月中で退社すると宣言しあり、社員のだれもが周知していた。しかし、この仕事だけは、この人しか対処できないものであった。そこで、トップは社外のプロに頼む話しをしてきましたが、費用は別項に数倍の加算が見込まれると話した。これは見積もりを出して、そん後内容を説明して、目的のものが得られる保証は無いのです。そこで、やはり内容を良く知っているこの人に最後まで完成させるのがべターであり、内容も外部に漏洩しないので社内処理の手段しかないのである。このような環境でのアドバイスに、先ず一方的に頼み込むしか手段はない。一切余計な言い訳は不要である。しかも、組織は目的達成のために社員が協力する為のものであり、それを命令方式では最大の力を大幅に抑制していたのである。そのことをやんわりと説明し、今回は悪までも御願い手段にたよるしか無いと。この結果が自己反省に繋がったのです。そして、昨日来たときには、退社を決心していたこの人も決心が?の感じに見えた。  


Posted by ターさん at 14:26Comments(0)経営サプリ

2010年12月17日

成熟社会の経済の話し

成熟した社会の経済は、恋愛関係の商品が成長源だそうですとの話で、いつも情報提供してくれる人から、日本のGDPは先進国に1984年に1万$を超えて成ったそうである。現在は、5万$だそうです。しかし、ここ数年は景気低迷である。資本主義はインフレが継続しないと破綻すると言われるらしいですが、しかも、マックス・ウエーバーが勤勉と貯蓄が経済成長の源泉であり、その貯蓄を投資に回せば経済は成長すると信じられ、日本はそのような経緯を辿り成長した。しかし、一定の成長を遂げ、需要が飽和した状態では、この理論が合わなくった。そこで、ウエバーと同世代のベルナー・ソンバルトは中性貴族の家計簿を分析した結果、恋愛と贅沢が中世貴族社会の経済成長の源泉であると主張した。そこで、現代は富裕層が貴族に対応するので、恋人をワクワクさせる商品は、珍しいモノが要請され、景気不景気に関係なくワクワクさせる商品の開発生産が景気を成長させると、ルイビトン、エルメスなどのブランドもこの時の商品が原点であるそうです。拠って、日本もこの種富裕層(中国の富裕層も含め)向けに、差別化した新規なワクワク商品、所謂贅沢商品を提供すると技術も生産も大幅に進化して景気が浮上する切っ掛けになると?ターゲットを特定した贅沢品の開発を推進してみるのも1手てかも?悪策、無策は最大の禍根となる。  


Posted by ターさん at 14:02Comments(0)社会サプリ

2010年12月10日

開発の薦めと出願のからみ

最近、出願費用が高く、出願を躊躇する企業、個人が多くなってきた。之は当然である。この出願が宝を生む鶏か、雄鳥か?しかも初期費用が半端でなく、その後も時間と手続に従って費用が嵩むのである。そこで、現実の実用化出来そうな開発品を試作して商品になるのをほぼ確認する試販売をミニ地域で行い。その反応を見て、改善、中止、さらなう開発の展開など費用と将来の可能性、宝か、収支とんとん位までの読みが出来れば出願もすべきでしょう。しかも、地域性でもライバルが現われる市場分野、新規参入の可能性のある市場では、最低でも抑止力程度の意味合いで特許か、実用新案を出願する位は費用的に価値がすると思います。その可能性や真似される分野でない、特殊な分野なら、ノウハウ的に活用するのも価値がある。特に簡単な技術、形状などの開発品は、ノウハウで維持する程度で良いかも?なにせ真似をする分野、企業が存在せず、顧客が特殊関係者だけであり、商品だけでの参入は無理である。販路と流通、顧客のネットワークが固く、新規参入者は部分的攻撃であり、先駆者の相手は全く感じ無いはずである。本来はこの分野に零細企業は参入すべきですが、その入り口すら見つからない。多分、今分野で営業をしていた人が、起業するケースが多く、ほぼ成功に至っている。大企業と中小零細では資本、人、技術、ネットワーク、開発品など歯が立たないものであり、器に合った開発を目指し、その知財の活用も自己流でよさそうである。  


Posted by ターさん at 16:23Comments(0)知財サプリ

2010年12月08日

考えさせられる情報

今日は、寒い朝なのに、パソコンを開いたら21世紀の生き方なる情報が受信されたいた。中身は、タックスイータを止める。(税金を食い物にしている既得権者、日本では公務員等関係の一連関係者が6000万人)、2,現金支払いにすること。3,引退しないこと。4,財産は使って死ぬことだそうである。21世紀は国や会社への忠誠心は希薄である。誰でもあらゆる理由で解雇される。仕事を追い求める生活や止めになり、仕事だけが人生で無くなる。自分の目標を追求するために必要なお金を生み出すために、職業を給料製造器と考えるのだそうである。収入的にも精神的にも折り合いのつく仕事など、殆ど無い。過去のしがらみを断ち切るおとだと。定年を待たず、気が付いた時点で拘束から解放されることだと。仕事への満足感と収入を増やすただ一つの方法は、もう一つの仕事(余暇)を持つことである。引退は生きる屍である。人間の生き甲斐は、余暇と好きな仕事である。このような内容をみて、ヨーロッパの人の生活や楽しんでいる余裕のある人の生活を見渡し、そのとうりに思う。いつでも気が付いたときから始めるのだそうであり、大きなビジョンと具体的な内容を精査してチャレンジし、死ぬときにあれをしておけば良かったなどの悔いを残さない生き方の指針に見える。是非、この機会に人生のあり方を自分に置き換えて仕事一点パリか、会社への忠誠心ばかりか、世の変動は自分と企業に否応なしに押寄せますからね。  


Posted by ターさん at 11:48Comments(0)人生サプリ

2010年12月07日

ウイキリークスとは?

知り合いから、この記事に関する感想が来ていました。内容は、民主国家は、人民が主権者とされていますが、主権者を実感している人民は皆無でしょう。国会議員を選ぶだけの投票機械でしょうと、喝破してきました。国家権力は何時の時代も人民と対極にある。人民は常に管理され、支配される立場に置かれると。そして、ウイキリークス創立者のジュリアン・アサンジは、【政治権力は本源的に悪であるから、放置しておれば悪を為す。人民の政治権力が悪をなさないように厳しく監視すべきと】といっているように見えると。情報開示にしても過ぎ足るわ及ばざる如し、多すぎる情報は、少なすぎる情報以上に扱いに困ると。ウイキリークスの情報公開によってオバマ政権に打撃を与えることは、出来ない出しょうと。ジュリアン・アサンジは、政治権力から弾圧され、虐殺されている犠牲者の側に立っと表明して居るそうです。現状は、売名行為か劇場型犯罪を楽しんでいるだけと言えると。ジュリアン・アサンジのスポンサーを確認すればかれの狙いが解ると。そして、明けない夜がないように、発覚しない陰謀はあり得ないと。この記事はまだまだ詳しく記載されているが、このようなことをする目的が逆効果で法律の拘束を強めるきらいもり、本質をつく漏洩なら社会の浄化に成るのでしょうが?  


Posted by ターさん at 11:48Comments(0)社会サプリ

2010年12月06日

3:11の法則での商品開発は

よく知られた法則であるが、商品開発に置き換えると、100人中85人が良いと答えた商品は、成功するが、そうでないものは失敗に終わる。勿論、一時的に爆発的に瞬間的にヒットしても線香花火で終わるそうである。開発者は、時間と資金の供給と我慢の根比べであり、しかも情熱が最優先するものでる。先日のTVでも愛知県の開発会社は、16年目でようやく黒字と社長が話していた。之が現実である。下請専門ならば、開発の必要がないが、それなりの付加価値しか得られない。それに夢も無理である。又、今朝の青森の社長は、27年間の長きに亘り、開発し、ようやく花が開くと一塩の感じでした。開発当初から最近まで馬鹿よばれしたり、気違い扱いされたり、したが、環境に良い商品の時代がかならず来るとの信念で、しかも地域の金融機関の理解有る支援を得てココマデ持ちこたえられたと感無量に話していました。このケースは本当によくぞ耐えたと言うしかないです。本当に、素晴らしい夢の実現で全くぶれることなく持ちこたえたと関心以外無いです。数年前にこの工場を視察し、かつトップと専務に会ってきましたが、本当に家内工業と伝統的な工芸品の製造法にコストの話しと、機械化を進めた気がするが、それを全く受け入れず、かたくなに伝統的製造法に能率アップの手段を導入してコストを上げずに製造できるように改善した。その結果、量産化の目処も立ち、これから本格的な販売体制が汲まれると意気揚々でした。開発のロマンは期間が長いのである。  


Posted by ターさん at 15:18Comments(0)開発サプリ

2010年12月03日

目標と目的の間違いを起こさないことが、

ようやく今週の後半から時間が取れたんで、決算期もあり再度起業した目的と目標の棚卸しをすべきと思った。其れは、戦略、戦術の記述を見ていたら、自社はの疑問に駆られた。この起業は地域の発展企業をベンチャーから関わり、その手段として開発と特許、実用新案、意匠、商標などの活用をシステム的行うコンサル、アドバイスをやることであった。しかし、現実はこのような人物、ベンチャー企業を発見できるチャンスが見いだせず、結局、商工会議所や発明協会のルートか等の関わりと、個人的な人脈の力だけであり、狭すぎる情報収集網である。しかも、現実的に企業経営も必要であり、実績が上がっていない。精々、連携特許事務所の支援と出願窓口で経過している。之では初期の目的、目標のスタートにも立てない。しかも、この不況下の企業環境では、起業家はなかなか現われない。勿論、IT関係、ソフト関係の起業は多々有り、成功しているが、モノ作りの起業は資金、設備、アイデアなどが必要であるので、初期投資がITに比し格段の負担がある。それでも、金融機関の支援などで以前は起業家もいたが、現状では当方の知りうる範囲では殆ど聞いていないのである。小生の起業思想に、ぶれない夢、野望、欲望があったのか今になて再認識する必要がある。先ずは、創造が全てを救うことの重要さを起業家はよく認識して大海原に船出してほしい。その際は、一度当社を訪問するのもあながち無駄でないと思います。なにせ、ベンチャー企業からほぼ中企業レベルまで実践して在籍した経験であるもので、机上、理論と大きな違いがあると思っていますが?  


Posted by ターさん at 16:54Comments(0)経営サプリ

2010年12月03日

人生を切り開く一番大切なものは?

ある情報によると、このテーマに対する行動は、①夢をみつけること。②野望、欲望をもつこと。だと書かれていた。①は夢がなくんると老いがくる。②は単なる願望でなく、例えば日本を変えてやる。とか非常に困難なテーマを掲げることが重要だそうです。確かに、夢は人生のスタートやそれぞれに状況で変遷するが、結局途中でアキラメルことで終了し、その答えは妥協の結果で終わる。しかも、あまりにも簡単な夢はそれほどの期間を経ずに達成でき、再度、仕切直しの決断がいるものである。やはり、最初からどでかいレベルの夢をもち、そのルートを模索しながら一歩一歩確かめて進むのが夢の達成に繋がるものと思う。又、野望は、夢と直結する必要はないと思うが最終段階での目的が合うものが望ましいと思われる。年齢に関係なく夢と野望を持てば、脳はフル回転せざるを得ないし、身体もその達成のために積極的に動く筈である。良く、世間では時間とありあまる金は、人間をダメにすると言われるから、ハングリーな状態での夢、野望は最大のチャンスかもね。貴方の夢は公言することにより具体的に動かざるを得ない環境を自分で創ることになり、逃げ場のない、すなわち、方向性のぶれない人生に成る。時期、時間は関係なく、気が付いた時から始めれば良いと言われている。その決心は、貴方次第である。  


Posted by ターさん at 16:33Comments(0)人生サプリ

2010年12月03日

ものごとを拓くには、挑戦心が必要の話し

通年定期購読しているある雑誌の記事に、【物事を拓くには挑戦心が必要。】と書かれており、この項に対する説明が書かれていた。その時は、気にせず、当たり前だとおもていましたが、最近、何かするには、必ず行動があり、考えているだけでは、挑戦したことに成らないことが良く解ってきた。あれをすれば良いとか、こうすれば良いとかの考えは、頭のなか、机上で沢山考えられるが、何も行動に移さなければ無駄の最たるものである。やはり、小さくても行動を起こせば、何らかの具体的なできごと、変化が現われるからである。それは、人の繋がり、市場の情報、技術の広がりなど、多くの関係することがわかり、次ぎに何処を目指せば良いかなど、目的をはっきりさせることができるのである。これは、物事を起こすさいには、一番重要なことだと思う。目的がはっきりしないと、無駄な行動、お金、時間が掛るだけである。このように小さな行動の積み重ねが、結局はしっかりしたモノを見極める知識、観察力などの訓練や、蓄積になる。まずは、無駄な考え休むに、越した事が無さそうである。これから季節的にも時間が多くある人が多いはずであり、計画の事前調査的な意味合いでも、チャレンジしてみては如何ですか?先ず、行動を!  


Posted by ターさん at 10:42Comments(0)人生サプリ

2010年12月02日

危機的状況の零細企業のトップのリーダシップ

昨日、来訪してくれた5名位の零細企業のトップは、組織が崩壊の危機にある。それは赤字が嵩んでいるのに、経営状況も帰り見ずみ開発投資を独断で実行する姿勢に社員が付いてゆくことが出来ない精神的負担にあるような話しでした。しかも、之までも独断と偏見で、所謂、人の話を聞かず、相談もせず、一方的に物事を推進する姿勢に納得出来ない社内環境に成っているようだ。この打開策は、当然にトップの姿勢変更しかないのでる。でも60才台のトップのやり方を変更する器量があれば、之までにも当然、変更して来ているはずと予測する。しかし、今回は、現実的に組織崩壊の危機に直面しているような話しであり、時間的な余裕など無い感じである。唯、このトップは開発が未完性なのに実物大のサンプルを製作する無駄に、社員は我慢の限界が過ぎたのかもしれない。少なくとも、ミニュチュアでのサンプルなら経費、時間など無駄を最小限に納められるのだが?今回このトップのアイデアの改良品が、現状打開の武器になり得る商品になる可能性が大であり、このタイミングでの組織崩壊は、あまりにももったいない。そこで、先ず、社員にこの機器突破に試作品の性能確認と体験と視察で確認してもらい、その後、この商品化戦略で危機突破を計る最初で最後の武器として投入する。そのためには、トップの決意と、組織のベクトルの合致と、成果の適性配分を宣言して突破することが最重要事項であると思う。そこで、この実施をアドバイスしました。結論は、?この相談を聞いて、状況にマッチした相談をする人が、近くに居るかいないかは、大きな分岐点になると強く感じました。このケースは、トップの宣言決意と成果配分の約束が決め手と思う。  


Posted by ターさん at 14:52Comments(0)開発サプリ

2010年12月02日

アイデアの具体化には、まず、相談は?

今のような閉塞感のある社会で、これを突破する起爆剤は、女性のアイデアの世の中への提言しかないかも?中小零細企業も、格差社会の現実に出口をふさがれた感じで右往左往している。しかし、世の中は進化せずに居られない。人間も厳しい現状に直面すると、その打開策に必死になる。そのシステムが脳に形成されているらしい。安全、安心、安泰の環境では、最適なアイデアなど一切、浮かばないそうである。このような話しからすると、現在の社会環境は、最適である。しかも、草食系のへなちょこ男性軍を尻目に、母性の強さを発揮して脳をフル回転し、現状の課題解決に光を見いだすのである。しかも、経済的余裕(へそくり上手)で、余裕の資金がバックにあるのが強みである。即ち、具体的な行動が直ぐに取れる行動派でる。このような方は、是非、相談に来て見るのも1とつの対策である。製造業と特許、商品化の実務経験が生きる時代と思います。まずは、気楽に相談して次のステップに向かいましょう。何もしないのが最悪の時代ですよ。貴方は無策か、時代の流れに身を任せる浮き草か?選択は自分自身であるが?脳細胞の5%も活かしていない現状では、全くもったいない。貴方なら、どうする。有る程度の経済的余裕がないと、アイデアも空砲になる危険性が大である。  


Posted by ターさん at 14:27Comments(0)社会サプリ
< 2010年12>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ