2018年12月12日

エッセイ ドンキーマカセ、自らの商品を創る。

エッセイ ドンキーマカセ

自らの商品を創る。

◎自らの商品を創る。

①まさに、子供を創るようなものです。

それは、無(ゼロ)から有(モノ)を創りあげるのです。

②新規性が最大のポイントです。

世の中に、いまだ存在しない[モノ]を創るのです。

是は、既存商品とそっくりでなく、これらとどこか、少しでも違う商品であることです。

③第三者から購入した新商品でも同じです。

自社になければ、第三者にあり、それが自社の商品開発と同じであれば、それを採用すべきです。

ただし、個人なのか、企業なのか?少なくともライバル企業でなく、ジャンルの違い企業の方がありがたです。


④最初は、1個から始めます。

欲張らず、一個で十分です。

それは、自社ブランド創りの原点です。

⑤市場も最小限のエリアで、ライバルも気にしない地域です。

ただし、新商品がどこにマッチするのかによりその試販売地域も大きく異なります。

◎仲間創り。

①自らの力だけでの販売に葉、限界があります。

そこで、問屋、販売店などのシステムを活用するか?

②SNSの活用、

③TVショッピングです。

ただし、初期的にはラジオクラスを活用して宣伝費の抑制を図るのです。

④新聞等のマスコミの活用です。

これには、連続掲載の作戦が必要です。

⑤PRの安価な価格時期に広告を題材的に打つのです。

◎顧客の反応、レスポンスを即時的に把握し、その展開に活用します。

①これは、猫も杓子もオンライン販売、TV宣伝とまさに、広告合戦です。

ここで勝つには、従来方式では勝てないのです。

②PRの独自性を発揮する。

③奇抜な反応を敢えて創りだす。(法違反はダメ)

④宣伝の顔を創る。

例えば、TVで日々宣伝している福岡の企業、タカタのように。

◎人、マンガ、動物、想像上のモノ、など注目を引く組み合わせです。

①顧客からの反応が最高の広告です。

②本当に顧客からの反応なのか野、確認が必要です。

③流れ、いわゆる流行のハシリを創る。

この手法がとれるなら、即刻、自社ブランドを立ち上げるべきです。

あなたは?

何もない、何も考えていない。

それは、下請けに徹することであり、泥船です。


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。

それも、1社のみです。






  


2018年12月12日

自社ブランド支援サポーター、サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

自社ブランド支援サポーター、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-128

市場⑧-4

◎現在は、顧客が最高のタカラです。 

①市場は、だれに、

②何を、

③どこで

④何時、

⑤どのような状態で

⑥規模は


など、事業、すなわち、開発品の市場での売り上げが企業存続の最大の要素です。

◎市場は、生き物でああり、日々、いや瞬時に風向きが変わるのです。

①上に書いた①~⑤の状況をITでデータ化し、それを有効に

活用すべきなのです。

無手勝流の方法は,自爆です。

②特に、業界の規模、

③市場の将来性、

④ライバルの有無、


などは、少なくとも数年間の緻密な情報の検索が必要です。

◎また、自社の自社商品の自社ブランドの地名度がゼロであり、

①PRの戦術、費用は?

②新商品の次の商品群は?

③知財の威力が有効な市場なのか?

④専門業者の市場なのか?

⑤ターゲット市場、地域は?

通常は、静岡県が最大のアンプル市場なのですが?

◎金融機関との連携は、

①トップの説得力は、

②営業の市場創作力、あるいは、開拓力の営業マンがいるのか?いないのか?

③自社ブランド確立えのシュミレーションは、

④トップの決意と

⑤社員への還元と努力の要請は?

など、一定の条件の下しらべ、担当者、など

必要な事柄のチャレンジを覚悟することなどです。

あなたは、下請けのままでいいのですか?


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ
mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。
なお、地域は日本国内が、好ましい。どこへでも出かけます。
但し、旅費と宿泊費は実費をいただきます。
でも、夢を追う人の姿は、この世の花です。FacetoFaceが一番です。







  


2018年12月07日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-125

情報④-4

◎snsやインターネット、およびラインなどで、瞬時に最新情報が入手できる時代

①少なくとも、開示されている情報は、だれでも、見ることができるのです。

②しかも、真実か、記事だけなのか?真意は?

③世界が1次元での開示になり、時差レベルの違いである。

 それも、24時間であるなら、時差など無視できる。

④秘密の情報の漏えい阻止には、今までにない手段が必要になる。

⑤需要度合いを初期から設定して、その確保、格納に方針を決定しておき、対応することが重要である。

◎少なくと、ノウ・ハウは、書籍で、いわゆる、[モノ]として保持する確保が重要です。

 これなら、外部に漏れるのは、本人、以外は、盗まれたか?誰か内部のものが、勝手に開示したかです。

勿論、それほどの重要な情報は、責任者が確保手段を設定して、漏洩を防ぐ以外ないのです。

 多分、モノの製造法のノウ、ハウ、例えば、コカコーラのように、3人しか製造ノウ・ハウを知らない。

それも、この3人は、同じ場所に同席しない。

即ち、同じ飛行機にはぜったのらあいなどのヒミツ保持と維持に努めているのです。

◎最近の産業界は、情報の戦争であり、一端、表に出れば、世界の果てまで瞬時に拡散する、

同じ情報が世界を回るのです。

是は、経営上では、まさに、うっかりの情報開示など許されるもの得なく、経営の根幹がひっくり返る事態になるのです。

◎開示は、一気加勢に、必要な情報がすべて開示される環境を思うべきです。

①開示前に秘密保持、ノウ・ハウ、知らしめるべき組織、顧客、機関など設定して開示する。

②万一の際の手段も、考慮しての開示とする。

③権利関係,取引系、グループ関係などのネットワークは、日々、確認しながら推進することです。

④新製品の使用、ノウ・ハウは、その周辺の応用も含めてがんじがらめの先手を施す。

⑤業界、政界、世界の動きを考慮に入れた開示タイミングの設定を行う。


◎開示後は、すべて赤裸に分析されると心得るのです。

①まさかの抜けは許されない。

②業界の連携もほどほどに構築しておく。

自社ばかりは禁物。

◎情報開示には、ストリー性と、チャレンジと、タイミングのセット行うこと。

あなたは?

まさに、赤裸にされると心得て開示する覚悟が必要です。

◎それが嫌なら、徹底して秘密主義に徹すること。

①これは、非常に難しい環境です。

②情報は、経営をドンデンがえす可能性もある。

③人材の流出に歯止めに苦労する。

④まさの、社畜でなく、社会の人材とみなすべき。

恐ろしい時代です。

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。

勿論、出向きます。現場第一です。




  


2018年12月05日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、



サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-123

経営者④-4

◎決断

経営トップの最大の仕事は、物事を決定することであり、この意思表示ができないなら、それは、[トップ失格]です。

モノゴトには、方向性を決定することが多く、それがあやふやでは、組織の進む方向性が定まらず、力は分散される。


其れでは、ライバルに勝てないのです。

市場は、すべて勝負の世界です。

特に、同業者なら直接対決です。

最近は、異分野からの殴り込みを多く、安全などの領域はありません。

◎人事権

これは、企業のこれからの経営方針を実行するための人材の配置であり、スキルの強化です。

そこで、いかに優秀な人材を獲得、育てるかが企業の展望を予測するときに最大の要素です。

しかも、最近は、転職が多く、いつまでも、あるいは一生勤務の体制が崩壊してきています。

それを引き留めるのは、この企業を活用してみずからの力を発揮する環境(即ち、ヒト、モノ、カネ)の活用以外ないのです。

それが出来ないなら、企業にいる価値がないのです。


◎それくらいドライなサラリーマン人生です。

いや、企業か人生をもくろむのです。

それが、出来ない人は、企業家畜になるのです。

◎使う側、使われる側

どちらに立ちますか?

それが、人生の分岐点であり、将来展望なのです。

そのために何が必要なのか?

その選択と訓練を企業内で行うのが最近のできる人財です。

◎これらの要素を加味しながら企業のベクトルに社員を合わせる施策が、トップの総合力です。

成長できる企業なら、あえて自らの危険性を、あるいは冒険をせずとも、同じような人生

をたどることができるのです。

◎あなたは、どのタイプですか?

是非、自らの才能を十分に発揮して、チャレンジするのが人生です。

期待します。

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。



  


2018年12月03日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-121

開発者①-4

開発者の弱点

◎それは、末端市場をしらない。

①開発者は研究者と違い、実商品化の最先端に位置する。

研究者なら、即商品化は無理であり、新規な発見、新規な原理、物質などの発見と発掘である。

②展示会レベルでの市場のサーチは、マーケッテングの末端であり、すでにこの時期では遅すぎる着目です。

いわゆる、2番煎じであり、開発メーカの面目は丸つぶれであり、先発企業の2の前は、意地でもやめる決断力が

必要です。

あなたは?

勿論、企業内では注目の眼であり、失敗のそしりはまぬかれません。

デモ、何でもかんでもの開発は、基本、無理があります。

②自社商品の延長線なら、最悪です。

③少なくとも研究と、開発の線引きは必要です。

④開発なら、精々1から2年のスパン、研究なら1から10年くらうのスパーンです。

⑤新規な技術の応用が即、実施できますか?

それくらいの頭の柔らかさが、必要なのです。。

◎製造技術の現状と新規開発の情報は?

これは、即製品化の部署の役割です。

発想が可能でも、製造できなければ、宝の持ち腐れであり、無駄な投資です。

そこで、装置の展示会、学会の発表会、それらの資料の収集は、他部門位任せず、自ら

収集してこそ、価値があります。

◎他社の開発レベルの力は?

①同業他社との会合に出席し、人脈を構築しておく。勿論、お互いが守秘義務をこころ得ている。

②同業者の他の部署に人とのコミュニケーションは?

展示会などでの親交を。


◎世の中のデザイン変化の収集、

◎海外の商品の流れは?特に、グローバル化が叫ばれているっ現在、注意すべきこと、

◎政治、経済・流行などは、一般常識レベルまでの収集をする。

あなたの気配りは?



現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。




















  


2018年11月29日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-119

実行⑨-3

◎これは、企画・計画などのチェックをへて具体的に行動することです。

それは、ヒト、モノ、カネが動き、実質的な動きが、始まるのです。

その為、直近,中間、めど、将来の計画に従ったアクションです。

 ①其れも、試験的な行動なのか?

 ②本格行動なのか、

 ③地域的なテスト地域、例えば、静岡県が最適、なのか?

 ④市場、地域、問屋、施工業者、顧客の反応なのか?

 ⑤地域一番店狙いなのか?

など、予備的な行動もあり得ます。

◎少なくとも危険回避には、下準備的な行動が不可欠です。

 それは、
 ①経費の有効活用になり、

 ②無駄の最小限化、

 ③実際の市場での顧客の反応、動きの確認

 ④全国一気参入なのか、ブロック参入なのか?

 ⑤自社の柱的商品の確立なのか?

 など、机上のシュミレーションと対比しながらその結果を観察するのです。

◎ベンチャーの経営トップは、

 ①金融機関を説得する数値の確認を

 ②顧客の反応の実数確認、

 ③ライバルの動き観察、

 ④マスコミの反響の確認、特に、業界紙、

 ⑤トップ自らの市場観察と顧客の反応を肌で感じる。

など初期にやるべき工程をクリアしながら、計画にしたがった行動をとるのです。

 ⑥少なくともテスト期間は、3か月から半年は見るのです。

 しかも、月次の成果の確認をしながら改善しながら推し進めるのです。

◎計画の再チェック

 ①これは、客観的な実数からの観察であり、

 ②初物好きなのか?

 ③実際にこの種商品市場の穴なのか?

 ④市場の拡大は?
 
 ⑤投資規模の点検が必要か?

 ⑥社員の増加は?
 
 など経営的な立場と、市場の観察と、投資の見極めを図りながらこの試行期間中に

 肉眼と肌での確認が重要です。

 ◎勿論、商品によりその切り口は異なりますが、一応、概略的にはこの工程です。


 あなたは?


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。



  


2018年11月22日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、調査⑥aー1

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-116

調査⑥a-1

今回から、⑥aと⑥bを設け、⑥aは経営者、⑥bは社員と位置づけして述べます。

◎経営人における、調査は、基本的に直近の①危機回避策、②近未来の企画計画の下調べ、

③10年後の市場変化、人口変化、世界政治の変化、商品の嗜好変化、技術の変遷、

政治の流れの変化などを総合的にまとめるための下調べです。

◎特に、直近の危機回避は、

1、市場占有率の急激な変化の原因究明、

2、ライバルの動向調査、

3、特許権等での市場排除の動向、訴訟、不正競争防止法、

4、新規技術の開発情報の収集、

5、政局の大きな変化は?

⑥、国際社会での流とその悪影響等

などを日々、現状と対比しながらその原因を探るのです。

これには、①自社独自の調査と外部調査機関への委託の2手段を併用します。

◎その理由は、

1、同じ業界の動きは、微々たる変化でも同業であれば、発見できる。

2、人的な交流でも把握できる。

3、業界紙の編集者との懇意な関係からも開示されていない情報の収集が可能になり、調査の

正確度がアップするなどです。

◎また、外部委託は、

1、これまでも長ん絵にわたる調査データとの対比のコメントが得られる。

2、第三者的で、客観的な観察、思考、見解がえられる。

3、金銭的な負担はあるが、自己流の是正につながる。

4、余剰の情報などの調査資料が得られる。

などです。

勿論、目的を指定しての調査も可能なので、ターゲット調査の依頼が可能です。

ただし、調査員の資質は?

それは、依頼者が保管する義務を負う。

しかも、彼らには責任が無い。企業の売上等の栄枯衰勢にっ無関心です。


◎経営人は、

1、自らマスコミ、調査機関、業界本部、市場の顧客とのコミュニケーション先の確保(優良顧客)、

2、業界紙トップとの持ちつ持たれつの関係の構築、

3、市場での自分自身での顧客確認、商品確認などを行う。

4、種々の展示会に参画し、いろいろな情報の収集で調査に副眼的な視野を

確保する。

5、また、予備試験用の試作品の動向調査は、新製品の販売に不可欠な調査です。

あなたは、どのおジションですか?

◎なお、次回の社員から見た調査⑥bは、後日です。



現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。





  


2018年11月21日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、情報 ⑤-3

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-115


情報⑤-3

◎特に、ビッグデータなどの情報の活用、加工により多数の予測が可能になり、

すべて実験しなくても結果を予測でき、その正解率がアップしている。


しかも、世界中の情報がすぐに収集とは、おそれしい世界です。

◎しかも、最近は、ハッカーや遠隔操作で相手のパソコンを操作し、知らない間に情報(秘密事項)が

すっぱ抜かれる時代です。

これほどまでに、世界が近くなり、一端開示された情報などは、まさに世界一周を瞬時にするのです。

この情報の活用が今後の人生、産業、気候予測などの即、活用されるのです。

◎このスピード感が、良い結果をもたらすことが多いのだが、中には大きな汚点を残す場合もあります。

それは、まだ解明されていないが、アメリカ大統領選挙の投票操作、人気操作、好ましくない情報の

ばらまきなど、恐ろしい現実もあるのです。

◎勿論、これらは、すべて人為的なものであり、その対策もありうるのです。

新規に作成したソフトのシステムは、必ず開示できるのですが、それには時間との競争が待ち受けるのです。

作製したソフトは、必ず解明できるのです。

◎人生などの進路予測には、果たしてどの程度の実効果が有るのか?

少なくともデータ化できる事項はすべて加工できるのです。

それゆえ、思わぬ活用法も可能なのです。

しかも、瞬時に。

◎京(けい)クラスのスパコンでは、世界競争のスピードであり、その容量は莫大だといえます。数有

でもやはり、実実験で確認する要素が多数あり、この隙間を埋めるだけで多くの実験を省略する工程が可能になり、

経費の節減と時間の節約が一気に進みます。

◎経営的な情報では、

①技術分野の現状のレベルは、

②ライバルは、

③開発者の名簿は、

④新規市場の予測は、

⑤世界の市場の現状は、

⑥経営状態は(決算書)

⑦人事採用、退職状況は?

⑧噂や市場占有率などもほぼ把握できるのです。

⑨これらの情報から予測して隙間に新規商品が必要なことが解明できるのです。

⑩でも、その新規な商品がこれだは、解明できないのです。抽象的すぎるから。

ココに、人間の[知]である創作が必要なのです。

それに、人間の[心]は、感性を予測できるのです。

アイデアだけで新商品がヒットする訳でなく、やはり、感性も創造も合体してこそ、新規商品なのです。

◎環境の変化は、

それは、我々が変化させたものであり、地球を取り巻く宇宙空間もいまや[宇宙軍]だのと言って、

その国の領域に組み込む恐ろしい時代です。

宇宙も所有権が存在するなど?

デモ、宇宙は人間が届く範囲など微々たるものであり、数万光年など宇宙の話を聞くと、

夜空の大きさの想像ができないほど無限の大きさに感じます。

◎あなたは、情報に惑わされていませんか?

 情報の、有効な活用法はできますか?

少なくとも、その人、企業、国等にとって、必要な情報の加工が、世界を制するのだと思います。

情報戦争といわれますが、日々の生活、企業間競争などでは、瞬時の争いなのです。

特に、特許出願などは、電子出願では秒まで記録されるのです。

◎また交通事故などでは、現場のシュミレーションができ、かつドライブレコーダなどの併用で

現実の事故を映像で再現できるのです。

人間の視力など、判定に無策です。

◎ただ、感性などのソフト部分は、パソコンでは判断できないかもね。

あなたの情報活用法は?

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。










  


2018年11月20日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、知財責任者④-3

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-114

知財責任者④-3


◎このポジションは、最後の砦の武器です。

日々の企業活動では、表に出る必要のないポジションです。

勿論、経営中枢と直結し、経営の舵取りに指針を与える機能を有するものです。

それは、下請け企業なら必要ないのですが、自社ブランドで新製品を上市するなら、

必ず準備すべき武器なのです。

◎それは、法律という同じ土俵で勝負ができるからです。

少なくとも、大企業、あるいは自社企業より規模が大きいいか、企業力が上なら、

その気になれば、一気に買収、あるいは倒産に追い込めるのです。

◎この戦略に対抗できるのは、知財の権利だけです。

この力を知らない、あるいは使わない企業は、まさに買収、倒産、あるいは衰退などの危機が

目前なのです。

このような企業に、未来は?また自らの一生を託す企業ですか?

◎ただし、自社ブランドの維持には、走り続ける義務もあります。

それは、一端開発で新製品が途切れると、その隙間にライバルはすぐにちょっかいをだし、相手の様子

サグリ、その後、一気呵成に市場を奪い取るのです。

これには、対抗すべき武器もなく、ただ押されっぱなしの戦況です。

◎そこで、一端、自社ブランドのある企業になれば、その持続性が最大の課題です。

デモ、その成果は、社会、地域、企業、社員へと、みなその恩恵に浴するのです。

これは、最大の成果です。

このような企業の未来展望は、まさに陽光がさんさんと差し込む日の出です。

◎勿論、企業のトップと、社員と、金融機関とのトライアングルは必要です。

何せ、地域の活性化に寄与するのです。

これは、最大の喜びです。

これは、地域還元と社員の成長と企業の価値評価のアップです。

まさに、大きな果実の習得だと思います。

◎それで、下請け企業からの脱皮が不可欠なのですが、その、気力、やる気、現状への不満も

破壊せず悶々と愚痴るのはストレス以外たまりませんよ。

是非、現所の破壊、脱皮は新規商品の創意工夫からが、スタートラインです。

その期間が、少なくとも数年が必要です。

その間は、下請けでも、食いブチをかせぎ、社員に夢、展望をかたり、をチャレンジ精神を鼓舞し、

明日を夢見る企業のモデルに成長すべきなのです。

◎それはトップと経営陣と知財責任者との連携です。

勿論、関連技術のある企業との連携も不可欠です。

デモ、何事もまずがその企画・計画を作成し、見る化すべきなおです。

語りだけでは、具現化しにくいのです。

初期投資には、金融機関を巻き込むのです。

それは、夢と将来展望と、可能性市場の展開を力説できることが前提です。

◎あなたは、下請け企業で一生過ごすのですか?

まさに、江戸時代の士農工商でしょうか?

是非、一人でも自立,自律の精神でチャレンジする環境の場を与えるのが経営トップ

の役割です。

あなたが勤務するトップは?




現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。






  


2018年11月19日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、経営者③-3

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-113

経営者③-3

◎経営者はオナーです。

しかもリーダです。

総責任者です。

少なくとも、社員が1人でも入れば、それは、事業者であり、経営者です。

◎この立場の経験は、

社員、従業員の立場とまるで違う世界です。

それは、社員から見ると、楽にあ感じがしたり、自分勝手な時間割を計画したり、

自由奔放に見えるのです。

◎ですが、企業経営は、黒字、赤字のいずれかであり、しかも、継続させる義務があるのです。

一度生まれた企業を殺す(倒産)させるのは、すべて、経営者の総責任です。

これに比べると、社員は、日々の仕事を消化すれば、それで責任は果たせます。

これは、決められた道を歩むだけであり、行動すればいいのです。

◎結果は問いますが、最終責任にならないのです。

ここに、すべての価値が有るのです。

其れで、万一、失敗やまあまあでも、それで済むのです。

ただ、中小、ベンチャー企業では、社員と同じレベルの仕事も、それ以外の仕事も、すべての経営者の

仕事です。

◎企業を生かすも殺すも、経営者の力量です。

①時代が悪い。

②顧客が悪い。

③市場がおかしい。

④自らの商品と市場のミスマッチングだと。

⑤金融機関が悪い。

⑥地域が悪い。

等は、言い訳です。

◎すべては、経営者の責任であります。


勿論、少ない社員数では、否応なしに感じるのですが、社員が30~100人、それ以上になると

それは、地位が最上階にあり、下野の事柄が直接観察できない環境になると、発想が狂うのです。

やはり、現場がすべての市場のネタです。

◎ある人の現状は、

まさに①~⑥の状態です。

何に、この打開策は、約10年位目あたり次第にチャレンジしてその根本原因を模索しているのですが、

いまだに、解決せずにいる。


◎それゆえ、日々新規な情報、新規な発想、新規なストーリー、世界感の着想、新規なネタなどで,

BLOG主体の市場開拓、顧客開拓に、時代のリーダの発掘に精を出している人です。

あなたは?



現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。











  


2018年11月16日

コラム 水晶 太郎 、 、企業譲渡

コラム 水晶 太郎 、 


企業譲渡の話

◎今朝来た友人が、企業譲渡の話をしてくれた。

それは、ある10名位の従業員がいる株式会社の企業であり、市からの委託事業を

本業としている。

そして、そこの管理部長の定年が来年3月で、そく退職とのこと。

ココの社長は、82歳の創業者です。

◎この社長の展望


それは、この企業を譲渡して隠居したいのです。

その価格は、1億、あるいは5000万円位だと予測していました。

勿論、社員は知りません。

それに、このトップの子供たちは、別の同じような企業に従事しており、

その人に相続させると、思っていたのですが、急に譲渡の話。

◎年齢的なことと、相続などの件から、譲渡も思いついたのだろう。


しかも、年間の利益は500マエンくらい、10年で5000万円、

それに比べると、譲渡価格は、算定できるのです。

デモ、1億では採算的に長すぎます。

それらを総合すると、3000万から5000マエンが妥当なのかも?

◎ならば、だれが経営するのか?

それは地元の同じような産廃業者おり、そこのトップが運営するのと、庄内地方の企業にその地域の事業を任せるのです。

それは、地域の活性化と新規な農産物の開拓に役立てるのです。

その可能性が有り、出資する人もいるのです。

これは地域的にバッテングしないし、技術の移転も図れる好ましい話なのです。

デモ、まだ、この話は緒についたばかりであり、その行くへは?

デモ、世の中、いろいろなストーリが有るのですね。

◎現実の企業活動での面白さ、

彼は、この種ネタの提供とそのジョイントをめざす、ブローカ的な人です。

それゆえ、楽しい話、大変な話など種々雑多のネタを持ち合わせ、その中から成果に結実するものが数件、

でればそれなりの収益です。

◎でもその成功率は低いのだと。

それで、貧乏暇なしと笑っていた、

この楽天家が、このような仕事を受け持つブローカーになったのだろう。



半分うらやましいのと、大変さを感じる。

あなたは?

この話の展望は最後は農業法人を設立して農産物を拡販すると、その収益は半端でないのだと。

まさに夢物語です。

デモ、この種臭い話には、何にか、[オチ]が有るかも?

そえは、今後の展開を見てみましょう。  


2018年11月16日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、 事業者②-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-112

事業者②-2

◎事業者には、個人事業者、が主体で、法人登記していない事業者です。

これらの人々は、精々1から10人位であり、法人登記しないメリットが有るのだろうか?

多分、法人税や申告が一般の申告時期と同じにするのかもしれない。

法人であれば、いろいろな取り決めや縛りがありますが、この種事業者はそれが自己申告です。

◎そのため、成長する事業者は、逆に税務署から目をつけられる可能性があります。

その意味では、法人登記がよいのですが、それなりの費用も掛かります。

①収支報告の申告時期、

②法人税、

③株式会社しかなくなりました。以前の登記している有限会社とうは存在します。

◎近隣で法人でなく、事業者扱いしている人は、個人商店ですね。

これらの人は、団体からの情報が少なく、しかも、遅く、多分、衰退の自業になると予測します。

やはり、情報の時代らしく、法人登記に行くすべき業者と思います。

税金逃れをしても、利益が多いと、目に映ります。

それに取引相手が法人だと、税務署が査察できるので、それで収支決算が明らかになるのです。

その意味では、収支を隠密にする手段が少ないと思います。

◎個人事業者

やはり事業の初期には、このパターンが多いはずです。

法務局、

税務署、

市役所とへの

届け出は面倒なのです。

◎これからはある程度IT化より、パソコンで対応できるかも?

でもやはり何事も、最後は、face to faceであると思います。

この種事業者の未来は?

事業当初のスタートラインとしては、進められますが、長期の継続は?

その意味で、マイナンバー制度などの縛りもあり、逃げ道がない世界になっています。

◎あなたは、個人自業者から始めますか?

それは、大英断です。

でも事業初期は、この選択もありです。

大いにチャレンジしてほしいのです。

最近は、その気力の無い人が多く、?


少なくともIT関係の事業者はこの種パターンが多いですね。


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。





  


2018年11月15日

エッセイ 、ドンキーマカセ、 目標を選択できる高齢社会へ

エッセイ ドンキーマカセ、 


目標を選択できる高齢社会へ。

最近の政治は、①憲法改正とか、②外国人雇用とか、③消費税10%とか、

④少子化対策とか、⑤障害者雇用促進とか、⑥新人大臣の足ひっぱりとか?

⑦沖縄辺野古移設阻止とか、⑧トランプ政権とか、⑨日露関係とか?⑩Ip細胞による脊髄損傷治療の開始、

⑪野球のストーブリーグ、⑫大谷の新人賞、⑬サッカー、⑭駅伝、⑮来年の参議院選挙とか?いろいろありますが、

あなたは、何が気になりますか?

◎憲法改正は?

これに関しては、すでに数年の月日が流れ、ようやく国民にその必要性の確認をするタイミングまでに来たのかも?

それは、自国の防衛を他国にゆだねる現状の国政は、国際的にみても正常ですか?

自国の防衛は、自国民がする。

当たり前の話です。

米国が日本を防衛するのは、アメリカへの攻撃の前線基地の役目です。

それ以外は、意味がないのです。

しかも、その代償として、駐留米軍の費用と、敷地とを与え、その代替が日本国の防衛なのです。

それが、なぜう野党は、だれが自国を防衛するのですか?

中国、ソ連が日本を防衛してくれるの?


無防備な国は、韓国はじめ外国から狙われるのです。

竹島しかり、北方領土も同じようです。

尖閣列島は、何とか防衛しているようだが、中国の潜水艦や漁船が勝手に往来しているようですが?

北朝鮮の漁船、など

もし、日本国がそれなりの防衛力をいjすれば、そう簡単に他国の領土に近寄れないのです。

万一、相手から攻撃されても、文句言えないのです。

それが、現在は?

警告、拡声器、迫撃砲での威嚇では、ほとんど効果が有りません。

国民は、自国を守るのが義務です。

それをまだ、募集の自衛隊でしのいでいる現状に違和感を覚えます。

スイスは、国民皆兵です。

当たり前です。

其れゆえ、永世中立国を維持できるのです。

あなたは、我が国の行く末は、どう思いますか?



其れを、他国任せは、すでに属国です。




  


2018年11月15日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、開発者①-3

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

⑪-111

開発者①-3


◎日々研鑽

 開発者は、納期により、開発順序を計画するが、直近と、中間と、将来と、情報収集などの

業務が交差する日々です。

 しかも、関係者との調整もあり、設計変更等があれば、根本から覆されるのです。

それでも、新商品が顧客からいい感触があれば、すぐにでも変更すべき状態です。

◎少なくとも、直近の開発は何が何でも進捗させる義務が有るのです。

もし、計画が覆ると、関係者のすべたがひっくり返り、最初からのスタートとなるのです。

 これは、とりもなおさず、納期の短縮でしかないのです。

理由はともかく、納期を変更する事態は、関係者もその重大さに

日々、心を砕いているのです。

 中・味依然の問題になり、企業経営の根本を揺るがすのです。

もし、経営体質が脆弱では、企業倒産にもつながる危機なのです。

◎勿論、トップ始め経営陣を含めた総意で新製品との発売が決定

されたのであり、それを感単位変更はできないのです。

全社のベクトルが目的に向かて走っており、そのエネルギーを勝手にとめることなど、

不可能です。それにともなう損失も甚大なのです。

◎勿論、開発には、シュミレーションを行い、構成材のチュックやの納品業者との

意思の疎通(そつう)なども、行い。

途中での変更の事態を招かないような、チェックはすべて完了しているはずだが。

それでも、手違いがあるのです。

この時は、ハチの巣をつついたような混乱と、忙しさが混在するのです。

この時の職場は、まさに職位も役職も担当も関係なく、総責任さ者の指示に従うのです。

◎すべての責任は、総指揮官です。

これは、チームで仕事をするときの原則です。

指揮命令系が複数では、混乱もとです。

◎指揮官の優劣を論じる前に、実行力と万一に、備えた対処法が適切に行えるかが最大のポイントです。

ココには、やはり、リーダシップと、企画計画等のレベルの差がおおき結果を左右するのです。

あなたの指揮官は?  


2018年11月14日

コラム 水晶 太郎 、勝手な感想




コラム 水晶 太郎 、

勝手な感想

最近、新閣僚に対する質問が集中する。


それも本筋の仕事でなく、政治団体のパーテイ等の決算書のミス等の多い。

これは、今回が初めてでなく、いつもの年中行事です。

野党は、相手の間違いを突くのはいいのですが、本筋の間違いを正すのなら

いくらしてもよいと思いますが、些細なことで貴重な審議時間を費やしている。

これは、いささかお門違いの感じがします。

勿論、自民党も襟を正す必要はありますが、それは野党でも同じだと思えるのだが?

政治資金規正法など、熟知している人?

勿論、代議士本人よりも秘書が熟知している内容だと思います。

大先生方が、お金の収支決算をきめ細かくチェックするなどナンセンスです、

それれには、税理士、公認会計士もいるのだから、彼らの責任で処理すべき内容と思いますが?

あなたは?

確かに五輪相がオリンピクの3大目標を、知らないのは、困りますが、書面をみれば明確に記載されており、

それを読めばいいのですが、敢えて質問する理由が知りたいですね。

私なら、書面を見てくださいと、突っぱねますが?

なお、野党が政権与党の弱点を突いて気勢を上げるのは、わからないでもないが、それはショウーにして、いつまでも、

このような質問を繰り返してほしくないですね。

特に、衆議員と参議院でも同じような質問があり、その答弁が異なるのですか?

多分、同じだと思います。

ならば、質問者にこれを見てくださいと主張ればいいのだろうにと勝手に思います。


あなたは?

少なくとも2重の無駄が多すぎる感じです。

何のための両議院なのか?

それぞれの目的に有った質疑が望まれるのですが?

また、予算委員会なのになぜ、政治家個人のパーテーの収支報告書などのケチをつけるのか?

理解できません。

あなたはできますか?

勿論、海の向こうでも、特権をフル回して国を2分割するのか?

国民は、正しい判断情報を何所まで提供されているのか?

ココが課題だと思います。

マスコミもトピックの目立つ案件のみ大げさに書きまくるのですが、肝心なのはもっと身近の

案件なのかもね。

 まさに、政治の弱者ですね  


2018年11月14日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、反省10-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-110

反省⑩-2


◎①~⑨までの事案に関しての総合的な反省です。

これは、あくまでもメーカ主導の企業における反省です。

開発者としての反省は、やはり他社に先駆けた発想、計画、実行をスピードアップして

実行するシステムの構築が弱く、開発者の行動を指導、促進させることが弱く、大いに反省すべき点です。

勿論、商社や他の業界での開発者の立場も、ほぼ同じと予測します。


◎開発者の資質も大きな要点ですが、その業種でのトップメーカの場合と新規参入とでは、

まるで違う対応が必要です。

ココでは、業界NO、1での開発です。

 それは、現状の延長線を極めることが第一であり、その先は、別行動隊の役割です。

即ち、先発企業の開発者は、すでに固定観念があり、この観念を飛び出すことは、半端でなく、

言い換えれば、無理です。

それよりは、従来品の改良が、有利に展開できるのです。

 すなわち、装置も、治具も、施工法もそのまま活用でき、カタログの編集も部分改良で可能になり、

経費が少ない。

それは、原価が安くなり、製品全体のコストダウンにもつながります。

◎個のメーカにおける新製品は、

やはり別行動隊が受け持ち、指揮命令も別にする必要があります。

如何に、最初からの製品開発のむずかしさをゼロから初めて、新製品開発の意思が明確になり、

逃げ道をふさぎます。


 ◎その際の指揮権は、トップに直結すべきなのです。

経費、人材、納期などすべてがトップ管轄になることが必要なのです。

しかも、内容はシークレットです。

◎、この会社でも、それは明確に、指揮、命令系統が確立されており、

開発者は即決断でき、スピードアップと、自由な行動も保証されていたのです。

ただし、納期はある意味、おおよその期限のみ決定していました。

 それでも、結論はやはり大幅の遅れと、コストアップと人材不足の

苦しい立場におかれたのです。

 でも、トップ直結のため、関係者の行動を阻害する要素がすべて排除されていました。

あなたは?

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。



  


2018年11月13日

エッセイ ドンキーマカセ、 ペットビジネスのゆくへ

エッセイ ドンキーマカセ、 ペットビジネスのゆくへ


これは、INSiGHIT NOWからの引用ですが、

1)いまだペットビジネスが継続している。

 子供の数(2017年、15歳未満は1571万人)より多いペット数。

 猫は、1000万頭近く(約985万頭)、(一般社団法人ペットフード協会出2016年)


犬は、1000万頭(約987万頭)

 ただし、犬の飼育数は、減少傾向にある。

それは、2008年が1310万頭、であり、毎年50万頭ずつ減少しているのだと。


その原因は、

①犬自身の自然減少。

②飼い主の高齢化で犬の世話、散歩が難しくなる。


③今後は猫の飼育頭数が増す。


私も、約18年間雑種の犬を飼育したが、朝夕の散歩は、犬の年齢と人間お年齢で相合のオックウになる。

しかも、犬が16歳ころになると、次第に目が白内障、脊髄がヘルニアなどのなり、その手術やその後の

リハビリには、相当の労力を要します。

しかも、朝、夕のリハビリは答えた記憶があります。

しかも、最後の臨終には、また葬儀をおこうなうが、その費用も3万円位、

など、費用もかさむ難点があります。

勿論、私は、雑種の我が家のチロの死に目に会ったので、2度と飼育しないと決めたのです。

しかし、世の中には何回も飼い続ける人がいるが、感心します。

その心境は?

ところで、内閣府が行った世論調査では、

[ペット飼育がよい理由]
①生活に潤いや安らぎが生まれる。---51,2%

②家庭が和やかになる。----------------42,5%

③子供たちが心豊かになる。----------28,1%


④育てることが楽しい。------------------24,7%


ペット飼育の問題点

①最後まで飼わない人がいる。-------58,2%

②捨てらる犬、猫が多い。-------------55,5%

③他人おペットの飼育により迷惑がかかる。---30,6%

④ペットの習性など知らないで飼っている人がいる。----22、7%

そのほか、ペット飼育による迷惑に、

①散歩してる犬のフンの放置など飼い主のマナーが悪い。-----58,1%

②猫が敷地内に入り、フン,尿をしていく。--------40,9%

③犬の放し飼い-----------30,9%

④鳴き声がうるさい。-------36,1%  (確かに猫の春先の声はうるさい。)

だそうです。

デモ、最近は放し飼いの犬は、ほとんど見当たらない。

また、糞の処理も飼い主が持ち去ることが多い。

などのデータが有りますが、心当たりは有りますか?

あなたは、何を飼いますか?


私は、今後は一切,飼いません。








  


2018年11月12日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、市場8-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


市場⑧-2


⑪-108


◎最近の市場は、国内、国外、の関係

まず、情報が一瞬で世界を駆け巡るので、時差がほとんどないに等しい。

それくらい、世界市場は1つのイメージがする。

あなたは?

◎自分の勤務する企業の商品は、国内専門、外国も視野、などさまざまですが、

そのスピードの速さに、ついていけるか?


特に、IT関係は、日々新製品のイメージです。

しかも、野菜、果物、なども翌日に海外へ届くシステムが国際交通貨物の

発展で、世界中の感覚です。

◎文化、生活習慣の違いで商品群が異なるくらいです。

特に、メーカは、何を誰に、どこで、の明確な指標が無いと、


殆ど的外れの新商品になるかも?



従来からある既成商品の改善位は、即市場をよめるのですが、それ意以外の新製品市場は

予測を超える感じです。

これがなぜ、の感覚が売れるのと、モノ単独よりはコトも連携した商品が爆発的ヒットに

繋がるのです。

あまりにも新商品が多く、その選択に窮することが多いです。

例えば、建材の屋根材を見ると、自然災害用の金属屋根材が

多い感じです。

 それでも、各メーカは、ソーラ装着用屋根材、内樋内装の屋根端部など、

本瓦やセメント瓦は減少方向だと思える。

◎衣料,医療、断熱材などの進化も、目を見張るものが多いですが、

中小零細企業が絡む業種では、衣料くらいなら、でもこれも海外生産だといわれるので、

ココにも中小、ベンチャーの参入するすきまがなさそう。

◎中小、ベンチャーのチャレンジは?

 最大の課題ですが、地産地消か、特殊な商品、あるいは特許等で権利化した商品の

許諾でしょうか?

 その意味では、中小企業の生きる道は?

メンテナンスですか?

あまりにもさみしいですね。

あなたは、どのような試案が有りますか?

現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。











  


2018年11月08日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、調査⑥-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、


⑪-106

調査⑥-2

◎調査は、情報を収集する時の要です。

何を、

何所で、

誰に、

何時、

誰が、

など、調査目的にマッチした条件で調査して、初めて目的の調査が可能になるのです。

◎やみくもの調査しても、結果に満足できる成果が得られないはずです。


この要点に対比しながら企画・計画して実行することが肝要です。

例えば、開発者の調査では、

①ライバル企業の開発人の移動等、

②開発テーマの変化、開発年、

③開発陣のトップの移動?

④経営トップの移動は?

⑤経営状況は、

⑥末端の市場の反応は?

⑦特許等の公開と登録の関係、他社との共同開発は?


など、パソコンだけでは、調査結果に、抜けができる。

◎人で、業界の資料など

①社員が市場での反響の調査、

②業界紙の記者の反応は、

③展示会での閲覧状況、

④展示会の状況、展示品、規模、集客度合、

⑤展示会のデザイン、費用など、

◎データの蓄積は

これは、単年度での対比では、予測困難であり、信ぴょう性で?

未来予測も必要であり、

今後の方向性の動向調査の基礎にもなる。


◎調査関係者の地位の向上は?

①この種部門は、人事評価が低い。

②成果がすぐに見えない。

③熟練と経験が必要であり、先読みも勘案する調査、

④営業、経営陣、開発人との人脈も構築、

これは、何事にも関係するのですが、日々の交流でコミュニケーションが重要。

◎市場、開発に確かの証拠になり得のか?

これが最終評価であり、その結果が数年後に役立つものが多く、

即決できない地味な職場であり、地位も高くなく、

其れで、結果は厳しく評価?

あなたは、このポジションやりますか?

片手間では、無理です。

◎昼夜関係なく市場調査も必要です。

その意味では生きた情報に匹敵します。


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。




  


2018年11月07日

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、情報⑤-2

サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、

情報⑤-2

⑪-105


◎情報

これはいつの世の中でも、最優先すべき事項なのです。

それは、現状の確認と今後の展開など、まさに方向性を示す羅針盤なおです。

ところが、この情報をないがしろにすると、最先端まで到着して、初めて現状を把握するのは、


まさに、そこまでの工程等が無駄になるのです。

しかも、時間も費用も取り返しのつかないことになるのです。

囲碁などで千鳥などもその最たる現象です。

将棋も、百日手などもありますが、これはまだいいとしても、世の中の動きでは、そのスピードも

重要になってきている。

◎世界のどこかで起きている現象が即、SNS等で世界に拡大されるのです。


これは、商売では、まさに命がけです。

何所で、だれが何を始めているのか、すぐに把握されるのです。

その意味では、秘密厳守の約束が、最大の価値になります。

或いは、ノウ・ハウです。

ただ、これは、その関係者の信頼性に関わり、一概にこの手段とか、言えないのです。

◎ますます情報の価値がアップ。

デモ、世の中には、すべて。開示されることが良しとすべきかは、大いに検討する意味合いが有ります


特に、企業の新規技術のヒミツ保持は、至難です。

◎その意味では、特許等の公的機関に出願、あるいは届出で、秘密保持や権利確保をするのが

最善だといえます。

公証人役場もありますが、一寸、安価ですが公的な頒布は無理です。

やはり権利は確保することが、公私にわたり最大の武器になります。

無手勝流の戦い方は、無謀です。

◎どんな小さな権利でも確保することが最優先すべきなのですが、ベンチャー、零細企業は日々の経済環境で


ないがしろにして、あとで大企業にそっくりモノマネされても、無言い抵抗です。

これは、何にもなりません。

是非、新規名は総統は何とか産声だけでも公的に開示する発想が必要です。

ぜひ、現状の環境で、何か、新規な技術、発想、思いつきがあれば、早速、

具現化する努力が最優先すべき事項なのです。

◎行動ありきです。

さらに、情報のスピードは増すばかりです。

その速さに、惑わされることなく、人間対象の事柄ですから、そこに視点を

おいての行動を検討しつつ、そのスピードも勘案してください。

それが、情報を扱うコツです。


あなたは、情報に関する感覚はいかがですか?


現在、悩み、課題につまずいている人,【star1663@gmail.com】へ

mail下さい。長年の経験と人脈で返事を、最初は無料でさしあげます。





  


< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ