2015年01月21日

成長は経営の要、開発の範囲の拡大で、市場の縮小を超えるコツ

成長は経営の要、開発の範囲の拡大で、市場の縮小を超えるコツ
今朝、知り合いの会計事務所の公認会計士から問い合わせに対するmailが来ていました。そこには、今度、仙台に事務所を開設したと。やはり、東北の市場は仙台に収束する傾向が数年前から生じている。それは市場が,いわゆる、人口が増加するか微減の地域である、これに対して宮城県以外の東北地域の各県はみな人口減少に有り、山形県は後、30年後は100万人の大台を割ると。勿論、日本の人口も1億を割ると言われている。その対策は、るる言われているが、簡単でない。そして、今回の打診は、地元での企業の成長を図るために、地域の企業のなかで成長が期待できる芽を持つ企業、いやトップがいる企業の打診である。しかし、この会計事務所は基本は、決算関係位が主体である。ただ、ほかの会計事務所と異なるのは、コンサルタント会社が併設されており、相関関係を持った経営である。ただどのような関係になっているかは?人材を見ると、中小企業診断士などが数名配置されているが、経験等?いずれにしても当方の開発と経営と知財のサイクルを経験した実績のある人がいるか、いないか?多分、県内企業では数少ないので、それらの企業から採用された人は、?
いずれにしてもベンチャーから中堅企業の成長体験をした人は、数すくないので、、?特に、知財を経営の中枢に置き、それで新商品開発と企業成長と、経営のサイクルを回転して現実のように37年も業界NO、1を維持している企業は見当たらない。この貴重な経験のコツを地元に伝授し、そのエキスを活かして現状打破の自社ブランドを目指して欲しいのだが?

今朝、知り合いの会計事務所の公認会計士から問い合わせに対するmailが来ていました。そこには、今度、仙台に事務所を開設したと。やはり、東北の市場は仙台に収束する傾向が数年前から生じている。それは市場が,いわゆる、人口が増加するか微減の地域である、これに対して宮城県以外の東北地域の各県はみな人口減少に有り、山形県は後、30年後は100万人の大台を割ると。勿論、日本の人口も1億を割ると言われている。その対策は、るる言われているが、簡単でない。そして、今回の打診は、地元での企業の成長を図るために、地域の企業のなかで成長が期待できる芽を持つ企業、いやトップがいる企業の打診である。しかし、この会計事務所は基本は、決算関係位が主体である。ただ、ほかの会計事務所と異なるのは、コンサルタント会社が併設されており、相関関係を持った経営である。ただどのような関係になっているかは?人材を見ると、中小企業診断士などが数名配置されているが、経験等?いずれにしても当方の開発と経営と知財のサイクルを経験した実績のある人がいるか、いないか?多分、県内企業では数少ないので、それらの企業から採用された人は、?
いずれにしてもベンチャーから中堅企業の成長体験をした人は、数すくないので、、?特に、知財を経営の中枢に置き、それで新商品開発と企業成長と、経営のサイクルを回転して現実のように37年も業界NO、1を維持している企業は見当たらない。この貴重な経験のコツを地元に伝授し、そのエキスを活かして現状打破の自社ブランドを目指して欲しいのだが?
  


< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ