2015年03月31日

年度末は閉幕と開幕の同居する素晴らしい時期

年度末は閉幕と開幕の同居する素晴らしい時期
昨日、2社を訪問したら、やはり両社のトップは留守でした。
予測どうりと言えば、そのままですが、なぜかこの時期になって最後の追い込み?一寸、違和感を覚える。現職時代は販売関係なら当たり前であり、目標の額に達しなければ押し込みをする必要があり、事務所での電話作戦が普通の作戦とおもいますが?時代は変化してぎりぎりまでにお客様のところに出かけて行く作戦なのか?いずれにしてもギリギリは最後の頑張り力ですからそれなりの価値はあります。しかし、その反動は4月にでますので、そのあたりは当然い計算されているはずですが?しかし、昨日訪問した企業規模では、そのような手段を取る必要があるのか?そのように思えないのだが?勿論、社内の人間でないので、実態は不明ですが、いずれの会社も静かで事務の女性だけが窓口に出てきましたから。やはり世の中年度末は騒がしいのかもね。特に、人事異動は既に発せられているはずだが?その移動の準備は事例が4月1日ならその日に移動するのであり、その前は飛ぶ鳥あとを濁さずのことわざのように綺麗に身の回りを整理して次のスタートに備えるはずです。ただ、小生はこの時期での移動の経験は現役時代全くなく通常の流れの中で過ごして思い出しかない。さてみなさんは
  


2015年03月30日

方向音痴はナビに限る

方向音痴はナビに限る
先日、ある新規な企業を本訪問する予定で場所の確認をシに出かけました。すると、曲がり角で反対に曲がり、また元に戻り、再度、目的の場所に逆戻りいや回り道をしてようやくたどり着いた。また、別の企業へ出向く際にも同じことを繰り返した。それはデータをあまり信用しないからかもと。でもこれまでもナビではまともに到着したことがなく、その思いからやはりナビ不信かも?
 デミ実際にはなれると、しっかりとその近傍まで案内してくれる。少なくとも、GPS機能があり、人工衛星からサーチしているものであり、間違いないのだ。しかし、これまで何回も間違いばかりで?今度は、間違いを気にせず、行動できると思う。さて、新年度はこれまでのような流暢なあまっちょろい考えを許されないのだと心に決めており、その姿勢は多分、ユーザにも伝わると信じている。方向音痴は人生音痴に連動しないことを祈る。それは焦点がぶれないからありえないと思うが?
  


2015年03月27日

やはり開発者は現実離れしているのかな。

やはり開発者は現実離れしているのかな。
昨日、知り合いのトップで開発者、特に世の中にないモノを創りだす開拓者と言える会社に久々に出向いた。すると、以前方知り合いの大阪の企業の役員が一緒にいたのである。これは偶然の一致かも?そこで、本題はこの開発トップが3ヶ月、しかもゼロからの開発を行い、おおよその概念や理論が固まり、実質的なサンプル製造が必要な現状だと。確かにパソコン上での図面は、これまでにない発想の形状であることにびっくりした。それはやはり、この分野はど素人だと開発者が言うように、この分野の専門家は、まず思いつかないと言える。少なくとも切削との概念からすればあまりにも、形状が異なり、本当に切れるのか、なの感覚である。しかし、ある技術センターの専門家の見解を聞いたら、理論上はありえると。これはこの開発者の真骨頂である世の中にないものしか創らない・のイメージに合致している。その目的は、セラミックのようなもろく硬い材質に穿孔する刃物でる。これは精度や寿命は、これまでの刃物とおおよそ5倍くらい長く、しかも再生可能な刃物である。この再生可能な機能はコストに大きく加算されるから、この課題はやはり永遠の問題点であった。それが、解決できる緒は計り知れない貢献が予測できる。しかし、この開発者は資金的に困り、知り合いの大阪のある会社に譲渡し、商品は自分から購入する約束だと。これも一つのやり方かもね。
  


2015年03月26日

春なのに

春なのに
やっぱり医者に出向いたら、小学生、中学生、適宜年齢の大人、それにいつも溢れている老人でいっぱいの盛況でした。勿論,この私しもその中の一人になっている。しかし、当方は約5週間前に予約していた日と時間であり。その約30分前に出向いたのだが、やはり診察は、その後、30分すぎであり、実質は1時間はかかってしまった。それに支払いと薬の受領に、やはり30分は費やした。これはそれでも待ち時間は短いほうだとのこと。通常はやはり半日コースとか?そこで、ついでに約20年くらい通院している近くの眼科に出向いた。ここも、前の医者の予約時間前に予約をしていったのですが、や貼り、自分の番は、約1時間後で有り、結局は夕方の5時過ぎになってしまった。これは2医院を掛け持ちした結果であるが、折角、近隣を選択していた立地であり、その効果はあまり、嬉しくない結果のように思えた。特に、この時期は花粉書、アレルギーなどの他に風邪など患っている人や、鼻炎など沢山いる。
一方、眼科はコンタクトやメガネを調達するための検査などが多く、季節的に新垣に向けた準備と言える。それに学生は今は、春休みであり、この時期に必要な治療は行うのが常であり、学業が始まればそのような時間も撮りづらくなるから。いずれにしても春の患者像は、それなりの風物詩に思えるが?小生の眼科は約1ヶ月ぶりだが、それでも変化はないとの医者の言葉だが?
  


2015年03月25日

ある開発会社の厳しさ

ある開発会社の厳しさ
昨日、夕方に電話をしたら、こちらからのmailが受信されていないらしく、要件が全く見えないのである。一方、依頼された方は、いつになれば目的のものが届くのだとの催促する有様です。そこで、確認の電話を入れたら受信されていないとの返事である。それなら、小生の自宅に目的物を送ってくださいとお願いした。すると、今朝、AM9,00前に到着した。流石にクロネコトと思いましたが、それに代金は今日中に支払(振り込んでくださいとのこと)ってくださいとの話である。なぜか開発者の現状を示す厳しい現実を見せつけられた気がした。その額もそれほどのものでなく、今日中は?しかし、これが零細開発会社の現実である証明です。特に、最近はサンプル代が無料のようにおもう
業者も多く、未払が多いそうです。そのために信頼できる知り合いの介在でも、やはり当事者と異なるため今日中は譲れないのだと。それにしても?なぜか
悲しくなるシーンにであってしまった気がする。しかも、やはり梱包代もしっかりと請求しており、さすがと思える。それは荷造りして送りに出向く手間のような額でした。勿論、理屈的にはそのとうりであり、ビジネスの常道である。
このあたりは、やはり300人くらいの企業との差異が明確に出ている。すなわち、サービスはなしとの発想である。でも、この初期投資もできない開発者も多々おり、地方創世だの、地域活性化だのと政治家が笛吹けど、本当に現実を知っているのか疑問だらけである。少なくとも開発する目的がしっかりしていれば補助金お申請を認める位の器量が欲しいのだが?ただ、中には無駄使いする人もいますので、きっちりとしきれないきがするが?
  


2015年03月24日

老舗と人生は同じだと

老舗と人生は同じだと
ある社会教育者が、老舗の研究から導いた結論らしい。それには1〇〇年とか2〇〇年以上継続している企業を調査した結論だと。そこには、やはり利他の心とか、一專とか、仕事と趣味が一緒のような感覚での従事など納得のいく内容でした。その原点は、やはり創業者の心意気が連綿と受け継がれている証である。そこには神仏のなせるものがあるらしい。勿論、それは人により異なっても神仏に勝る力の人はいないので方向性をまとめるには十分な対象物と思える。それない人は神仏には絶対の信頼感があると思う。そのような力も目的のために活用することになっていることも大きなちからだと思える。しかし、継続の力は、やはり想到の覚悟が必要であり、半端な気持ちでは跡を告げないかも。いずれにしても老舗にはそれぞれに家訓があり、それを時代の変遷に関係なく維持する力には恐ろしい怪物が宿っているのかも?勿論、それは個人的な問題であるが、やはり精神的な力は計り知れない。この精神的な力を通常の企業運営に活用すれば、ベクトルの方向性は間違いなく、一致する。ただし、企業には、定年制があり、この課題をクリアすればすぐに導入できるが、はたしてトップの決断は?
  


2015年03月23日

現状の景気の煽りがあるのかな?

現状の景気の煽りがあるのかな?
今朝、mailを開けたら知り合いのトップから、ある権利の登録案内が指定の事務所から連絡があったと嬉しい知らせでした。勿論、実質は再度の【手続き星書】の提出が必要ですが、これは単なる事務手続きであり、実質的には登録査定である。この案件は、長い話があり、しかもここまでの道のりは、迂用曲折があり、発明者の金銭トラブルで現在の出願人までに流れ着いたのである。その斡旋は、全て当方が介在してここまで来た事案である。それは、当方が特許事務所との契約を変更せざるを得なかったこともが大きな問題でした。しかし、この事務所のトップとは約20年間お親交があり、今回の案件も実質的な交渉はこのトップと小生で処理したのである。ただ、金銭は厳しい環境の知り合いのトップは、この出願時は余裕の環境が一変してしまった事態があり、現在は知り合いのご好意で事務所も拝借して一人で営業しながら会社を維持いている状態であり、金銭的な余裕など、全くない。でもここまでの道のりを考えるとこのまま途中で放棄は。譲り受けた関係もあり、無理である。そこで経費の削減は、事務所との交渉に委ねるしかない。それも知り合いの特許事務所のトップの腹一つである。これらをクリアしてここまで来たので、本当に嬉しい気が解る。しかし、最後の経費は待っている。それは登録になると成功褒章が待っている。その金銭的工面は、このトップ自ら行動して工面するしかない。でも、それは何にせ【権利としての成果】があるので、納得する人は多いはずであるが?ただ、この地域にも世の中も後継機の効果が行き渡てちないと。
  


2015年03月20日

あるOBとシニアで在籍する社員の3人会は

あるOBとシニアで在籍する社員の3人会は
昨日、季節はずれの新年会を行いました。世の中は、3月なので転勤や退職などで、それなりの宴が開かれていた。勿論、ことらは新年会とはいいいませんから、理由はともかく、宴であることに変わりはない。そこでの話し合いは、元勤務していた時の会社の経験や現状の変化や退職後別の企業等など世の中に出ていろいろな経験を積んできたのはなし。しかも、判断基準は、現在の会社とシニアがいる会社の違いなど基本に関わるような話をつまみに約3時間くらい情報交換した。もとろん、それなりの愚痴の部分や進歩的な提案や現在の自らに置かれた環境の現状など出発点はお判事でも、現在はそれぞれが異なる環境で働いていることに、意味合いがある。それは、過去現在未来の連続した流れの中での違いははっきりするからである。それによると、シニアのいる企業は、大企業感覚であり、のんびり、余裕があり、羨ましい環境だと。特に若い社員は、恵まれた企業に就職した事の嬉しさがにじみ出ていると。しかし、40歳以上の社員は、行く末を心配しているとの内容でした。なぜ、それは新規な開発人がいない即ち、現場を経験したり、営業マンの経験、展示会や顧客との直接談判など限られた人以外、現状の情報がないのである。それでは新規な発送は、すなわち過去の経験から一歩も抜け出せていない。所謂、アレンジ範囲である。これでは他社に負ける時期が近づいていると予測できる。小手先の無目くらましは、ほぼ無駄なものであり、自己満足意外、成果を産まない。
  


2015年03月19日

日本のマスコミは?

日本のマスコミは?
先日、ある雑誌を見ていたら、世界の欧米のマスコミと日本のマスコミの放映の中に、国際間の記事や外国の事件等において、映像等に大きな違いがあると。それは、日本のマスコミの映像は、何か政治的要因か、圧力か、社内のスポンサーの圧力か?同じ現場の写真や放映でも、真実の的を外した記事になっていて、実際の真意が伝わらないのが多いと。これは、マスコミやマスコミの情報をチェックする審査会の中立性が?それを海外特派員が指摘していた。なぜ、このような自体が起きるのか?それに情報制限などの法案や個人保護法の法案には、発言の自由を阻害するなど自らが正義の仮面をかぶっているのにさも、品行方正の立場的な見解を放映することに疑問を持たざるを得ない。勿論、小生は海外の情報を確認していないので調節指摘できないが、なぜ特派員などが種々の機会を捉えて真実をつたえるのがマスコミの使命だと、泣き叫ぶのに実態は?それではやは色メガネで見られても当たり前と思う。このように操作された情報で判断する国民や議員は真実の判断ができるのか?まず焦点を外した情報で正しい判断をしろとの要請は?このあたりからも真実は、を明確に伝えるマスコミはあるのかな?
  


2015年03月18日

やはりトップは神頼みの心境がある

やはりトップは神頼みの心境がある
昨日、知り合いのトップに電話を掛けると、今その前を通ってきたとの話です。
それなら是非事務所によ寄っていただきたいことがあったのにと言いましたら、このトップも小生に用事があったようでした。それなら今、居ますからおいでくださいと、電話を切りました。するとほどなく現れたので、要件を拝聴することにしましたが、いやあなたの方から話してくださいとの要請です。解りました。早速、当方の技術的な要件をしばらく説明したら、やはりサンプルで実験をして確認することが先決と当たり前の話で要請を受けた。しかも、これは市場にすぐに連結しやすい技術らしく、商品価値はあると思えた。早速、知り合いのトップにサンプル要請のmailを出したら、その日のうちに携帯に電話が入ったのである。それは、やはり知り合いのトップからより具体的な話が来ましてそれを進める準備をしているとの話でした。これは偶然にも欲しい市場が同じであり。一石二鳥の感覚でした。さて、このトップの小生への要件は、ある事業のための敷地、方角、投資の良し悪しの判断をする人を紹介して欲しいとの件でした。以前もある事案でこのような案件がありましたが、やはり最終的には気持ち、神頼みの気分は納得するファクターに幾分あるのかも?
勿論、小生も神様の言う通りとは、思いとは思いたくないですが止まり木てきな安心感がこの種、判断と思う。それは精神的な安らぎになるのかも?                            
  


2015年03月17日

開発的トップのもがき

開発的トップのもがき
今朝、電話をあるトップにしたら、実は自分も電話を掛用と思ったと。しかも、一寸、前に事務所の前を通り過ぎたとの話。では、事務所にいますからおいでくださいとの話になり、来てくれた。そのトップの要件は、実質的な話は、今、工場を模索しており、いい物件があったが、駐車場がなく、断念したと。その現場は自分も知っているが、確かに駐車場は狭く、従業員の車が止まれないし、荷下ろしの車の駐車も問題だと。しかし、なぜ、工場なのかの話になって、やはり、赤字が解消して工場の拡大や改良をして生産性をアップしたとのことでした。そのための立地を視察したりしてきているが、やはり最後は神頼みの部分を活用したいらしい。それは参考意見と言いながら、大きなウエートの判断基準になる。しかし、以前依頼した人は、現在不明であり、詳しくはわからない。そこで、今年知り合が教えてくれた人を紹介しようと思ったが、今日はやめた。それはまだ、相手のことを知らしめていないので、ちょっと、時間的な余裕を持たせるためである。やはり、最終決断は神頼みの部分がある。勿論、それは悪くないが、安心要素である。小生も結局は、そのような手順で動いたことが多い。それは後の裏付けからも分かる。もし、万一、聞いていたらと反省するか後悔するかであり、その要素を消滅したい意識に駆られるのだろうと思う
  


2015年03月17日

開発的トップのもがき

開発的トップのもがき
今朝、電話をあるトップにしたら、実は自分も電話を掛用と思ったと。しかも、一寸、前に事務所の前を通り過ぎたとの話。では、事務所にいますからおいでくださいとの話になり、来てくれた。そのトップの要件は、実質的な話は、今、工場を模索しており、いい物件があったが、駐車場がなく、断念したと。その現場は自分も知っているが、確かに駐車場は狭く、従業員の車が止まれないし、荷下ろしの車の駐車も問題だと。しかし、なぜ、工場なのかの話になって、やはり、赤字が解消して工場の拡大や改良をして生産性をアップしたとのことでした。そのための立地を視察したりしてきているが、やはり最後は神頼みの部分を活用したいらしい。それは参考意見と言いながら、大きなウエートの判断基準になる。しかし、以前依頼した人は、現在不明であり、詳しくはわからない。そこで、今年知り合が教えてくれた人を紹介しようと思ったが、今日はやめた。それはまだ、相手のことを知らしめていないので、ちょっと、時間的な余裕を持たせるためである。やはり、最終決断は神頼みの部分がある。勿論、それは悪くないが、安心要素である。小生も結局は、そのような手順で動いたことが多い。それは後の裏付けからも分かる。もし、万一、聞いていたらと反省するか後悔するかであり、その要素を消滅したい意識に駆られるのだろうと思う
  


2015年03月17日

開発的トップのもがき

開発的トップのもがき
今朝、電話をあるトップにしたら、実は自分も電話を掛用と思ったと。しかも、一寸、前に事務所の前を通り過ぎたとの話。では、事務所にいますからおいでくださいとの話になり、来てくれた。そのトップの要件は、実質的な話は、今、工場を模索しており、いい物件があったが、駐車場がなく、断念したと。その現場は自分も知っているが、確かに駐車場は狭く、従業員の車が止まれないし、荷下ろしの車の駐車も問題だと。しかし、なぜ、工場なのかの話になって、やはり、赤字が解消して工場の拡大や改良をして生産性をアップしたとのことでした。そのための立地を視察したりしてきているが、やはり最後は神頼みの部分を活用したいらしい。それは参考意見と言いながら、大きなウエートの判断基準になる。しかし、以前依頼した人は、現在不明であり、詳しくはわからない。そこで、今年知り合が教えてくれた人を紹介しようと思ったが、今日はやめた。それはまだ、相手のことを知らしめていないので、ちょっと、時間的な余裕を持たせるためである。やはり、最終決断は神頼みの部分がある。勿論、それは悪くないが、安心要素である。小生も結局は、そのような手順で動いたことが多い。それは後の裏付けからも分かる。もし、万一、聞いていたらと反省するか後悔するかであり、その要素を消滅したい意識に駆られるのだろうと思う
  


2015年03月17日

開発的トップのもがき

開発的トップのもがき
今朝、電話をあるトップにしたら、実は自分も電話を掛用と思ったと。しかも、一寸、前に事務所の前を通り過ぎたとの話。では、事務所にいますからおいでくださいとの話になり、来てくれた。そのトップの要件は、実質的な話は、今、工場を模索しており、いい物件があったが、駐車場がなく、断念したと。その現場は自分も知っているが、確かに駐車場は狭く、従業員の車が止まれないし、荷下ろしの車の駐車も問題だと。しかし、なぜ、工場なのかの話になって、やはり、赤字が解消して工場の拡大や改良をして生産性をアップしたとのことでした。そのための立地を視察したりしてきているが、やはり最後は神頼みの部分を活用したいらしい。それは参考意見と言いながら、大きなウエートの判断基準になる。しかし、以前依頼した人は、現在不明であり、詳しくはわからない。そこで、今年知り合が教えてくれた人を紹介しようと思ったが、今日はやめた。それはまだ、相手のことを知らしめていないので、ちょっと、時間的な余裕を持たせるためである。やはり、最終決断は神頼みの部分がある。勿論、それは悪くないが、安心要素である。小生も結局は、そのような手順で動いたことが多い。それは後の裏付けからも分かる。もし、万一、聞いていたらと反省するか後悔するかであり、その要素を消滅したい意識に駆られるのだろうと思う
  


2015年03月16日

退職後の人生に思う

退職後の人生に思う
先日、事務所に来た知人(シニア)は、「来年2月」が退職だとの話でした。
即ち、彼は来年に65歳になるのです。しかし、彼の発想は、現在の会社の現状に不安を抱えている感じ。すなわち、未来を心配しているのです。それには、一寸理解しがたいところもありますが、彼なりの思いがあるのです。しかも、彼のここ18年くらいの成果は、全て記録に残っているだけであり、市場に処
品としての日の目を見ることのないものです。このことだけでも、通常の心境の人は、心理的に負けて、在籍することも不可能なはずだが?かれは、それにもめげず、コツコツと仕事に打ち込む。しかも、全ては自らがテーマとして選択して年間計画を立て、実行する。その上、相棒を探すのである。例えば高等専門学校の教授、大学の教授、大学院の教授などです。勿論、5年くらい続けている研究もあり、民間企業も巻き込んだ事例もある。しかし、それは現在の在籍している企業の力によるところが多い。それも多分、本人は理解しているのか?多分、目的を達成するために選別しただけの感覚かも。その性で、予算額も最小限の感じがする。そして、また、今日は技術的な歴史書を企画して現在のトップに上申しようとの発想である。このトップは、もちろん、商社出身であり、天下りのトップである。しかも、勤務時間は多分、2年、あるいは4年が限度である。この人に技術書を提案して見る価値は?多分、彼は何もせずにおられない衝動にあり、始めたのかも?それとも自らの体験史的な感覚で企画したのか?いずれにしてもこの情熱に感心するや、びっくりするなど心理状態を推し量るスケールを持ち合わせていない。これは変人かも?偉人かも?
  


2015年03月13日

開発型企業と言われる企業の開発の中身は

開発型企業と言われる企業の開発の中身は
先日来ある調査機関に依頼していた調査結果があり、その中身をチェックしていると、10社のうち約半数位が知的財産権を保持していることがわかりました。しかし、その中身に関しては、調査していませんが、少なくとも○/年の比率でなく、5年間で数件、あるいは2件、多いところで15件/15年間のような出願状況が見える。しかし、このような出願状況から開発は、経営に如何に役立っているかと推測すると、実質は殆ど飾りか、自己満足の領域であるとおもう。しかも、開発が継続している流れがあまり読み取れない。これでは開発型企業と言うよりは、たまたま改善提案のような発想が出たので出願してみようかのレベルに思える。このような知財では経営に活かせる手段は、簡単にわ発掘できない。それに開発投資と言える額なのか?その上、その投資は国の補助金が2/3のケースが多いはずである。補助金が悪いわけでないが、やはり自腹の資金とその価値、重みが全く違う。自腹は命懸けの心意気であり、倒産か成長発展かの境目である。そこには諦められない覚悟があり、崖っ淵の発想が生まれるのだが。しかし、現実は自転車操業に近い経営状態の企業軍が多いはずだから。その根本は、下請け企業そのものによる。下請けからの脱出を命題にしたアクションプランを描かずに、現状からの脱出など空論になる。無駄な考え休むににたり。である。さて、この企業のなかに【うもれた宝】があり、発掘出来るか、それこそが支援者、アドバイザーの試金石かも?ただ言えることは、原石が悪ければいくら磨いても宝石にならない。

  


2015年03月12日

ある知人からのmailに関して

ある知人からのmailに関して
毎日、鋭い視点で情報を解釈して見解を述べている博学の知人は、今日はグルコサミンとコンドロイチンに関しての指摘でした。それはこれらの要素は、関節等の軟骨には、そのとうりの役割があるそうです。しかし、本当に効果があるのかと?それはこれら2成分が胃腸を通過した際に、別の物質に変わってしまうとのこと。即ち、これら2成分は軟骨のある部位にと届く前に別の成分では、このような関節に作用しないとのことだそうです。本当に、医学的に解明されているのかわかりませんが、専門家の見解では、サプリメントとしての効果が期待できないと。それは顧客が無駄な成分を高い金を払て買ってる証になりますが?あまりにもひどい話に思える。即ち、コンドロイチンやグルコサミンを飲んでも、体内に摂取され吸収されるわけでない。これは、ある医療ジャーナリストによれば、【体に良いものを飲んでいるとの気休め】に過ぎないと。確かに、製薬会社は嘘は言っていない。しかも、製薬会社は、体内に摂取されないし、吸収されない位知っていなければならない。そうだとすると、製薬会社の行為は、違法だと。いい加減疑われても仕方のおない商品を、日本の大手製薬会社がTVに流して堂々と販売している事実にビックリするのだが?
これは、厚生省の判断やうわりはどこにあるのだろうか?やはり事実は無知な大衆に知らしめる義務があるとおもいますが?野放しは、その他も沢山あるのかも?
  


Posted by ターさん at 11:07Comments(0)経営サプリ人生サプリ社会サプリ

2015年03月11日

ある開発者の生き様

ある開発者の生き様
昨日、以前勤務していた会社の人が、久々に当事務所を訪問してくれた。
先日もmailがありましたが、当方の都合が悪くお会いできませんでした。
 昨日は、ようやく当方と相手の時間帯がマッチして、ようやく会うことができました。しかも、約6時間に渡る情報交換であった。具体的には、彼が勤務している会社の過去、現在、未来に関する彼の見方と見解である。勿論、過去に関しては、当方にも発言の機会がある。それ以外は、彼に話を聞く以外に術を持たない。そこで開口一、現在の会社の状況を過去との対比で色々な見解に対比が行われたが、それに比較して現状の状態は良い点と、課題と悪い点等がピックアップされた。ただ、彼は現在、シニアの身分であるが、組織ラインの場外的な立場である、組織の動きには殆ど関与しない立場だと。故に、現在の実態は推測と又聞きとちょっと知り合いの社員に質問してその内容を把握する程度の情報である。それによると、現在の社員は、将来の姿ややるべき事案を殆ど模索するような姿勢が感じられない。悪い言い方をすれば、現状に満足しており、この状態がこのままの状態で続くと信じている姿だと。しかし、現在の組織の上層部は、トップは他社からきた定期的な人事、プロパーは一人だけの役員。そして時期幹部の顔ぶれと予測される人事を見るに、おおよそ検討がつくような組織とした姿がよも取れる。しかいし、彼らの中身に、疑問があるらしい。それは未来の姿が読めないと。しかも、人間的な課題があるような話しぶりに?勿論、現在の幹部は、よく知る人達ばかりであり、その性格などある程度予測できる。それが正解かどうかは?いずれにしても大企業丸出しの社員姿勢にあると。それはベンチャー時代の姿と成長期の姿には大きなゆとり、安心感が漂って散ると思う。それが悪いわけでないが、何か活気や突破力の意識が見られないと。ならば、彼はその思いは実現できるか?勿論、彼はベンチャー期から現在まで在籍しており、現実はよく知っているはずだ。しかも、かれは研究員、役員、参与なども経験しており、創業者直属の身である。でもこの企業の未来は社員が、また現在の幹部が否応なしに考えているはずであり、それ以外の人間がいくらやきもきしても地に足のつかない砂上の鏤刻に見える。でも彼は、現在のトップに、機会があれば上申していると。それは意識付によいが、その意味合いを消化できないトップに、果たして価値があるのか、単なる告げ口のレベルに感じているか?それに馬の耳に念仏の環境か?小生は現在の人に任せたら、それに彼は残り社員身分の期間が1年もない身なのだからと思うが、彼の意気は燃え上がるのみであり、消沈などありえない、それくらいの情熱がある人なのに、なぜライン外なのか?しかも研究開発成果は、実際には全く見えない状態に置かれるのか?いずれにしても情熱の人、努力の人、突破力のある人、でも評価されない感じに何か虚しさを感じる。これは上司の問題かも?かれの特徴のみを見て活用すれば研究員としては超1級なのだが?
  


2015年03月10日

地域の発明協会の行く末に疑問

地域の発明協会の行く末に疑問
昨日、相談会があるので、すが、そこに当支部の本部の所長がくるので、挨拶方々出向いた。すると、今日の面談者はゼロの白紙が掲示されえいた。このような状態は多いのですかと事務関係者に打診したら、約半分以上です。しかも、ほとんどが商標関係の相談だと。即ち、これは商品の販売が主体であり、実質な新規な開発商品にかかるものでないと予測できる。その意味では、直ぐに商品化されるものが主体である。多分、農産物か単純な商品、おもちゃ、サービスマーク、団体商標など既存の標章の模倣防止策だと予測できる。これらかは推測するに、やはり基本的な開発が実施されておらず、継続性のある商品でなく、個人企業か、農家、あるいは地方公共団体か、NOP法人や組合である。やはり企業のように命をかけるくらいの情熱や行動力において、疑問が残る。継続的な開発は地域を活性化するのにピッタシである。これはやはりコア技術か、特徴のある基礎技術がないとすぐに開発の行動には結びつかない。また、は、経営権譲渡などで獲得するような、付け加え技術などもあるが、人材の育成に時間費用がなく、やはりユータンを活用することが必要である。しかし、そのような人が都会から帰ってきて地域の宝になる人がいるかだけである。それにしても地域の発明協会は、衰退の一途をたどっているように思え、残念である。


昨日、相談会があるので、すが、そこに当支部の本部の所長がくるので、挨拶方々出向いた。すると、今日の面談者はゼロの白紙が掲示されえいた。このような状態は多いのですかと事務関係者に打診したら、約半分以上です。しかも、ほとんどが商標関係の相談だと。即ち、これは商品の販売が主体であり、実質な新規な開発商品にかかるものでないと予測できる。その意味では、直ぐに商品化されるものが主体である。多分、農産物か単純な商品、おもちゃ、サービスマーク、団体商標など既存の標章の模倣防止策だと予測できる。これらかは推測するに、やはり基本的な開発が実施されておらず、継続性のある商品でなく、個人企業か、農家、あるいは地方公共団体か、NOP法人や組合である。やはり企業のように命をかけるくらいの情熱や行動力において、疑問が残る。継続的な開発は地域を活性化するのにピッタシである。これはやはりコア技術か、特徴のある基礎技術がないとすぐに開発の行動には結びつかない。また、は、経営権譲渡などで獲得するような、付け加え技術などもあるが、人材の育成に時間費用がなく、やはりユータンを活用することが必要である。しかし、そのような人が都会から帰ってきて地域の宝になる人がいるかだけである。それにしても地域の発明協会は、衰退の一途をたどっているように思え、残念である。

  


2015年03月09日

ベンツの街の年金生活者に余裕がにじみ出る。

ベンツの街の年金生活者に余裕がにじみ出る。
シュツットガルトは、ベンツの街であり、走っている車は、殆どベンツである様子が映し出されて。また、その街を歩いている人は、やはり元ベンツの社員である。そして現在は年金生活者だと。しかし、その乗っている車は、身なり、行動には、年金生活者だとの卑屈さが全くなく、陽気に高級なベンツをのり回し、これで5台目だと。日本人はトヨタの街で、日産の町で、あるいはスズキの街で、どうであろうか?またはパナソニックの街、門町では?多分、ドイツの年金者の雰囲気が滲み出るだろうか?まさに歴史には、それなりの基礎が有り、人間も育てている気がした。言い換えれば、羨ましい年金生活者と思わずにはいられない。勿論、たまたまそのような人がインタビューに応じたのかは?しかし、日本では格差社会で、特に、年金受給者には元気な様子がにじみ出てこない。これは、前歴が示す裏返しですかね?それにしても日本とドイツの賃金格差は?額面はあまり変わらない気がしますが?勿論、実態を調査したわけでないので、正確に判断することができないが、ちょっと哲学の無さが人生を映し出しているのかな?人生は経済が主体になると人間は育たないのかも?
日曜日のTVは、考えさせられた。
  


< 2015年03>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ