2013年04月25日

宝探しは足元から

地域には宝が眠っているのかも
日々、開発者を発掘できないと悩んでいますが、実施は多数の開発者や企業があるのかも。ただこの人達に現実は、当方のような特殊な意味合いに見える事業の趣旨が伝わっていないのかも。実施は何処でも誰でも、どの企業でも必ず日々、日進月歩の進歩をしているはずである。ただ、その進歩が単なる変化として見られているのかも?よって当たり前に思え、極端な変化や大きな変化でないと進歩と感じなく当たり前になっているのかも。しかし、ここは視点を変えると必ず微細な変化でもある1定の時間が経過すれば大きな蓄積となっているはずである。ただ、自らはその変化に気づかず、当たり前の連続に思えるのです。そこで、やはり外部の目を当てると経時的な変化がはっきりと読み取れることが多くなる。それは結局は自らの宝、自社の宝を垂れ流ししていたことになり、大きな無駄を感じることになる。このような現象は、数多くあるので費用対効果も加味しても、やはり外部の真っ新な目線でチャックして観察してみる価値は大きく、これまでの莫大な損失に頭を抱えることになる。その意味合いでも変化は必ずあり、ただ気が付かないで当たり前の繰り返しに思えるのである。それはある事例で明白である。即ち、ある時、初めて正月の餅を貧乏な家庭に送り届けたら、非常に感謝された。数年経つと、毎年送られてくる餅の大小が気になり、感謝でなく苦言を吐くことになる。
これは我々の足元に、すごい宝がごろごろしているのでしょが全く気が付かない。即ち、変化に慣れてしまっており、画期的な変化でないと変化としてとらえられない感覚が災いしていると思います。何事も視点を変えてみることが重要なことは、知っていますが、現実は脳が麻痺しているのでその働きがないのであります。そこで、やはり第三者の真っ新な目で見ることの価値があることにきずくべきであります。その対価は計り知れない価値があることに早く気付くべきと思います。最近、久々に約200人位の県内の零細、中小企業の集まりに参考のために出席させていただきましたが、やはりなにかも模索して少しでも新規な目があればと取り入れようと一生懸命の人脈つくりが垣間見えた。しかも、金融機関は零細企業はあまり良い顧客でないのか儀礼的な挨拶が多い気がしました。それでも参加者は、何かをつかもうとする姿勢が見え見えでしたが、この会は切っ掛けつくりにはピッタシの感じでしたが、ここを起点に深堀すべきだと思います。
  


Posted by ターさん at 15:47Comments(0)経営サプリ

2013年04月24日

公的機関は変わりますか?

公的な機関の役割は
先月、ある公的機関に質問状を提出し、本省の技術のトップに手渡しでお願いしたいと本省から来た人に依頼しまいした。その中間報告は本省に持参した人からの連絡はありましたが、抽象的であり、肝心なトップからの回答がない。そこで、再度、窓口である人に連絡を入れてその後の正式な見解はと打診したところ、やはり抽象論であり、具体的な提案に答えていない。これでは、何回も提案したり、上申しても結論は、カエルに小便の繰り返しになる。このような行動を何年、何百回繰り返しても何らの変化もなく、ムダ金の浪費である。しかし、それには一切答えず、ただ、やりますの繰り返しである。このような行為に、なぜ国民や市民が反論しないのか?やはり国会議員の一声がないと本格始動しないのか?いつも国会議員では提案する方が馬鹿らしくなる。そのことを再度、打診してみますが、あまり期待するとガッカリしますから、結論を予測して、覚悟をして上申すべきと思います。さて、年度が始まり世の中は、アベノミックスで盛り上がっているが果たして?実質な結果でなく、方向性の確認ができたので、あとは具体的な金銭的な裏付けがあれば、動き出す段階に見えるから先取りしての行動が経済界、産業界に漂っているのでしょう。本物化はしばらく経過をみないとはっきりしないが、統計的な予測からは上向きに推移すると見ているのでしょう。さて、官公庁は変革されるか?
  


Posted by ターさん at 13:58Comments(0)社会サプリ

2013年04月22日

鷲の目線が市場発掘には不可欠

一点集中の目線は、やはり見えない商機を見逃さなのに関心だが?
今回、知り合いの開発者でメーカで販売も行う、所謂、製販一体の家内工業的な業者が今年もこれまで追い求めてきた市場に焦点を定めて新製品を開発した。そのサンプルを見た際に、ええ、そんなところに商品の価値アップの目線があるとは、全く気に留めませんでした。やはりサンプルを提示されて驚いた市場の隙間に唖然としました。なぜ、このような視点でこの市場を見ているのかびっくりしました。やはり市場のお客様目線が生産者の目線と異なることを彼ははっきりと認識して開発の着眼点を見つけていたのである。やはり大雑把な目線では見えないものがはっきりと市場に隙間商品を発掘していたのである。これらは、どの市場にも沢山、存在するはずである。なぜ、彼はこの市場の顧客の目線の変化に気が付いたのか、聞いてみたら。同じ商品でも小分けにして単に2級品の商品を1級品に見栄えをよく整えるテクニックを素人が簡単にできる作業ならこのモノに支払う価値があると思った。それで今までは、雑多に扱われていた商品もこの外観ではそれなりの価値に見えるから不思議である。ここに外観の凄さが如実にものがったっている。例えば1パック500円の果物が1パック1000円に価値アップしたらその手間、治具代金の費用は、元が簡単に取り戻せる。これは投資対効果の最たるものでる。ここの視点の重要さがある。これは中小零細企業が大手に勝つ戦略があり、しかもある一点の市場のみに焦点をあてて市場の変化、所謂、顧客層の目線の変化にきずき、それにマッチした包装用の商品展開は、これこそが本命だと思う。ぜひ、自分のこれまでトライしてきた市場においてその市場から目線をはなさず、かつ、市場の顧客目線の変化に必ず毎年、見られるはずですからそこに自社のコア技術を特化して市場への突破口にすべきだと思います。それこそが自社の最大の強さであり、他社に勝てる武器である。このトップの目線い学ぶべきことが多いと、感謝の念を抱きます。多分、このトップは今日も市場の変化を探るために展示会やDIYにせっせと出向きそのかすかな変化を鷲の目線で見ているはずである。

  


Posted by ターさん at 16:39Comments(1)経営サプリ

2013年04月22日

鷲の目線が市場発掘には不可欠

一点集中の目線は、やはり見えない商機を見逃さなのに関心だが?
今回、知り合いの開発者でメーカで販売も行う、所謂、製販一体の家内工業的な業者が今年もこれまで追い求めてきた市場に焦点を定めて新製品を開発した。そのサンプルを見た際に、ええ、そんなところに商品の価値アップの目線があるとは、全く気に留めませんでした。やはりサンプルを提示されて驚いた市場の隙間に唖然としました。なぜ、このような視点でこの市場を見ているのかびっくりしました。やはり市場のお客様目線が生産者の目線と異なることを彼ははっきりと認識して開発の着眼点を見つけていたのである。やはり大雑把な目線では見えないものがはっきりと市場に隙間商品を発掘していたのである。これらは、どの市場にも沢山、存在するはずである。なぜ、彼はこの市場の顧客の目線の変化に気が付いたのか、聞いてみたら。同じ商品でも小分けにして単に2級品の商品を1級品に見栄えをよく整えるテクニックを素人が簡単にできる作業ならこのモノに支払う価値があると思った。それで今までは、雑多に扱われていた商品もこの外観ではそれなりの価値に見えるから不思議である。ここに外観の凄さが如実にものがったっている。例えば1パック500円の果物が1パック1000円に価値アップしたらその手間、治具代金の費用は、元が簡単に取り戻せる。これは投資対効果の最たるものでる。ここの視点の重要さがある。これは中小零細企業が大手に勝つ戦略があり、しかもある一点の市場のみに焦点をあてて市場の変化、所謂、顧客層の目線の変化にきずき、それにマッチした包装用の商品展開は、これこそが本命だと思う。ぜひ、自分のこれまでトライしてきた市場においてその市場から目線をはなさず、かつ、市場の顧客目線の変化に必ず毎年、見られるはずですからそこに自社のコア技術を特化して市場への突破口にすべきだと思います。それこそが自社の最大の強さであり、他社に勝てる武器である。このトップの目線い学ぶべきことが多いと、感謝の念を抱きます。多分、このトップは今日も市場の変化を探るために展示会やDIYにせっせと出向きそのかすかな変化を鷲の目線で見ているはずである。

  


Posted by ターさん at 16:39Comments(0)経営サプリ

2013年04月18日

開発は自らだけでない導入も大きな戦略

日本から置きざれにさえた県
地元関係のマスコミの記事を見ていて、何故か疑問に思うことである。日本全体は景気上向きと日銀やマスコミがPRしています。それなのに、日銀山形支店の判断は、景気が上向いていない。山形にはまだ日本全体の良い波が影響していないようであります。この記事を見たときに、やはりした下請けが主体の山形県は、日本全体の良い影響もタイムラグで遅く、どのくらいの時差でよい影響が来るのか気になります。多分、3か月か半年のズレがあるのかも知りません。勿論、過去の経済指標を見れば、よりはっきりとしますが、その元気が湧かないのは、やはり山形県の産業構造に原因があるからと予測します。勿論、この考えが間違っていれば有難いと思いますが、さて現実の分析はいかがでしょうか?農業県でも工業県でも観光県でもなく、なんでもありの県の姿に見えますが、これは何もないのと同じ発想に思います。焦点ボケの最たる現象に感じられます。なぜ、自然災害が少なく、暮らしやすい県なのに、これはと思える企業が少ない。これは県民性に関係するように感じます。県民は総じて真面目でおとなしく、素直であると良い特徴が沢山あるが新規なものへのチャレンジン等の冒険心にかけるのかも。多分、変り者が少なく、後追いの性格の人間が主体と思います。例えば、地元企業を観察すると、規模の拡大より創業者一族の安全保護が本筋の経営が垣間見えるからです。これは、他県には見られない現象かも確認していませんが、何故、このような状態を歴史的にもそのままにしてきたのか、理解に苦しむ。多分、県政の指針がコメ作り一本の方針だったからなのか?すでに農業は工場生産の農業スタイルに転換する時期であり、国土の大小も生販の課題も一気に解決できる時代に差し掛かっていると思います。農業者の保護として老人が5割以上の就労者の産業をどのようにするのか?やはり農業の工業化生産が生販の一体化に貢献して計画生産販売も達成されるのである。まして海外への農産物輸出はオランダに見習会うべきであり、そのシステム技術の導入も促進すべきと思います。他人の良いものは敬意を払って購入してそれ以上の効果を上げる戦略を県がとるべき手段かも。勿論、日本は当然と思います。
  


Posted by ターさん at 11:49Comments(0)経営サプリ

2013年04月16日

気になる話

気になる話
最近、mailにアライアンスマッチング大会の案内が良く来るようになりました。しかも、短期間に集客できるシステムであると。確かにどこに必要な情報があるのかが相手の情報提供でほぼ確認できるので能率が良く、かつ早いです。しかも、インターネットでほぼ情報の打ち合わせが済んでいれば、会場ではより具体的な内容で、しかも、人格まで確認できての交渉事ですよね。やはりスピードが速く、全国ネットの情報探索になる。これは、確かにすごく効率がよく、確かな情報の第一時のニュースである。勿論、一回ぐらいお会いしたからと言って、なんでもわかるわけでなく、あら情報の確度がより確かになることである。また、一人、あるいは少人数での事業の際は、格好の連軽かも。それに地域格差がなく、それぞれの要請に応じた内容で交渉することになり、ありがたいシステムだと思います。但し、あくまでも何事も自己責任は、当然の話である。そこで小生のような知財、開発、経営のトライアングルのコンサル、アドバイス。相談は地方より都会のほうがより多く企業が存在するので仕事量が大幅に違い、大量にあると予測する。その意味では、当方にとっては最適の仕事場でしょう。しかし、現時点ではまだそこまでの進出が決断していない。それは単にアライアンス協会に参画しても行動しなければ価値がなく、しかも有料であるから投資対効果の予測が?しかし、これは田舎に存在する事業者に取っては最大の課題であり、、決断事項に浮上する感じである。
  


Posted by ターさん at 14:38Comments(0)経営サプリ

2013年04月15日

少子高齢時代の活用法

エイジング時代の生きる意味は?
最近、すぐに年齢の話になると、年だからと言う人が多すぎる。特に、内では家内がすぐに年だから自分ばかり若い気でいるが周りはそのように見ないと。自分お間隔か、友人などがそのように話題になるのかわかりませんが?それにしても年齢が古希になると何故か気になります。自分としてはまだまだのつもりでいるが、世間は、特に銀行は60過ぎたら担保価値ゼロ(財産以外)だといわれるそうです。全く金銭を稼ぐ年齢でないが、何かを起こそうとすると必ず銀行に関係することになります。全額自己資金では、それは実質不可能である。しかし、60歳クラスでまだまだ働けるし主体的な立場での仕事の遂行もできるはずです。しかし、古希では、その話は通用しないらしい。非常に残念至極であります。先日の朝、早く会った98歳の働き手からするとはなたれ小僧の範疇かも。そして、少なくとも元気な間は世間との関わり、また闘争競技に参画してこそ意味があると思う。勿論、全身全霊最後まで戦う姿勢は無理な気がしますが、ステージの設定で年齢に応じた有効な仕事を発掘、活用できる年齢であり、場の設定が重要だと思います。しかしながら、自ら年齢を気にしたら、それ以上の突破力は発揮できない。周りが何と言おうと、それは相対比較でなく、一般的な判断の話かも。この発想は是非とも喝破したいです。それがエイジング時代に生きる価値だと思います。特に、これからの日本は、人口減少がひどく、外国人を雇用する必要があり、そのリスクを考えると経験豊富なエイジング時代の人を大いに活用することが企業も社会も無駄防止と病気の予防や医療費の低減に直結します。ぜひ、この効果は半端でないはずであります。
  


Posted by ターさん at 16:22Comments(0)経営サプリ

2013年04月12日

サービス業のイノベーションは

サービス業のイノベーションは、
最近、成長戦略目玉は、イノベーションだと思う。しかし、簡単に新規なものが開発されるわけがない。それにビジネスのなかでもサービス産業は、メーカと異なり、短期の開発は極めて少なく、従来の技術の組み合わせであり、それに新規な部分を付加して完成するケースが多い。或いは周知の技術を組み合わせて新規な効果や用途が開発されればそれも開発であり、新規なイノベーションである。しかし、サービス業は全く新規な手段は、なかなか法規制があり、すぐに実施できないケースが多い。それにそのシステムを創るには、法の盲点を突くか、あるいは思いもよらないシステムの運用などが考えられるが、容易でない。しかし、ユニクロやマクドナルドなどでその隙間をついたビジネスモデルを展開して大幅に成長している。それなら、知財や特許事務所のビジネスモデルのイノベーションはどのようなことがあり得るか?多分、通常のサービス内容に親切、清潔、スピード、雰囲気などの改善が考えられる。それでも清潔は事務所の整理整頓、掃除、気合(元気度)、作成する書類の見易さ、今後の展開順序説明図の添付と現状の段階を知らせる印の記入などある。しかし、それだけではサービス業のイノベーションにはあったらない感じがする、価値の創造には該当するかもしれないが、一寸、インパクトが弱い。ならば、どのような手段があるのか模索中であるが、Face bookの活用がPRせずに口コミ的に伝搬する可能性がある。勿論、1回は試すべき事案である。この業界の人は、法整備の中での仕事であり、ルールを外れることができにくい人達が多い。その関係でイノベーションが他業界より起こりにくいのかも。でもこのままでは時代に取り残される環境が目前である。しかも、これを実行するには、顧客の納得が得られるものでないと進捗しない。さて、あなたならどのような次の一手があるか、拝聴したい
  


Posted by ターさん at 15:25Comments(0)経営サプリ

2013年04月11日

事業のイノベーションは

小規模サービス事業家におけるイノベーションは?
私は、零細のサービス関連の事業を営み、それも関連する事業の支部も担当しています。本業と関連する事業は密接であるから同じような事業ですが、一方は顧客発掘と開発のサポート、知財、経営との関係など総合的なシステムの相談、アドバイスと開発における投資対効果の民間企業のあり方、他社との連携などリスク分散や開発スピードのアップを図る取り組み、技術に限らずそのコトに関する事前調査など総合的に取り組んである。しかし、地元の知名度の関係もあるかもしれないが、顧客は口コミや知り合いからの紹介が多い。先日、まったく知らない人が電話をかけてきて知財の相談がありますが、ご都合はと聞いてきました。早速、予定を知らせ予定の日時に来ていただきました。そして案件を処理したのち、ここがどのような手段でわかりましたかとこわごわ聞きますと、インターネットで調べたら会社名が出てきた。そして、同じような業種の事務所も近くにあったのですが、官庁出身でなく、民間出身者にお願いしたいと判断したと。有難いことですが、なぜ民間かは、あえて聞く必要もないし、多分、彼は開発品の事業展開を考えると官庁出身者では、販路、市場、マーケッテング、ライバル等の情報が異なり、しかも本業以外を期待するのはお門違いだと思ったのだろうと。この辺りは当たらずとも遠からずの感覚ですね。そこで、彼にこの種、事業者に臨む価値はと尋ねたがはっきりとは答えてくれませんでした。多分、要求が大きく、言いにくいのだろうと思いました。私なら本業そのものの結果(すなわち、商品)にあまり差がなければ、途中のプロセスに価値があり、それらは感じや雰囲気、清潔感、親切さ、理路整然としたストーリの話などの情緒的な価値が大きく意味があると予測しました。やはり、これはサービス業にかかわる分野を問わず重要な要素であると思う。ではこの会社は、と問い直して、明日にでも清潔、清掃、挨拶、元気度などはすぐに実行できるのでそのように行動しようと肝に銘じた。
  


Posted by ターさん at 15:07Comments(0)経営サプリ

2013年04月10日

継続は力なりの現実

38年付き合っている四国の建材販売施工会社の会長の話
今朝、10時過ぎに電話が鳴り、声からよくかけてくる会長だと分かった。この会長は年齢が75歳であり、長野県出身で、元商社マンから建材の販売・施工業者に転じた。しかも、商社時代から年中暖かく仕事ができ、かつ県庁の所在地に近く、かつ空港にも便利な立地に本社を建設した。勿論、創業時はある地元の大手販売会社の倉庫を間借りしての創業であったと。その後、建材の中でも窯業系(セメント系サイデング材・軽量セメントコンクリート板(ALC版)等を販売、施工して事業を行っていた。この会長、その当時、創業社長は、ある東北の建材メーカの記事を業界紙で見つけ、すぐに駆けつけで四国での総販売代理店の要求を提案した。なお、その当時の金属系のサイデング材を開発・製造・販売していたメーカも創業から数年しか経過しておらず、差別化商品らしいものが見当たらなかったが、他社ライバルとの差別化商品らしきものは、殆どなく、一寸、表面にさざ波を形成した程度であり、新規商品とは?の感じの商品であり,心材も他社と変わらないものであでした。しかし、その2年後に画期的な商品が開発され業界紙等に取り上げられた。その記事をこの社長は見逃さなかった。そして、1年中工事のできる、所謂、商売のできる四国で東北の冬の仕事のない時期にも工事等ができるメリットを強力に主張して四国全土なら自分が市場としてみせると豪語した。それから、この社長の行動が開始された日々本社のある地域では、午後は毎日設計事務所、工事店、販売店をしらみつぶしに回り、自己PRと商品紹介のチラシ(自己流で作成したB3サイズの手書き)を持ちながら訪問した。それから今現在までも継続しており、骨身までこの地位の設計事務所、工務店、販売店、施工店はしり渡り、半分信者になっていると。しかも、15年前位からリフォームに力を入れ、種々の工法を提案しながら商品PRに精をだしてきた。その結果、新築が落ち込んでも理リフォームで稼ぐ地道な営業戦略が功を奏し、最近は大きな収益源になっている。また、最近は大塚製薬株式会社の上場、これにひきつられ日亜化学株式会社も株式の公開に向かっているようですと。その中で、大塚化学の株式は約1,5倍位に跳ね上がり、地域へ大幅に還元されているそうで、住宅等への投資が活発になり、景気はこの地域だけ好調だとこの会長はこれまでの行動の結果に満足そうに話してくれました。何にせ、社員持ち株のため投資効果が還元されていると。
これは創業したら地域や社員への還元の具体的な行動ですね。やはり凄い会社です。それに引き替え、日亜化学は一時の隆盛が影をひそめ下降気味での社員持ち株制は、株の価格があまり伸びず、地元に与える経済的効果は大塚にかなわないそうである。しかしながら、社員への還元は企業の恩返しであり、地域の経済投資効果に直結する素晴らしい効果がありますね。山形の経営者に中にはコジンマリと維持することを社是とする姿勢の企業が多数あり、その行く末は?の気がする。やはりインパクトを社員にも地域にも与える力が欲し感じがします。あなたがトップなら?
  


Posted by ターさん at 14:15Comments(0)経営サプリ

2013年04月08日

あるデータがしめすもの

あるデータから見た製造業の現実に思う。
1992年の製造業に従事した人数は1603人だそうである、2012年12月現在では998万人だそうで、約4割減と、それに対して小売・卸業は1035万人、医療・福祉関係が723万人、建設業は490万人だそうである。この数からいかに製造業は激減しているかが明白であります。その要因は、」海外生産、競争力の低下を上げていましたが、やはり付加価値が少なく、やりがいの楽しみが減少している方だと思います。それに、価格競争の市場原理では、開発品の開発費、年限、時間が無駄に思える感じで、すぐに人まねで作れるものをいかに安く作るかの流れが主流になり、オリジナル商品の開発は、無駄の経営感覚がこのような流れになっていると思います。しかしながら、日本は価格競争に勝てる市場、コスト、人件費になっておらず、安賃金の低開発国と一緒の競争は、勝てるわけがない。開発費ゼロで、完成された装置を導入すれば、日本品と同じ商品を1/5~1/10で入手できる仕組みの現状では、競争にならないのであります。やはり、オリジナル商品の開発品でしか日本は成り立たない仕組みかも。資源からエネルギーまで海外からの調達品ですから、元がかかっており、価格競争とレベルが違う価値観の市場で競争すべきであると思います。勿論、価格競争の原理に合う商品もあるかもしてないが、それは付加価値があまりない商品と思います。やはり開発に命を懸けるトップが望ましい。特に、40から50歳前後のバリバリ世代に期待したいです。社会の仕組みや人脈や金融関係の流れ、業界の流れと競争あいてや隙間の察知ができ、それに自社の進むべき方向性とコア技術と夢のコラボも可能になる世代です。まずは夢ありき、仲間ありきかも。
  


Posted by ターさん at 13:40Comments(0)経営サプリ

2013年04月04日

紅一点の功罪

ある金属コイルメーカの紅1点の働き
知り合いの関西にある大手の金属コイルメーカの専門分野担当が女性で、美人でスタイル抜群の人なのですが、残念ながら結婚はまだです。この人がある専門分野を担当して数年経過しますが、奮闘しており、この会社のある分野での実質的な広報担当の役割も兼ねており、自分の経験の少なさや課題が企業レベルなので山と対峙しているようだと言ってきました。流石に、この人が一人で判断するには荷がも過ぎますが、その上の上司が部長であり、この部長は専門分野の経験がなく、総合的な分野の長であり、具体的な事案にはどの程度の返事がかえってくるか?勿論、この企業クラスの部長は、少なくとも常識的な判断と、自社の現状や経営計画を熟知しており、多分、この企業にマッチした返事がなされていると予測する。それはこれまでの数年の経過で問題が生じていないことがその証である。しかし、最近は全国的な業界全体の研修会等に参加する機会が多く、しり込みする感じだと感想を述べていました。勿論、度胸はあるはずですから一応、弱音の発言をしてきていると予測します。しかし、業界の全国会議で紅一点は、流石に気後れすると思います。しかし、これも慣れであり、場数を踏めば、徐々に立場や役割が認識できるように落ち着き、正しい判断を上層部に伝達できるはずである。このように女性群もこの分野に参入してきていること自体は繊細さ、正確さで大きな力を発揮するが、大枠はやはり企業の経営陣がしっかり計画されていれば問題は全くないのである。この人が大いに活躍するには、やはり部下をつけてやるべきと思います。
  


Posted by ターさん at 10:45Comments(0)経営サプリ

2013年04月02日

こんな発想ありですか?

仰天するような発想
これは先日、あるクライアントの話ですが、奥さんがあまりにも気分屋なので取りつく暇がなく、しかも子供がいるので離婚もできないと、夫としては我慢の連続の日々のようでした。しかし、やはり自分が変わるか相手を変えるか?簡単なのは、自分が変わり、相手にもその影響が波及して自然に性格が変わることを望んでいるとの話でした。
それには、やはり夫の忍耐強さと何らかの対策を講じる必要を感じたのです。それはやはり相手の感情を刺激しないで興奮を鎮める方法の考え方であると思い付いたと。それにはびっくりしましたが理屈から言えば喧嘩にならない状況を作りだせば一方通行ですから、興奮した側も敵がいないのに人とでの喧嘩に空しさがこみ上げてきて次第に冷静になることに気が付いた。そのため、これは万人に応用できる手段と感じたのです。ただ、この対策は相手を無視した状況を作り出すので、果たして最善の策か?ただ、この場合はピッタシの状況でしたと。それには相手の性格や感情の起伏の発生などよく分析して知っていることが必要であります。ただ、面白い発想は、やはり現状の打開策を日々、年中考えていた結果の成果になったと。このモノの商品化は面白グッズに当たり、副次的な効果として感情の起伏抑制具になりうる瓢箪からコマの発想に当たりそうです。勿論、商品化は未定ですが、多分、この発想に同調する方々が世の中にある程度いると予測します。ぜひ、商品化の道をサポートしたい案件ですね。。
  


Posted by ターさん at 13:53Comments(0)開発サプリ

2013年04月02日

こんな発想ありですか?

仰天するような発想
これは先日、あるクライアントの話ですが、奥さんがあまりにも気分屋なので取りつく暇がなく、しかも子供がいるので離婚もできないと、夫としては我慢の連続の日々のようでした。しかし、やはり自分が変わるか相手を変えるか?簡単なのは、自分が変わり、相手にもその影響が波及して自然に性格が変わることを望んでいるとの話でした。
それには、やはり夫の忍耐強さと何らかの対策を講じる必要を感じたのです。それはやはり相手の感情を刺激しないで興奮を鎮める方法の考え方であると思い付いたと。それにはびっくりしましたが理屈から言えば喧嘩にならない状況を作りだせば一方通行ですから、興奮した側も敵がいないのに人とでの喧嘩に空しさがこみ上げてきて次第に冷静になることに気が付いた。そのため、これは万人に応用できる手段と感じたのです。ただ、この対策は相手を無視した状況を作り出すので、果たして最善の策か?ただ、この場合はピッタシの状況でしたと。それには相手の性格や感情の起伏の発生などよく分析して知っていることが必要であります。ただ、面白い発想は、やはり現状の打開策を日々、年中考えていた結果の成果になったと。このモノの商品化は面白グッズに当たり、副次的な効果として感情の起伏抑制具になりうる瓢箪からコマの発想に当たりそうです。勿論、商品化は未定ですが、多分、この発想に同調する方々が世の中にある程度いると予測します。ぜひ、商品化の道をサポートしたい案件ですね。。
  


Posted by ターさん at 13:53Comments(0)開発サプリ

2013年04月01日

ちりもつもれば山となるの裏返しかも

元トップの自己反省の裏返し
今日、4/1日はこのトップの誕生日であります。そして身辺整理のつもりらしいがこれまでの人生を紐解きながら、保存してあったこれまでの補完品(個人も会社も一体的な人生ですから)から、ある書初めとして書いた掛け軸用の毛筆の文章を発見して、それを具体化して本格的な掛け軸にしたものを作成したと見せてくれた。素晴らしい書であり、力強さがにじんでいた。それは42歳の時の書だと。さすが字に勢いがあり、人間の心意気が現れていました。流石に文字を上手く書く人だと思っていましたが、現実に掛け軸になったのを見ると、その意味合いが理解できました。そしてさらに48歳の時のある会合での発表会での原稿も持参しており、何故か身辺整理が現実味を帯びてきた感じがする雰囲気に思える。勿論、このトップは元気そのものであり、身辺整理など必要ない感じです。それなのにいろいろとこれまでの歴史ものを紐解き昔をうらやましがり、またその当時の背景を思い出しながら自慢と偉大さとに感嘆している感じの雰囲気になります。勿論、現実化あれから40年以上も経過しているのですが、今もってあの時の開発品が業界で幅を利かしている現実に今更ながら凄さを感じます。但し、ある大手が本格的に参入するらしいので安閑として折れるのか?その時に、開発を忘れたこの企業はどのような対策をとるのか?多分、人的に開発者の心意気が教育されておらず、30年以上にわたり基本的な発想はなく、あまりにも恵まれた環境に胡坐をかいており、その時に慌てふためく姿が予測されます。しかし、その時、急に開発が生命線などとわめいても一朝一夕に開発できるわけでなく。多分、蜂の巣をついた環境になると予測できるが、対策なしでしょう。結果、ゆでガエルと開発を知らない営業専門の企業のコラボミスが起こらなければよいのだが?さて現実は、多分、約10年後に結論が見えるかも?
  


Posted by ターさん at 14:03Comments(0)開発サプリ

2013年04月01日

ちりもつもれば山となるの裏返しかも

元トップの自己反省の裏返し
今日、4/1日はこのトップの誕生日であります。そして身辺整理のつもりらしいがこれまでの人生を紐解きながら、保存してあったこれまでの補完品(個人も会社も一体的な人生ですから)から、ある書初めとして書いた掛け軸用の毛筆の文章を発見して、それを具体化して本格的な掛け軸にしたものを作成したと見せてくれた。素晴らしい書であり、力強さがにじんでいた。それは42歳の時の書だと。さすが字に勢いがあり、人間の心意気が現れていました。流石に文字を上手く書く人だと思っていましたが、現実に掛け軸になったのを見ると、その意味合いが理解できました。そしてさらに48歳の時のある会合での発表会での原稿も持参しており、何故か身辺整理が現実味を帯びてきた感じがする雰囲気に思える。勿論、このトップは元気そのものであり、身辺整理など必要ない感じです。それなのにいろいろとこれまでの歴史ものを紐解き昔をうらやましがり、またその当時の背景を思い出しながら自慢と偉大さとに感嘆している感じの雰囲気になります。勿論、現実化あれから40年以上も経過しているのですが、今もってあの時の開発品が業界で幅を利かしている現実に今更ながら凄さを感じます。但し、ある大手が本格的に参入するらしいので安閑として折れるのか?その時に、開発を忘れたこの企業はどのような対策をとるのか?多分、人的に開発者の心意気が教育されておらず、30年以上にわたり基本的な発想はなく、あまりにも恵まれた環境に胡坐をかいており、その時に慌てふためく姿が予測されます。しかし、その時、急に開発が生命線などとわめいても一朝一夕に開発できるわけでなく。多分、蜂の巣をついた環境になると予測できるが、対策なしでしょう。結果、ゆでガエルと開発を知らない営業専門の企業のコラボミスが起こらなければよいのだが?さて現実は、多分、約10年後に結論が見えるかも?
  


Posted by ターさん at 14:03Comments(0)開発サプリ
< 2013年04>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ