2010年03月18日

零細企業のコスト削減は必然の時期に到達

今日、来社したトップは、5名の社員だそうで、約30年経営しているが、父親の死去後、引き継ぎそのままの事業を継続していた。しかし、時代は変化して厳しさがまし、新規事業の立ち上げをせざるを得なく成り、経営革新の申請を4月にすると言っていた。その内容はやはり自前で無く、持ち込まれ技術をベースにした商品であり、新規技術分野が殆どであり、既存技術の活用部分は僅少のようである。しかも、ニッチ市場で優位性があると自信が有るように話していた。しかしながら、この分野は激戦が免れない商品で有り、短期決戦の勝負になると予想される。極めて難しい事業であると想定する。勿論、チャレンジせずにいられない環境で有り、場合によって化けるかもの可能性も秘めている。実物を見てから判断したものである。  


Posted by ターさん at 16:50Comments(0)経営サプリ

2010年03月17日

開発者のチャレンジ魂

何時も開発を主体に行動している人が、公務員の働きがいは?と不思議がっていた。多分、同じ事の繰り返しに、面白さがあるのか?開発者ならとても繰り返しは耐えられないと。それに、従来との比較しかせずに、新規発想は、御法度であり、余計なことが出来ない世界のようだと話していた。勿論、幅はあるでしょうが概略的には、当たっていると思うが?この開発者は、今回町内会長に就任させられて、良く市役所職員と話し合う機会や会う機会が増えた関係上、尚更感じるらしい。でも、世の中,適、不適の業種があり、それぞれの感覚で職を選択されているのかも、この会長のぼやきは、あのような仕事で面白いのかと関心していた。小生も同じ感覚になるが?それに開発者の無駄になる失敗の実験などの話題が出ましたが、敢えて必要な実験であり、確認が不可欠であると。それに引き替え補助金での開発助成は、補助金が無くなると梯子をハズされた実験、生産等になり、原価計算が全く異なり、不採算部門になるのが常である。
予算は、どのように活用するかは、国民全体の責任かもね。  


Posted by ターさん at 16:17Comments(0)開発サプリ

2010年03月16日

医療部品の不可解な商流に疑問

先日、ある個人発明家で事業家の人が、医療器具の部品を新規に開発した。勿論、世界に無いもんしか作らないと豪語している人であり、物真似は絶対しないそうである。その分、資金繰りに苦労が耐えないようである。しかし、今回自分の商品としてでなく、ある外国の大手の日本企業の代理店に納め、それをヨーロッパに送り、そこで政府認可の工場のマークと名称を着け、他国へ輸出する方式だそうである。この商流では、経費だけが嵩み、原価の数倍に成って各国へ輸出されることになる。ブランドの威力と言えるが、何かスッキリしない。多分、中国、韓国のメーカも同じようなルートを辿っている可能性があると想像する。何故、日本のメーカが日本で販売しないのか種々の課題があると思うが疑問がある。顧客は、選択肢が無いから否応なしに高価な商品を購入するしか手が無いのである。このような流れを垣間見るにつけ、無駄が計り知れない程存在し、仕分けの単純な思考が導入されるといいような感じがしてくる。  


Posted by ターさん at 11:37Comments(0)開発サプリ

2010年03月12日

サービス業の営業マンに思う。

何時も、帰宅がPM10時とか12時とか、定休日も確実に取れず、顧客に対応せざるを得ない営業マンの家庭は?本人が好きな仕事を一生懸命に働いているので楽しいかも。でも子供のいる家庭は、常に母親と子供だけの夕食、寝てからの帰宅など朝も確実に逢えるかは?このような勤務態勢が顧客満足度の優れた企業と言えるのか?勿論、顧客中心の活動が最大の効果を生むわけですが、担当者でなければだめなのか?代理が活用できる事案も多々あると想定する。いずれにしてもこのような勤務は、長年続くと定年後の離婚などしっぺ返しが来る。企業も労務管理にこのあたりのメスを入れる時期が来ていると思う。国は家庭から成立しており、その最小単位が破壊している国家に明日は無いかも?人材が最大の宝にしては、片手落ちの現実に違和感を覚えるが?健康上も精神的にも課題がある。  


Posted by ターさん at 14:57Comments(0)社会サプリ

2010年03月11日

不登校等の数にビックリ

昨日、ある人に出会ったら、不登校の生徒(小、中)で13万人がいるそうである。また、引きこもりは160万人がいるとの話しに、国は莫大な損失を蒙っている。この、現実は両親にもろに関係しており、今後の社会問題の大きなテーマである。しかし、その対策は個人的な対応レベルである。ここに教育のメスを入れて、芽が小さい不登校の時期から先手を打って楽しい学生生活、家庭生活を送らせるべきです。親の責任ばかり追及しても拉致が飽きませんから、現場の先生が簡単に型から入るセミナーで治せるのだそうである。具体的な内容は知りませんが、是非、国、県単位で対処する模索を緊急に取って欲しいです。なお、その講師は知られた人らしいですから、HP等で検索するか?関係者にご教授してもらって下さい。
引きこもりは、もっと大変な事案かも知りませんが、国内課題では最も解決すべき国家施策に値すると思う。経済は最悪自然に繰り返すが、引きこもりなどは、その規則が当てはまらない。  


Posted by ターさん at 15:47Comments(0)人生サプリ

2010年03月10日

個人発明家の現実に於ける反省の弁

昨年の天地人のNHKドラマの放映に合わせてグッズを製造販売したが、決算は赤字であり、高額の商品は際物にマッチしないと酷く反省していた。授業料にしては、高すぎると、猛省していた。けれど、今回は龍馬に係わるグッズを昨年秋からチャレンジして関係各地を周り、商品の卸店、エベントなどつぶさに調査して放映に連動して売り上げが増加してきているそうです。多分、昨年の授業料は取り返し、次のチャレンジの軍資金になるかも。ただ最近は中国製の安物グッズがあふれ出し、先手必勝の問屋では取り扱ってくれないから、助かったと言われていた。その商品をは拝見させて戴きましたが、400~1000円クラスで観光地で販売して類の商品であり、学生から観光客までお土産にピッタシのものであった。やはり、アキラメズに先手を打ってチャレンジした行動力の勝利と思える。多分、来年の今頃は余裕の決算と想像する。また、ある個人は面白グッズを発想して商品化を目指すが、資金的に無理があり、他人のふんどしに依存せざるを得ないかんじであり、しかも自分で営業しないケースであるから、もっとハードルが高いかも。でも無駄は一つも無いはずであり、これらを活かす手段を発想すべき時期に来ている。どちらも個人であるが行動力の差が勝負を決する感じである。資金0でのサンプル作りなど他社が何らかの関連がないかぎり、乗って来ない。このあたりは今後、アドバイス時に最大に注意すべきと思う。  


Posted by ターさん at 15:47Comments(0)知財サプリ

2010年03月08日

リバース年齢で気分一新は

最近、気が全ての姿勢をもろに受ける気がしますが、皆さんは如何ですか?特に、65才以上の人は、自分で高齢者の単語が気になりませんか?そこで、65才以上の人は、40才を差し引いて年齢を表示し、朝から若さをばりばりに戻す発想は如何ですか?40才代は、世の中でばりばりの中心的な行動派であり、自主行動が実行できる環境と思いました。やはり、自主行動が最大のエネルギ-源と感じます。自宅にこもらず春なので野山など自然環境を堪能して次のテーマを模索するチャンスに最適の時期がきました。貴方は、元気の元社会との連携をどのような対応で取ろうと思いますか?もし突飛な発想があればPRされたら如何ですか?  


Posted by ターさん at 15:41Comments(0)

2010年03月01日

65才以上、がんがん逆ライフステージへのチャレンジは?

最近、家庭内、自宅内に立てこもる65才以上の男性が、呆けたり、行動を起こしづらく、孤立するケースが多々有るようだ。まずは、最小限の費用で外へ向かって行動する思考を行い、サークルを捜し、なければ創設する位の気概は有りますか?ご婦人は仲間が多く、呆けることもなく、活き活きと日々生活しているように見える。これに反して男の人は?先ず、外へでる機会を創りましょう。意識あり方はご意見を?以上が久々に投稿する切っ掛けです。  


Posted by ターさん at 16:41Comments(0)人生サプリ
< 2010年03>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ