2013年01月30日

画期的な対談記事に思う

ある記事からの発想
ある雑誌の対談を見ていたら、デフレ脱却とかインフレ加速化の話に関してその原因と、具体的な対策に関してそれぞれの見解を述べていた。しかし、その中のある創業社長の見解は、具体的で現実味があり、裏付のデータからして可能性を感じた。それはデフレの原因は、価格破壊以外なく、その煽りは中小零細企業に集まり、結果としてGDPが20年で10%以上ダウンした。そえに反して、アメリカは約2,5倍に、ドイツですら65%のアップだそうである。一人日本だけがマイナス成長である。その結果は、海外移転の企業や中小零細企業の閉鎖、倒産であり、若者の失業、ニート化非正規従業員の増加で消費も夢もたたれている。ますます、経済成長は減少する。それにいま消費者がほしいものが。新しい商品が見当たらない。これは産業の成長がないからである。新商品の開発が国民の活力になるような商品が見当たらず、物まねか、エンゲル係数以外の商品では、消費者数が少なく、消費による経済成長など期待できない。消費がなければ生産も増産しない。鶏化、卵か?それに金融緩和いくらしても金は有り余っている。回転するユーザがいない。それなのに、金融緩和やインフレターゲット。公共投資で一時的な活性化は期待できるがあだ花であると。やはりモノづくりの原点であり、就業人口の9割位の中小零細企業の活性化策に思い切った投資を国が図るべきである。補助金の規制や該当者に制限を加えるのでは、基本的な解決策に至らないと。名前のように投資には無駄がつきものであると思うが?さらに、公務員の給料の高さが問題であり、25%のダウンで民間レベルの平均であり、そのカット分、約12兆円を平均年収以下の世帯に給付し、かつ地域での使用条件をつければ地域活性化も合わせて図れると。もちろん、国会議員の大幅削減も言及していたが、これはすぐに着手すべき事案と思えるが。


同じカテゴリー(社会サプリ)の記事画像
コラム、殺人的な忙しさのサクランボ収穫に?
同じカテゴリー(社会サプリ)の記事
 コラム 水晶 太郎 、 、企業譲渡 (2018-11-16 12:44)
 エッセイ 、ドンキーマカセ、 目標を選択できる高齢社会へ (2018-11-15 14:34)
 朝虫の詩 (2018-11-15 12:11)
 コラム 水晶 太郎 、勝手な感想 (2018-11-14 15:19)
 朝虫の詩 (2018-11-14 10:23)
 エッセイ ドンキーマカセ、 ペットビジネスのゆくへ (2018-11-13 14:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ