2013年07月31日

創業魂は衰えず

創業社長であるがゆえの覚悟
今日、昼前に電話があり、昼飯を一緒に食べないかとの件でした。この創業者は、小生の元上司であり、約35年間、一緒に隣の席で仕事をしてきた上司で、元社長である。何時も、1回位/月、来て、雑談や情報収集の話と昼飯を兼ねて訪問してくれます。今日は、奥様が入院されたので暇になり、天気も良いので飯に誘ったとのことでした。勿論、当方に何らの不都合も無く、お待ちしますと返事しました。そこで、ほぼ20分後位に事務祖前に車が止まり、元社長が現れました。そこで、ある知人から入手していた社長も興味にある情報を手渡した。その情報には2種類あり、一つは、ある大学の全入学生への知財教育実施に2億円の国からの予算が充てられたとの話にすごいと。その知財教育を指揮する人は、2人も良く知っている人である。そして、2つ目の情報は、これからの成長産業の分野の記載と、その内容にある庁の元長官の記事であった。その内容には、医療機器、医薬等とそのための法律の改革、外国との連携の人要請など専門分野からの視点が縷々記載されていた。この記事を見て、この筆者とは元社長は懇意であり、現在に身分を見て勿体ない。なぜ、この人の専門分野の高い見識を活かすための進むべき道を創るべきであったと、自分のことのように残念がっていた。そして、現在の元社長の会社の話に移り、現在は会長を継続していますが、実質的には経営そのものには、一切口を挟まないとのことでした。しかし、現状の商品群を見て、自分が発想した商品が、いまだ以て売れ続けていることへの幸運と不思議さに戸惑いながら、今後の商品展開を案じていました。多分、この状態では、次の商品は生まれないだろうと、そして、自分が創業した時には、明日うれなければ、360°あらゆる分野の仕事をしてでも生き抜く覚悟で始めたと、創業者魂を披露した。これこそが小生等が入社した時の意気込みそのモノであり、現在のトップは、多分、無いに等しいと思える。そして、来る度の第一声は、景気はどうか?である。この感覚が年齢に関係なく、燦然と輝いているのに圧倒されてしまいますが、少なくともエネルギーを与えられた気になるのは、何故か不思議に思える。

  


Posted by ターさん at 14:31Comments(0)経営サプリ

2013年07月30日

他山の石

他山の石でないですが?
自社・トップ自身の言ことばかり考えて日々、暮らしている企業が多いかも?それは当たり前のようですが、やはり世の中の流れには、それなりのシグナルが秘められているから、その変化や流れを敏感にかぎ分けるセンスが必要である。他社は他社、自社は自社の発想の原点に、間違いがないのかもそりませんが?それは大きな罠があります。人間社会は一人で生きていけない世界です。この原点を無視した発想には、危険が潜んでいる。やはり世間並の部分と自社の差別化部分が併存することが安泰した経営基盤でしょう。しかしながら、世間並だけでは、勝ち組に入ることが難しくなります。好ましくは差別化部分の比率がアップすることが成長分野、成長企業の姿である。いつまでも世間並では、やはり生存競争の中では、勝ち残ることが難しくなる。必ず、新規参入者が表れるので、世間並の原則が日々、少しずつ変化してくるからです。その変化が肌で感じられないと、淘汰組に組み込まれてしまう。そこでやはり差別化の分野、新商品を持つ価値が大きくなってきます。何で差別化するのかは、各社それぞれの得意分野があり、一概に決められないかも知りませんが、やはり拾うか捨てるかの選択の原則が働き、資源の分散を抑える意味があります。即ち、集中と選択の方向を明確にして資源の分散を防ぐ必要あります。何せ、零細企業は資源に限度があり、とても余裕のある現状でないのですから。その中でもベクトルを合わせて進む経営が要求されてきます。もし、それもなく漫然のケースは、説明する必要がありません。当然に奈落の底へまっしぐらかも?それはトップ次第です。
  


Posted by ターさん at 11:51Comments(0)経営サプリ

2013年07月30日

武器をもつことが生命線

武器の決断を
現在、下請け企業に甘んじているが、何時か?いや期限を決めてのチャレンジが迫られている時代である。勿論、現状に満足されているトップは、そのまま安閑と流れを楽しむのもよいかもしれません。但し、世の中は生き物であり、現状維持は衰退か、淘汰の運命が待っているのが筋です。そこで、現状からの脱出には、無手勝流はあり得ません。そこには、必ず武器を準備する必要があります。あなたの武器は?と問われて躊躇するトップが殆どかも?勿論、成長企業のトップは、はっきりと提示するはずです。成長している現実の商品に、その秘密が内包されているからです。この武器の寿命が成長の限界です。そこで、この武器の寿命が来る前に、2段目、3段目と人工衛星打ち上げのロケットのように期限切れは、お役御免で消滅する。その前に2段目の武器が働き出す仕組みに企画されています。勿論、2段目がなければ、その寿命が消滅するまで息抜き以外手段はないのです。これは極めて過酷な運命と言わざるを得ません。しかし、現状のままで、下請け主体の経営では、遅かれ早かれこの流れに沿うしかないのです。しかも、親会社である相手次第ですから、まさに 
他力本願の人生を歩むごとき運命である。そこで、今、自分の武器、所謂、商品を発掘して現状からの脱出を検討するぎりぎりの時期だと思います。是非、自社の現状と将来とを対比して、いま 何をトップはすべきかを熟慮して行動に移しか手段がないのです。いくら考えても、結論は出ないはずであり、その際は悩まず、やってみてその経過を見つつ、判断すれ結論の確度が高くなる。その意味でも、やってみるこれが極意かも?まずは、完璧な計画でなくてもおおよその道筋で、行動して、途中で見ながら進む道を修正しなが目的の道へ向かえばいいのです。是非、現状からの脱出が使命かも?
  


Posted by ターさん at 11:30Comments(0)経営サプリ

2013年07月29日

カイコ企業を目指して

カイコ企業へ向けた助走を
当社は、現状からの脱出を目指す企業トップに焦点を合わせ、しかも、下請け企業、あるいはベンチャー企業といわれる企業のトップに視点を合わせたコンサルを目的としています。勿論、ベンチャーでもゼロからの起業と新たな起業としては初めてでも、その前に別の企業を経験しているトップとでは,トップの技量がまるで違うケースと、全くの異分野のため斬新な発想での経営を模索するトップがおり、どちらも目的の商品開発によっては、適不適がある可能性が存在する。しかし、いずれにしても、新規商品開発に、少なくとも技術的、市場的に現状の仕事と裾野で関わりがあることが好ましい。それすらなければ、真っ白の新規参入は、これらの企業の参入に比して計り知れない事前、準備が要求される。よって、この種企業のトップには、大変な覚悟と努力が要求されます。何せ、ゼロの出発は、前段階の準備に十分な備えが必要です。例えば市場、ライバル、原料素材、開発状況など裾野の調査だけで、半端でなく、しかもこれらデータから読み解く素養のないのであるから、無謀と言えるかも。でも自らすべてを準備する必要があるかないかは、それは相手との交渉次第である。それ故、まずはスタートに立つ前に全体の状況把握はトップ自ら行い、そのデータが示す数値から内容を読み解き、その対策を講じる力が要求されるきである。それも、トップ自らの解釈と予測をすることになる。勿論、当方もそれなりの対応はしますが、やはりトップはその業界に手も足も出さないようでは、情報の枯渇はまぬかれません。人を介しての情報収集は、それなりの価値があります。しかし、上記のように全くの新規分野への進出は、企業規模、力、徒メード、品質、サポート部隊など営繕係りも大勢必要とするでしょう。そこで、当方としては、20人以下の中小零細企業では、その経営指針すら公示されていないのかも?その中で、努力やガムシャラに新規商品開発を手掛けては、50歩100歩であり、本来の目的には程遠いはずです。その意味合いからも30人以下で自社ブランド商品はゼロですが、貴社の目指す下請けからの脱出商品の発掘は、半端じゃないのでは?それは何事も「瓢箪から駒のように」たやすくいかなおのです。まずは自社技術の延長線にミニ市場がぽっかり空いて、あるいは誰も気が付いていないミニ・ミニ市場かも。また自社技術があり、その延長線からちょっと離れた位置で市場を発見できるかなど市場と顧客の規模を見極める最優先の課題をつぶす必要がある。自らの分析と第三者に判断を比べ合わせて最終決断はトップ自ら判断してスタートする?中止するかの決定的判断を下し、方向変換をした場合は、別商品市場の判断を、また同じように下す必要があります。いずれにしてもTPP問題をはじめ自社商品、自社技術開発力、素材調達能力など零細中小企業いとっては多大な負荷がかかります。でも準備段階で断崖絶壁の試練が好ましいのです。そうでないと、こんなものかのあいまいな判断で進行することは危険すぎます。まずは方針ありきであり、社員に対して徹底的に教育してベクトルはトップから社員まで一直線であることが望ましい。その意味合いから社員は、30人以下で下請けだけでなく、一寸、開発にチャレジしたことを繰り返しているトップの一企業を対象にします。勿論、真っ白から始める企業の場合は、命を懸ける覚悟が必要です。ライバルは日本だけでなく、世界であり、その市場はロー的市場を狙うからです。。そして、カイコのように地域NO,1から業界NO,1,アジア地NO、1、世界NO,1へと脱皮しましょう。まず、問い合わせを期待する
  


Posted by ターさん at 14:25Comments(0)経営サプリ

2013年07月29日

地域NO,1になりませんか?

あなたの会社が地域NO ,1になりますか?
この地域には、自社ブランドの企業数もありますが、いずれも下請けと自社ブランドの組み合わせであります。
勿論、殆ど自社ブランドの企業もありますが、それは10社以下位かも?売る上あげが10億円クラスになれば数社になりかもしりません。しかし、これらの企業も最初から自社ブランドに向けた商品で起業した企業は、少なく、殆ど下請け企業から出発して企業体質の強化によって、下請け企業と自社ブランド企業の組み合わせ企業体質に変革していた企業が殆どです。それでも数社にとどまり、その中でも大手企業の1次、2次位の下請け企業ならまだしも、それ以外はこれからの時代、大きな変化が迫っています。いつまでも他力本願で生き抜けると思いますか?やはり少なくとも自社ブランド商品を2割から5割位の比率にここ数年で達成し、夢は90%まで自社ブランドで、残り10%は情報収集や技術収集などで大手との連携や市場把握の目的で付き合うエリアを設けておくとよさそうである。勿論、現在100%の下請けと、70~90%下請け企業のこれからの対応にはすれなりの違いがあります。今回、提唱するする地域NO,1を目指す企業のトップは、社員数が30人以下、製造業であり、自称、自社コア技術があると思える企業のトップとの連携を模索します。即ち、現状からの改革を検討しているトップの企業であり、少なくとも年齢的には50から60歳位、或いは後継者が決まっているような企業であります。なぜ、このような提唱をするかと言えば、地元の地域開発は、下請け脱皮からが最大に可能性を秘めているからです。この下請け脱皮には、必ず、情報収集と開発と市場開拓が連動すしますので、覚悟は不可欠です。当所は、このような企業のトップと連携してまずは地域NO,1を発掘したいのです。勿論、ゆくゆくは業界NO,1も夢に見ますが、それは次のステージに残しておき、まずは地域NO,1をどのようなミニ市場を狙います。まず、地域NO,1を、するとこの経験が次のステップに向けた経験や必要情報の収集源、ネットワークの構築とあれ程度の規模の仕組みが出来上がる。この地域では、3社位をめどにして対応したいです。1社は10人以上、2社目が20人以下、3社目が30人以下位を予測しています。勿論、この地域で発掘できなければ、これ以外の地域に手をのばして発掘の夢を現実化したいです。できれば全国を目指したいですが、これまでの経験から足元からを原則に推進したいからです・さてその使命を感じるトップが?なお、私の体験した企業は、現在も業界NO、1であり、約34年間この地位を維持しています。それは、まず自社オリジナル商品の開発が原点になりますが、少なくとも近似した分野に商品があるはずであり、またくのゼロからスタートすることでなく、市場がミニであたったり、企業数が少なかったり、企業の規模もそれほどでないケースが狙い目です。ぜひ、相談に出向く、出かけるかの行動が試金石です。
  


Posted by ターさん at 11:36Comments(0)経営サプリ

2013年07月26日

人生のあり方

生涯現役は夢ですか?
サラリーマンは、生涯現役は極めて厳しいン現実である。それは、必ず定年の境界か、役員定年で70歳くらいまで勤務できる人も僅少であるがいます。
しかし、その後は、結局は、以前の経験を活かした仕事を始めるか,別の企業等に雇用していただくしかないと思います。但し、サラリーマンの途中でスピンアウトして士業や起業して創業した人は、ほぼ死ぬまで現役の道を歩めると思います。このような人は、幸せものであり、楽しく悠々自適な生涯を送る可能性がある。それ以外の人は、必ず退役することになり、退役後の起業や新規な就職は極めて難しい環境と思える。しかし、65歳で定年だとしても約10年から20年は元気な日常生活を送れるはずである。しかし、この場合でもやはり生涯の仕事か趣味の延長線の仕事を持てる人は、楽しく有意義に日々を送り、かつ寿命をまっとうするまで働ける最大の幸せを持つことになる。しからば、このような状態を国,自冶体、地域が積極的に創生させ、その機会を希望者を雇用できるか実質的な働き場所を創出させる価値は計り知れない。少なくとも楽しい人生で終焉でき、かつ病気や治療費も大幅に削減できると予測できる。なぜ、このようなデータが存在するのに実行せず、場あたりの政策に奔走しているのか、理解に苦しみます。是非、ここに大きなメスを入れて国民の終焉を楽しい有意義な人生にする企画がほしいですね。
  


Posted by ターさん at 15:42Comments(0)人生サプリ

2013年07月26日

地域活性化の担い手は

地域活性化の夢を叶える人、集まれと叫ぶ。
最近は、下請け企業が多い、この地域ではあまり楽しい話が聞こえてきません。しかし、TVやマスコミでは景気上昇の兆しの話題でにぎわっている。本当だろうか?まさか、マスコミのスポンサーへのサービス精神か?強要か、或いは政府の露払いか?いずれにしても実感のない現状なのに、その傾向が見えるので延長線を先読みしたのでしょうか?それなら有難いと思いますが、社会環境はそのような状況になっているのだろうか?おおて大手は、その流れをもろに感じているのかもしれないが、この近隣では?そこで、やはり誰か、先頭に立って旗をふる元気なトップが欲しいですね。勿論、自ら旗を振るのが筋かも知りませんが、先頭は牽引力のあるがむしゃら若者が望ましいと思います。重戦車のような馬力が決め手だと思います。この先頭の動きがすべてを決する気がします。
この地域では、やはり40人以下ぐらいの企業のトップが最適任者でしょう。まずは声を出して参画の気勢をあげて欲しいですね。当方はそれをサポートする役に徹します。これまで約8年間の経験からすると、その産声を上げる人の顔を早く見たい感じで一杯です。是非、勇気と元気の印を刻印して欲しいです。しかも、国全体が成長戦略の真っただ中にあり、環境的に最適と思いうます。まず、名乗りを期待する。
  


Posted by ターさん at 14:43Comments(0)経営サプリ

2013年07月24日

分岐点の決断を

分岐点での決断は、
最近、世の中の変化に追従できない人・企業は迷いながらの人生や経営を辿っている。しかし、このような状況は、長期的には間違いであり、決断して○xを決定して、早めに進路を定めるのが痛みを最小限に食い止める状態である。しかしながら、やはり、急な変化や方向変化には躊躇する力が働き、最終決断ができないケースが多い。これは傷をより大きくする最悪のパターンであり、早めの忠告が誰かのアドバイスか、逆転の発想で現状と逆の方向へ向かうすかの決め事が不可欠である。この決断がなければ、いつまでたっても、所謂、どどのつまりの最悪状況にいたる。それまでに、何らの手も打たないのは、本人が一番悪く、現状の認識の甘さ、いや最悪の決断を待つ状況まで引きずったことに最大の原因がある。そこで、やはり決断時期の設定が最大のテーマになる。人生の決断時期はさておき、中小企業の前進むか、後に戻るか、左右に方向転換するか、種々の情報を収集し、それらをトップ、それ以外の第三者と基本データをベースに対比して決めるのが最適だと思う。しかし、そのデータ対比でもやはり諦めきれないケースは多々ある。それでも決断して道を改めさせることが必要なアドバイスである。それでも諦めないケースは、爆弾が落ちる予告を提示することが親切なアドバイスでしょう。
  


Posted by ターさん at 13:49Comments(0)経営サプリ

2013年07月23日

断崖絶壁の決断時期かも

断崖絶壁の決断を
今、個人や企業においては、時代の変化や環境に変化などの影響でそれぞれの立場での境界、即ち分岐点にたたされている人達が多いはずである。
一番は、人生での決断であり、進学、就職、結婚、等があり、その度にすんなりとあるいは苦渋の決断をしているはずです。勿論、すんなりと決断するケースもあるでしょうが、分岐点となる決断は、通常、苦渋の決断であり、待ったなしの時である。特に、中小零細企業の今後についての決断は、早いことに勝る策がない。しかし、その状態する理解していないトップには、なぜ彼は右往左往して悩んでいるとか、他人事のように見ているトップも多数いるかも?しかし、やはり誰かが動くことは、何らかの兆候であり、見逃さずサーチしてその意味を予測や解釈して自分なりの行動を決断すべきです。勿論、どこ吹く風の人も企業もあるでしょうが、これは人の後を追う追従型であり、時代に取り残されるしかない、負け組かも。何事も先行する人、企業にはそれなりのメリットがあるのです。例えば、失敗でも最小限の失敗で済むし、その失敗の原因なども自分なりに確認して次への対応策も肌で感じられます。追従した企業や人には最後まで付き合てつぃまう危険性が潜んでいます。このような現在は、断崖絶壁の変わり目かもと予測するのが正解だと思います。但し、全業種が潮の変わり目かは、環境下にある企業や人自身が経験や業界情報などから自ら判断して進むべき道を決断すべきです。個人のケースは、待ったなしの状況に至るまで判断を遅らせる可能性が大であり、やはり経験者は知人に相談して個人的な判断はすべきでなく、参考意見等の収集の後に自ら決断することが好ましいと思います。あなたは?
  


Posted by ターさん at 14:05Comments(0)経営サプリ

2013年07月22日

地域NO、1を目指せ

商品開発から地域NO、1をめざせ。
現状がした下請けの専門の中小零細企業であろうと特殊加工専門業者であろうと、貴社の得意分野の技術を活かし、かつさらに新規な発想や技術を付加して新商品の開発を目指す夢をみると日々の業務に人生の未来に企業の展望が何故か開ける感覚になるはずです。これは人間の心構えがすべてを決するといわれるゆえんかも?その意味でも企業の変革、社員の変革のための最大のエネルギー源といわれるのです。しかし、通常は、我々のような中小零細企業が妄想的な発想を考えること自体、お門違いと思う方が多いように見える。とんでもない現状の維持は、衰退の未来しかないのであり、それよりは将来へのエネルギー源を所有し、夢を見る価値が言葉では言い表せない位、大きな意味があります。是非、トップの判断を最優先しますが、何時も、トップは企業の将来、社員の幸せを念頭に置いた計画を実行する義務があります。自分だけがよければ、即ち奈落の底に落ちる運命が待っているかも。やはりチームワークが最大の力であり、そのためには目的(夢を共有する)がベクトルを合わせる試金石になるはずです。是非、地域NO,1を目指す夢のような展望をぶち上げ、社員をアッと言わせる、所謂、トップは気が狂ったのかといわせるようなショックを与えることが肝要です。通常の努力で達成できるような夢は、大きな夢を達成するための小さい目標であり、その組み合わせが将来の大きな夢である発想が好ましいのですが。勿論、一気に地域NO、1は理論的にも現実的にもあり得ませんが、少なくともこの目的に向かってスタートしなければいつまでたっても現状からの衰退が待っているだけです。それならチャレンジするのが可能性への追及です。ご期待します。
  


Posted by ターさん at 13:56Comments(0)経営サプリ

2013年07月19日

狂人を探せ、それが下請け脱皮の武器

狂人を捜せ、それがミニブランド企業のキーマンだ。
社員が5人での30人での100人でも、自社ブランドの商品を所有していない企業は,数知れずある。しかし、これらの企業のトップは、少なくとの1品でも自社ブランドがあればと夢にまで見るはずである。勿論、割り切って無駄な夢は見ないで、現実を確実に進める経営に徹しているトップも、また多数いるはずである。しかし、現状の延長線に明日は、ありますか?少なくとも成長路線は考えにくい、ソフトランデングによる終焉を待つ身になる。それも知っているか知らず?そこで、このような夢の無い、野望すら持てない企業にシニアまでいますか?自分がシニアになる時まで存続しているか?である。それなら、やはり可能性へのチャレンジをすることがこの企業のトップに役割である。そこで、トップ自らが狂人でなければ、このような夢は見るべきでないのか?それは無い。トップは全責任さえ追えば、経営の安定と成長さえ保てば、それで名経営者である。但し、ここで先ほどのミニブランドを確立して下請け脱皮を目指すには、社員の中から、狂人、所謂、変り者を選別し、彼をトップにしたプロジェクトを構築し、その全責任をトップが負い、資金的な心配など一切負担を掛けさせず、スケジュールの進捗や投資と現状経営とのバランを見ながら計画を進捗させる進行役が重要である。なぜ、狂人がこのプロジェクトの指揮官かというと、常識を覆す判断や発想が不可欠であり、人間的に見れば、変人に入るかも。勿論、常識は適当にあるが相対的にかけている人である。しかし、この研究開発テーマの実現に命を懸ける情熱があり、この会社の将来展望の夢を一手に担う心構えがある人。通常は、変人は組織に相容れず、仲間外れになりやすいですが、そこを年配の経験者がなだめながら進捗させることも重要な人材である。それらの総合指揮官がトップであり、そのアドバイザーが必要である。それは、いうまでもない自社ブランド立ち上げ経験者しか適任はいないかも?
  


Posted by ターさん at 15:27Comments(0)経営サプリ

2013年07月19日

間違だらけの下請け脱皮術

間違いだらけの下請け脱皮術
下請けの現状は、言及するまでもなく当事者が一番、肌と心と感情と身体にしみ込んでいる。それなのに、何故、現状からの脱出ができないのか?それも当事者が一番わかっていることです。しかも、この現状から抜け出す挑戦も各社とも1度や2度でないと思います。しかし、現実に煽られ、結局、計画の途中で頓挫するケースが殆どです。それは、基本的には自ら下請け脱出の心構えや方策が十分に検討されておらず、どちらかと言えば、知り合いから、或いは公的機関からの情報提供と補助金のセット策、または大学との連携を知財アドバイザーなどそれぞれの専門家からの勧誘などのケースが多い、しかし、基本は、明くまでもトップ自らの野望、意思、覚悟と社員の夢の実現がマッチするようなテーマでベクトルを同じ方向に合わせたものであるかどうか?さらに、経営方針尾再確立と5年位のスケジュール計画と運用者の選択、所謂、人財の整備と資金のめどが網羅され
ているかいないかの確認などである。また、急に思いついようなテーマでは、付け焼刃策で成功するケースは?それほど市場が甘くない。特に、市場の情報や商品の流れ、販路のネットワーク、自社販売か自社製造販売の一括方式かの選定がなされているか?いずれにしても下準備は具体的なテーマだけでなく、狙う市場、狙う顧客、狙う商品、すべてを自社で揃えるのか、分業で製造し、自社が最後に製品として完成させるのか、販売は商社ルートや問屋ルートかなど下請け時代と大きく異なる未経験要素が殆どである。その意味からも準備時期から、トップは命を懸ける器量、決断が必要であり、社員にはその暁の夢を具体的に示した未来像を示し、ベクトルの一体化を共有する組織に創り上げる。その間に、必要な技術や商品情報、自社の誰にも負けないものの確認や創出、導入などでチャレンジ姿勢を整える。この際は、金融機関への未来像やミニ市場へのチャレンジの心意気を頭取クラスに理解させる努力と金融機関の担当者との密なる情報交換で協力支援姿勢の確立を目指す。勿論、その間に社員の訓練、必要な人材の採用など重要事項をつぶしながら、スタートする。
ここからが、具体的対応に迫られ、試行錯誤の連続で本来の目的、方向性、目標を混同せずに計画と対比しながら推進する。市場の変化や人材の変化なども逐一、検討しながら進める。この段階の対応には、ベンチャーから自社ブランドを立ち上げた企業内の中枢で経験した専門家の登用も計画の初期からか考える重要な要素である。

  


Posted by ターさん at 14:54Comments(0)経営サプリ

2013年07月18日

今が決断の正念場

正念場に決断する。
最近の地域の産業、特に製造業に関しては関東関西の大企業のある地域と異なり、殆どが下請け業者に入るのかも知りません。勿論、規模に関係なく自社ブランドでそれなりの売り上げと利益を上げて経営が順調な企業もあります。これらの企業は放置しておいても自助努力や自己判断で好ましい経営に舵を切っていると思います。しかも、この種企業には都会の専門家や長年の付き合いからくるネットワークも完成されており、顧客に問題もなく市場状況もそれなりに把握している。これに反して、下請け企業群は、二次から何次までか?に該当するかわかりませんが、少なくとも好ましくない条件での仕事や明日が約束されない不安定な業務に悩まされ、ストレスや危機感にさいなまれているかもしれない。勿論、現状の延長線上の仕事やネットワークを維持する限り、ますます厳しさは増すばかりである。この負の連鎖を断ち切り、自社の道を歩みには、開発の武器しか手段としては無いのである。それもこれまでの延長線の流れでの新商品であれば、少しは市場や関係者からの情報も入手できるので調査が可能である。しかし、それ以外の市場への参入にはハードルが高いはずである。それもこれまでに経験したことのない新商品の開発から製造、販売までのルート創りには、不慣れだけでなく、情報不足やネットワークの無さなど大きな課題が跨っている。それでも現状の延長線の先は奈落の底しかないと思えば、無手勝流で流れに乗り、そのままひどい醜態の終焉を待つのですか?やはり、何もしないことは最悪であり、あらゆる手をつくすべきであり、その先には灯が必ず見えるはずである。世の中、今の頑張り状況を見ている人がおり、行動に対する価値は明確に返ってくるはずである。その時間が直結するか、タイムラグがあるかの違いである。  
現状の下請けからの脱出には、やはり全社一丸となり、必ず新商品で市場を喝破して自らのミニ市場でも解説する覚悟が必要である。但し、もともと何もないながら新商品の可能性の発掘からでは、やはり時間との戦いとコア技術の有無やその活用で新商品が予測されるかの判断する識別力も試される。しかし、一度厳しい経験を通過すれば次の新商品は、雨後の竹の子のように創出される可能性が大である。まずは、下請け脱出の脆しをぶち上げ、やる気のベクトルをそろえて進みましょう。ぜひ、経験者を相談員に介在されるべきと思う。今が最後のチャンスかも?
  


Posted by ターさん at 14:22Comments(0)経営サプリ

2013年07月18日

今が決断の正念場

正念場に決断する。
最近の地域の産業、特に製造業に関しては関東関西の大企業のある地域と異なり、殆どが下請け業者に入るのかも知りません。勿論、規模に関係なく自社ブランドでそれなりの売り上げと利益を上げて経営が順調な企業もあります。これらの企業は放置しておいても自助努力や自己判断で好ましい経営に舵を切っていると思います。しかも、この種企業には都会の専門家や長年の付き合いからくるネットワークも完成されており、顧客に問題もなく市場状況もそれなりに把握している。これに反して、下請け企業群は、二次から何次までか?に該当するかわかりませんが、少なくとも好ましくない条件での仕事や明日が約束されない不安定な業務に悩まされ、ストレスや危機感にさいなまれているかもしれない。勿論、現状の延長線上の仕事やネットワークを維持する限り、ますます厳しさは増すばかりである。この負の連鎖を断ち切り、自社の道を歩みには、開発の武器しか手段としては無いのである。それもこれまでの延長線の流れでの新商品であれば、少しは市場や関係者からの情報も入手できるので調査が可能である。しかし、それ以外の市場への参入にはハードルが高いはずである。それもこれまでに経験したことのない新商品の開発から製造、販売までのルート創りには、不慣れだけでなく、情報不足やネットワークの無さなど大きな課題が跨っている。それでも現状の延長線の先は奈落の底しかないと思えば、無手勝流で流れに乗り、そのままひどい醜態の終焉を待つのですか?やはり、何もしないことは最悪であり、あらゆる手をつくすべきであり、その先には灯が必ず見えるはずである。世の中、今の頑張り状況を見ている人がおり、行動に対する価値は明確に返ってくるはずである。その時間が直結するか、タイムラグがあるかの違いである。  
現状の下請けからの脱出には、やはり全社一丸となり、必ず新商品で市場を喝破して自らのミニ市場でも解説する覚悟が必要である。但し、もともと何もないながら新商品の可能性の発掘からでは、やはり時間との戦いとコア技術の有無やその活用で新商品が予測されるかの判断する識別力も試される。しかし、一度厳しい経験を通過すれば次の新商品は、雨後の竹の子のように創出される可能性が大である。まずは、下請け脱出の脆しをぶち上げ、やる気のベクトルをそろえて進みましょう。ぜひ、経験者を相談員に介在されるべきと思う。今が最後のチャンスかも?
  


Posted by ターさん at 14:22Comments(0)経営サプリ

2013年07月17日

地域活性化の課題

地域活性化は下請け脱皮から
地域の産業は下降線の一途をたどっているように見える。それは、この地域が下請け企業群の集まりでああり、大手企業の孫か?ひこ?第何次の下請けか?それほど自社商品を持つ企業が少ない。それでも少ない企業数であるが中小企業規模での自社ブランドメーカは存在する。しかも、その内容は地元に根差した加工産業関係、あるいは農業分野、コストが優位な条件での加工業等である。しかし、加工業はこれから先は、東南アジアやその他のコスト競争に強い国へ移行するものである。即ち、機器の性能が、品質やコストを左右するのであり、人間の操作技術や加工技術が商品の良し悪しを決するものでないからである。誰でもどこでも同じ装置を使用すれば、同じような品質の部品ができてくるのである。その上、24時間フルの無人化作業も可能である。このような環境での地域の下請け企業は、今後どのような対策で生き残りと成長を目指すのか、非常に難しい課題が眼前に迫っている。このような課題に向かい手段は、自社開発して下請けを脱皮する経営方針に舵を切る以外に生き残ることなど至難の技である。それよりは、自社技術の延長線上の単独商品の開発を少なくとも3年限度で行い覚悟が必要である。もし自社技術がなければ外部からの導入という手段もありますが、これを使いこなす経験がないとモノにするのは簡単でない。外部からの導入する先は、大学や企業がありますが、大学等のケースは基礎研究であり、商品化には約1000倍の労力、コスト年限がかかり、その上、市場の需要も?であります。その意味では自社の開発の詰めの垢でもあれば、その育成と市場の可能性模索を勘案して着手することを進言します。その際は、やはり開発企業出身の外部のベンチャーから中規模まで成長し続ける企業出身者を推薦します。それは泥臭い経験がない大企業の出身者とは雲泥の差があるからです。論より証拠で試す価値があります。そして、地域の活性化の灯をともす気概が望ましいです。
  


Posted by ターさん at 16:23Comments(0)経営サプリ

2013年07月17日

使命を持とう

自らの使命を知る
最近、自らの進むべき進路を有耶無耶になり、進むべき路が分からない人、企業が増えてきているらしい。それは、不登校の生徒しかり、ニート・フリータ・引きこもりとその関係者の多さにびっくりします。しかし、誰もが最初は進路をハッキリ決めている人は少なく、例えばプロ野球の選手になるとか、音楽家になるとか俳優になるとか意識したものを持っている人は少なく、殆どの人は進みながら方針を決める人生を辿っていると思います。従がって、あまり焦ることはないと思います。但し、いつまでもでは、年齢との関係もあり、程々が良さそうです。しかも、最近は外国のように社会人になってから再度、大学に入るなり、聴講生として専門を磨く人たちも増えてきています。
 それらを勘案すると、スピンアウトも人生において、特にマイナスになることも少ないと思います。それぞれの人生で自分お使命にマッチした道を歩めることほど幸せなことはないと思います。その意味でも若いうちに色々な経験をして向き不向きを自分なりに、あるいは客観的な手段で判定することも自らの才能を如何なく発揮でき、楽しい人生、有意義な人生行路を歩める一歩かも。自分の才能にそぐわない仕事、あるいは嫌いな仕事は長続きしないかも?単なる好き嫌いとの判別も重要だと思います。まずは自分の使命の見直しも人生では価値があります。楽しく面白く仕事ができるし、生涯の仕事になるかも。
  


Posted by ターさん at 10:29Comments(0)経営サプリ

2013年07月16日

明日はありますか?

夢が見えない?零細企業の将来像
最近、零細企業、小企業にとっては、波乱の環境である。大企業は海外への展開や国内でも自社の目的に応じて必要企業の選択が自由である。それに
反してこの種企業は、殆どの零細・小企業は選択肢を持たないのが現状である。勿論、選択肢を持つことは、それなりの価値評価がある企業であり、その他大勢では、あり得ない環境である。しかも、選択肢がないだけならまだしも、それは末路を意味する時代に突入することであり、他人事でなく、死活問題の最大のテーマである。その根源は、やはり、人生と同じように事業にも夢を持つことが、すべてを切り開く資質であることに他ならない。しかし、あまりにも夢、DOREIMは事業と成長と未来に直結したイメージがなく、何故か夢物語の戯言とのように感じているのが一般的である。しかし、夢を思考の中心に据え、その達成のための戦略や戦術を絶え間なく検討し、実行してこそ人生も事業も成長、即ち、成功路へと動く源泉である。その事が、あまりにもピンとこないのが当事者である。そこで、再度、仕切り直しの意味合いも含め、最後のチャンスに掛ける夢を検討して、結論がでた事柄からくる【夢】に向かってベクトルを合わせ、直行便で行く企画・計画が重要な要素となる。この際は、現実と未来を加味してできる範囲から着手して後ろを見ずに進むだけの行動が重要である。よく反省と後悔は対比されるが後悔は禁止であり、反省は次のステップに必要な注意事項であり、これをないがしろにするのは禁止事項である。これらは現状脱出の切り札であり、最後の企業成長へのチャンスの場と捉えて即行動に移す時です。私も特に後悔はしていないが現状の実績を振り返るとやはり反省を主体に計画や行動をするべき最終チャンスと認識しているが、多分、多くの零細企業のトップは、日々の操業や資金繰りに悩まされ【現状と明日】を考える余裕すら持ち合わせていないのであれば、ここで一旦、立ち止まり次の動きの見直しをすぐにやるべきです。もし、日々の流れに乗っていればそれは時代の流れに翻弄される運命が待っていますが、自己責任かも?
  


Posted by ターさん at 15:55Comments(0)経営サプリ

2013年07月12日

亀の歩みを始めますか

カメの歩みでもいいのだが成長企業の正夢を見る覚悟がありますか?
少子高齢化が目前に迫り、世界も高齢者時代に突入する時期が迫っている。そのため、市場も企業もこの環境変化に対応すべき準備しつつある。勿論、変化できず淘汰されていく企業も続出する感じがする。それは誰しもが肌でなんとなく感じている気がしてならない。ただ、それなのになにも手を打たないのが下請け企業のトップに思える。もし、わたくしの感覚が間違っていれば幸いなのだが?
多分、現実の経済環境の真ん中にいる企業経営者、特に、中小零細企業のトップは、いやおうなしに日々、実感していることだと思います。しかし、現実の日々のTVでは景気は上向き、復興の兆しなどと日銀が公表している。しかし、国民の所得はアップせず、と企業優先の感覚で、設備投資やインフラ整備にかかる投資が先行しているのかも。いずれ国民にもいきわたるかも?しかし、中小零細企業の現実は、大企業の事態とはかけ離れた状況にあるはずです。特に、大企業と連携している下請け企業、通常は大企業か、上場企業か、中企業クラスの企業群ではこの影響を直結しているので良い環境と感じているかも?しかし、この企業群の下に連らなる下請け群は、仕事量が分割され、しかもコスト競争や、納期の厳守、製造個数の削減など下降線の動きである。しかし、新規市場を開拓できる力もなく、これまでの関係する企業からのおこぼれ頂戴の姿勢だけある。なお、この現象は今回が初めてでないはずです。これまでも不景気の時は、同じような嵐が吹き荒れたはずですが、何とか生き延びてきた下請け企業である。しかしながら、今回は生産体系の大幅な変化、海外移転や市場の変化で現地生産が優位になるなどこれまでとは大きく構造が変革してきている。それに、高齢化と少子化で追い打ちをかけている。そのような下請けメーカの環境は、大きな構造改革に突入してきており、現状の延長線では、生き残るっことなど至難かも。ただ一つの策は、自社開発し唯一の技術課、新規な商品群で市場の発掘をする企業群のみが生き残る。いや、成功産業へ変身できるのである。しかも、規模をそれほど考慮せず、地域での販売や使用など限定であれば最高である。それでも多分、全国広がる可能性を秘めたのである。即ち、人間の生活を豊かにする意味は変わっていないからである。これらを社内だけで行えるなら最高、いやすでにやっていたはず。しかし、これは第三者の力を借りることが必要である。そえも県だの、国だの公的機関のアドバイザーの支援中心では疑問が残りますが、当事者の感覚はいかがですか?やはり真剣になってこの会社を活かすことに力を注ぐような人のいるコンサル企業をサーチすべきか?近間にいればよいのですが
  


Posted by ターさん at 16:45Comments(0)経営サプリ

2013年07月11日

終期企業でいいですか?

終期企業でいいですか?
あなたの企業に明日はありますか?それは現状維持の企業にとって、明日は急に倒産しないよと真面目に答えるなら、それはあまりにもトップの判断としては疑問を持たざるを得ません。勿論、そのように解釈するのが当然との見解を持ち合わせているのであれば、それなりの企業で終焉することでしょう。少なくとも、この種感覚の持ち主ならば、将来という文字が目に入らないトップかも。トップは日常の業務は2割も割かず、残りは経営企画、トップセールスの市場創造に向けるべきである。しかしながら、現実の下請け企業では、まず納品の日程調整、納期確認、製造の進捗状況の把握、等で事務レベルの仕事が大半である。さらに、納期等で課題があれば自らも製造に従事して納期遅れ等をカバーすることになる。このような日常では、[明日・未来・夢・成長]等の文字は、一切眼中にないと思います。このような環境では、成長など夢にも見ないし、その可能性する模索しないかも?それはトップは、それで我慢して良いですが、若い社員は、全く希望の欠片も見られない暗黒の世界である。勿論、それすら認識に無ければ、幸せものかも?それではやる気もモチベーションも上がる原動力が与えられていないのである。そこで、トップが少しでも自分お企業の明日と社員の将来に夢や望みを抱くなら、現状の認識とその反省から今やるべきコトは何か?社内の宝は、才能、人材も含めて再チェックし、芽があれば育てる方策をすぐに始めることに着手する。それでも宝が、思ったより光らなければ、外部からの導入や産学官の連携を模索するか?全くの新規分野への道を探すか選択に迫られる。これは現状では下請け企業の明日は、ないと予測するからである。少なくとも現状よりさらに競争が激しくなり、コスト競争と品質、生産性など対比させられ、より規模しい経営となる可能性がある。このような環境での競争よりは、自社の可能性へのチャレンジを今すぐ始めるべきであると思う。その判断は、1日でも早ければ早いほど良いのである。勿論、すべてを自ら行動するのは無理があるかもしれない。まずが第三者の力を借りて助走し、芽の有無や卵の可能性や社員の意欲など5感で確認しながらこの企画立案を進捗すべきである。その際は、新機種品がその延長線にあり、自社ブランドの形も見える経営企画である。
  


Posted by ターさん at 15:11Comments(0)経営サプリ

2013年07月11日

創業企業のライフサイクルは?

創業者の意識
昨日、ある創業者に会いました。勿論、自分の以前勤務していた企業の創業者であります。そこで、現在の企業の商品群に関して、依然とほとんど変わらない構成に、極めて懐疑的な見方をしていました。このまま、何十年も継続している商品がこのまま持続すること事態、異常だと。あまりにもライフサイクルが長すぎるとの感覚であります。誰もがそのように思いますが、世の中にはチキンラーメンのように長寿商品もありますが、中身はそれなりに変化しているはずです。ところが、創業者の企業は、殆ど構成材、中身、構造が大きな変化がなく、しいて言えば、方面の色合い、エンボスの柄、心材の燃焼性の低下、これは建築基準法の見直しで修正せざるを得ない条件のため位である。誰もが不思議がるのは、当たり前の感覚です。しかしながら、社員は創業当時の社員は、殆ど残っていなく、いてもシニアであり、現役から一寸退いている。それに創業期の新商品開発、新商品湯のラインの開発と製造など一貫して関係した人間は、創業者だけ人ありました。そのためか、この商品構成に疑問すら持っておらず、新規商品は化粧面のアレンジで十分と思っているのかも?あるいは、新商品開発は、従来商品と一部でも変更すれば、新商品の発想の感覚が常識になっているようだ。そこで、創業期の後半に入社し、現在はシニアの開発者は、この創業者の思いと同じであり、何らの開発もせず、あるいは新規発想の開発することもなく、業績が順調にアップしていることに満足している可能衛があるようだと。そシニアは、現在は正規の開発ラインのメンバーには入れず、独自の開発を他社と共同でやっている程度であり、殆どこの企業の新規商品とは書か離れた分野の開発である。これは全く商品化の可能性すらありません。そのシニアも後、社員期間は3年もないのである。このように新規商品の芽すら発掘できず、順調に経営が成長していること自体疑問に思わない感覚は、新規商品を開発したことが無く、かつ恵まれた市場に位置している現状だからだとおもいます。この企業はこのままこれからも継続する可能性は、あるのだろうか?多分、予測として,今後10年間は安泰だろうと思える。その後は?その頃は、創業者も?
  


Posted by ターさん at 13:52Comments(0)経営サプリ
< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ