2018年09月05日

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE、第二創業期、開発員(研究者)の悩み

サガセ―ムスベNEWテクをOne-One、

第二創業期、

⑪-66

開発員(研究者)のナーヤーミ。

この時期は、定番商品のアレンジもほぼ終了し、次のステージにおける新商品の模索がスタ-トしており、当時者の研究員は、

既成概念が強く、定番商品の枠から発想が飛び出せず、悩みが深刻でした。


 せめて、先発を30年位連続で維持してきており、ソロソロネタ切りかもね。

それは、同じ開発いいならの話ですが、新人が毎年数人入社してきており、彼らは従来品のイメージにとらわれず、自由に

発想できるのだが?


それが、やはり定番商品を起点に発想すると、その技術思想にまかれる始末です。

この発想法の打開策は?

それは、異分野を見て歩く、いわゆる観察視点を現在の商品と真逆か?全く関係ない分野の商品を見て歩き、その進化の度合いを

客観的に見極めることが、従来の発想パターンから飛び出せるきかっけになると思われた。

 でも、彼らと先輩が同行すると?

やはり、思考が絞りこまれるので、逆転の発想など生まれないのです。

 それで、海外の建材展示会、アメリカ、ヨーロッパなどを視察旅行に参画させ、その異文化の流れの中で、何か、きづき
在れば、幸いなのだが。

この固定観念が頑固であり、人を変えても選択するときに、方向性を絞り込むと、元の木阿弥です。

 ここを打開するには、無関係の立場に置くことが研究者にとって、発想を逆転できる可能性があるように思えた。

勿論、最終的に売れる商品でなければ、意味がないのですが、次のステージで売れる商品の原型なのかも?

色々と、アイデアは生まれてきたのですが、先入感のしバリで斬新性が失われるスタイルになるのでした。

 これでは、意味が無く、ライバルの新商品を見る機会もあり、さすがにライバルは、目の付けドコが違います。

やはり、猫の目なのか?必死にライバル商品の観察、いや抜け道を発見することに視点を置くのですから、

あなたは、どうします。


同じカテゴリー(知財サプリ)の記事
 コラム 水晶 太郎 、海外からの送金のお誘いに注意を、ほぼ詐欺行為。 (2019-01-09 16:42)
 自社ブランド支援サポーター、市場開発のパイロット、サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、、 (2019-01-09 11:03)
 自社ブランド支援サポーター、サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、 (2018-12-26 09:42)
 サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、 (2018-12-06 10:27)
 サガセ―ムスベNEWテクをOEN-OEN、迷い道・獣道へのチャレンジャー、知財責任者④-3 (2018-11-20 10:31)
 エッセイ ドンキーマカセ  現状に疑いの目を持たないのかな? (2018-11-19 14:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年01月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ