2018年10月11日

コラム、水晶太郎、face BOOKのささやき?注意

コラム

水晶 太郎

Face BOOKの甘いささやき?

注意は?


先日、友人が訪ねてきて、実は、面白い?いや不思議な誘いが3件くらい来ており、その人のプロフィールに感動して

資金を寄付したいとの申し出だ。

しかも、余命3ヶ月?

そこで、彼は一応、必要な書面をて添付したのですが、するとこの人が指定していた銀行から、

取締役会で寄付が決まったので、処理経費として○○○○ドルを支払ってくれとの要請だと。

なぜ、寄付する人がこのよう資金を要求するのか?

其れなら寄付金から差し引けばいいのにと疑問が湧いたのだと。

それで、君はどのように思うとの話です。

それは、不思議です。

寄付する人がなぜ、現金を銀行に振り込めとは?

しかも、かなりの高額であり、とても出す気になれないし、出す理由にかけるのです。

あくまでもその人(余命3カ月の人)が寄付するのなら、その必要な費用を寄付金から差し引けばと誰もが思うのだが?

寄付金額は240万ユーロとか?詳しきは?

勿論、かれは、このmailに対して、ENDを通告したのだと。

それはクワバラクワバラですね。
 
余談ですが、この世名3か月の人のFACE bookはその後、通じなくなっていたとのこと。


  


2018年10月11日

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE。⑦企画・Plan

サガセ―ムスベNEWテクをOne-One、⑦企画・Puran


⑪-85


⑦企画・Plan


この段階は、まさに企業、開発等の基本形態であり、この時期に、しっかりと基本・基礎を確認して推進する必要が有るのです。

この姿勢が、明確で間違っておらず、基本に忠実であれば、方向性の誤りがないのです。

これは、スタート前には、必ず必要です。

しかも、この段階での企画に中に、新規な、奇抜な奇抜な発想が含まれていると、それは成功への可能性をを秘めた企画です。

後は、推進する実行部隊のやる気と能力だけです。


 ただし、この企画が、だれが、どのような基本姿勢で、構成したのか、その理念は?など根幹に関わる中枢です。

この中枢は、やはり企業のあるべきすがらや、進むべき道を差すものであることが必要です。


トップだけの意思では、企画全体の中身に欠ける構成です。

あくまでもトップや経営陣の発想は、根幹だけであり、それに肉や神経を通すのは、やはり)組織です。

ココのメスが入る必要が有り、それがなければ、絵に描いた餅になるのです。

 その意味では、企画マンは、社員だけでなくプロの集団を活用できる人材が必要なのです。

果たして、貴社にこの種の人財が存在するかは?

 この人種る育てるには、それは、学習だけでなく、実践、営業センス、実体験などの深みも必要なのです。

それは、説得力におけるバックなのです。

さて、あなたは?企画マン?それともPLAN担当?
  


< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ