2018年10月10日

サガセ―ムスベnewテクをOne-One、⑥調査

サガセ―ムスベNEWテクをONE-ONE

⑪-84
調査


これは、情報収集以上に重要な要素です。

特に、技術、市場、ノウハウなどの調査は、最大の価値があります。

この調査能力のレベルの差が、勝負の分かれ道です。

しかも、見える調査と、見得ない調査があり、見える調査でも希少資料であれば、なかなか発掘できず、結論は、無しの報告です。


 これは、如何に調査能力の高さが、その質やその後の展開に大きなウエートを持つかの分かれ道です。


特に、ノウ・ハウの調査は、極めて難しく、人脈が最大の要因です。

この人脈がなければ、実質てきに入手が不可能です。

 勿論、その価値は、計り知れないのですが、調査段階では、その価値評価がなかなか、評価できず、

ないがしろにする危険性が有るのです。


 その判断は、やはり経験と感です。

それは、数値でなく、やはり、知覚等のセンスの問題です。


 しかも、既存技術のような分野では、まさにノウ・ハウこそが最大の宝なのです。

それをないがしろにする経営陣は、ノウ・ハウの価値を評価できない経営人です。

また、見える調査では、如何に情報収取の源に近づけるかが、その価値評価であり、見える調査資料の価値が無いのでなく、

その判断基準の目の付け所にあるのです。

 それは、目的にマッチした調査が的を得ていたかの課題です。

方向違いをいくらしっかり調査しても、それは、無駄な調査になり、目的をあいまいにする好ましくない結論をまねく、

危険性すらあるのです。

 その意味では、調査のプラン検討中に、よく確認をして調査を始めるべきなのです。

あなたは、どこから調査を始めますか?  


< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ターさん
知財コンサルタン
商品事業家のサポート
経営と開発と知財の総合支援
顧問業、
新商品紹介
オーナーへメッセージ